月別アーカイブ: 2020年4月

Tue

21

Apr

2020

新Dell Note XPS13(9300) 2020年モデル!

コロナのお陰でオランダから出れずにポーランドに戻れる日も検討がつかないため、ノートパソコンを新規に購入することにしました。というのもコロナで休校が決まった二人の子供のインタースクールも間髪入れずに翌週からオンライン授業が開始されており、ポーランドに戻れてもパソコンが子供たちに占拠されているという事情もあります。しかも上の子の方はせっかく専用に使わせてあげているiPad Airだと授業に不便だということで、仕方なく新しいMac Airを発注したばかりです。そんなこともあり、私個人のパソコンも新調してみるということにしてみました。ポーランドの自宅でディスプレイに接続されてもはやノートPCとしての出番はほとんどないDell XPS13も既に2015年の7月に日本で購入したもので(当時の型番はNew XPS13 (9343)でした)、既に5年使っているのでよいだろうというのもあります。ちなみに自宅のXPS13は未だに現役十分ですし、本当にコンパクトで気に入っているのは言うまでもありません。ということで、今回もほぼ同じXPS13を中心に決めかけていたのですが、数年ぶりにPCを購入しようと色々とWebで情報を探ると何と今はWindows PCもタッチ式が多く、2-in-1と呼ばれる180度折り返してiPadのようにして使える機種が主流?という感じです。特に最後まで迷ったのが、HPの13インチノートPCのフラッグシップであるHP Spectre X360(2-in-1)です。こちらはデザインも奇抜で、HP自体が日本ではノートPCのシェアトップにもなっているとのことで、非常に悩みました。
 ただ、やはりDellは使い慣れていて安心感があるのと(ちなみに会社の仕事用ノートもDellの薄型業務用です)冷静に考えるとiPad Proを既に使っている身には今更一回り大きいタッチパネルを導入しても使う場面がないということもあり、旧来の普通のタッチパネルでないPC(折り返せる2-in-1と区別する意味で、クラムシェルタイプというらしいです)であるDellのフラッグシップであるXPS13(9300)にすることにしました。
≪ 新Dell Note XPS13(9300) 2020年モデル! ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sat

11

Apr

2020

コンテイジョン-Contagion

今となっては遠い昔のようにも感じますが、何度も飛行機に乗っていた2,3年前に機内で観たことがあります。今回改めてAmazon Primeで借りなおして(字幕版でなんと199円!)改めて観てみました。当時も出演している豪華な俳優陣(マット・デイモンジュード・ロウローレンス・フィッシュバーン)の割には地味な映画という印象でしたが、特に起伏もなく淡々とパンデミックが起きたとしたらという視点で進んでいくストーリーは、今まさにパンデミックの最中に観るとなんとも背筋が寒くなるものがあります。映画では香港が発生源になっていますが、今回の中国の武漢の発生源とオーバーラップしており、グローバル化と相まっていとも簡単に世界中にウィルスが蔓延していく様は本当に今年のこの事態をシミュレーションしたかの如くです。
 スタートのテロップがDay2というのが一瞬タイトルのクレジットと合わせて見忘れたのか!?と思わせるのですが、映画のラストでその謎が解けます。そのままDay3,4,5,・・・164と年末に向けて半年以上の世界情勢を追える進行は、ドキュメンタリーをみているかのような錯覚をおこしますが、年明けからの今日の状況と酷似しているのもソダーバーグ監督の綿密な取材の賜物なのでしょうか。実際の機関であるWHOやCDCの登場人物が軸になっているところも映画の中では臨場感がありましたが、今日の存在感の薄さを考えるとなかなか現実はこのような専門機関が活躍する余地が少ないということでもあるのかと妙なところで納得したりもさせられます。
≪ コンテイジョン-Contagion ≫の続きを読む

Wed

08

Apr

2020

復活の日 (角川文庫)

日本でもとうとう緊急事態宣言が発令されましたが、こちら欧州は既に各国がそれぞれに色々な宣言や対策を実行済みなのは周知の通りです。私個人の状況はというと、先月の第二週目にいつも通り!?週末を駐在先のポーランドで過ごすために出張先のオランダからドイツ経由で戻ったまでは良かったものの(もっとも既に戻る時点で隣国のチェコは入出国制限が発動されており、ポーランドも時間の問題ということで、週明けの戻りの時には、長期滞在用の荷造りをしなければとは考えていました)、いざヴロツワフについてみると飛行機で移動している間に、ポーランドも入出国制限が発令されており、次の日の土曜日の深夜である日曜日からは外国への飛行機が制限されるとのことでした。万事休すかと思いましたが、なんとかヴロツワフ発のオランダのエイントホーヘンという空港への直行便を捕まえることが出来て、一晩で滑り込みでオランダに戻ってこれたという次第です。
≪ コロナ禍の欧州から「復活の日」を思い出す日々 ≫の続きを読む