月別アーカイブ: 2011年2月

Mon

28

Feb

2011

「動物農場ーおとぎばなし」を読んで

1994年に引き続き、ジョージ・オーウェルの名作を読んでみました。内容はずばり共産主義への強烈な風刺で、1994年もそうでしたが、この作者は本当に共産主義に対して脅威を感じていたのが肌で感じ取れる内容です。実際にこの時代は現実の脅威として存在していたのですから、当然なのかもしれません。動物の共同体を通したおとぎ話ということですが、各動物のキャラクターがそのまま人間社会の個性と社会階層を表しており、最後に君臨するブタの描画は人間の本性を具現化していて、読み終わってため息が出てしまいました。常に人間というのは社会性のある生き物であると同時に、社会を歪めてしまう存在なのだと思わざるを得ません。

≪ 「動物農場ーおとぎばなし」を読んで ≫の続きを読む

Sat

26

Feb

2011

Booklog(ブクログ)を始めてみました

110226_booklog.jpg

偶然なのですが、自炊(本を裁断して電子書籍化することらしい)の特集などを読んでいるうちに偶然見つけたサイトで「Booklog(ブクログ)」なるものを始めてみました。以前にも読んだ本の記録と感想を一元管理化できないかと考え、Amazonのリストマニアでトライしてみましたが、使い勝手も今一つで挫折していました。そんな時にまさに自分が望んでいたそのもの機能が、具現化されているサイトがきちんとあったのですね!

このサイトはいつからあったのか知りませんが、ツイッターやフェイスブックとの連携、書籍はAmazonのアフリエイトとも連動しているなど、ブログとウェブに必要とされている機能が一通り揃っているところをみると、随分練られている印象があります。早速、昨日読み終えた小説を一つ登録してみました。

≪ Booklog(ブクログ)を始めてみました ≫の続きを読む

Fri

25

Feb

2011

「逆転世界」を読みました

最初はどこかの異世界の設定と思いながら読み進みましたが、最後のどんでん返しには唸りました!これぞSF小説の醍醐味ですね。「猿の惑星」を連想させるような最後ですが、人間の知覚って本当にどこまで信用できるものなのか、改めて考えさせられます。今は遠く海外の異国で単身駐在の身のため、日本と海外との二重生活で、たまにどちらが本来の生活なのか錯覚に陥る時があります。そんな生活の中で読んだため、少々自分の境遇にも重ね合わせてしまいました。

≪ 「逆転世界」を読みました ≫の続きを読む

Sat

19

Feb

2011

月間アーカイブの簡略表示化

110219_montharcivedone.jpg

サイドバーに表示している月間アーカイブの表示が、デフォルトのテンプレートだとかなり長くなってきてスペースを取るようになりました。過去の記事のアップロードも全部終っていない段階ですが、このままでは見づらくなる一方なので、簡略化表示をしてみることにしました。月間アーカイブなど本人でも滅多に見ませんし、ましてや他人のブログでもほとんど覗いたことはないので、そもそも要らないのかも知れませんが、せっかく続けているブログの年輪のようなものですので、きちんとメンテすることにしました。

MTも一昔前のバージョンは機能を補足するためのプラグインが沢山あり、逆を言うとプラグインがないと出来ない機能が多かったのですが、MTもバージョン5となると一通りの機能は揃えているようです。簡略化表示もプラグイン無しでデフォルトのタグだけで実現することを前提に探してみました。

≪ 月間アーカイブの簡略表示化 ≫の続きを読む

Thu

17

Feb

2011

「夏への扉」を読みました

110217_thedoorintosummer.jpg

いわずと知れたロバート・A・ハインラインの名作にして古典ということですが、私は今回初めて読みました。最近はいわゆるハードSFばかりを読んでいたため、SFとはいってもエンターテイメント小説である本書には最初戸惑いましたが、主人公と猫とのやりとり全編につらぬかれた楽観的な世界観に、楽しく最後まで一気に読めます。ハインラインらしい希望と未来への期待が込められている、読後感がよい素晴らしい小説ですね。本や映画はやはり終わった後に気持ちがよくなれることが一つの目的でもありますから。

SFらしくない本書ですが、話の節々に出てくる「六週間戦争」なる核戦争があったことを匂わせる記述や汚染の状況、冷凍睡眠(コールドスリープ)やタイムマシンの発明などはSF小説ならではのアイテムです。それでもこの本は技術屋である主人公と飼い猫のピートが、いかに人生を前向きにアグレッシブに勝ち取っていくという冒険小説でしょうか。構成も分かりやすく短編小説みたいなボリューム感で読めてしまいますので、SFファン以外にもお勧めです。仕事でくたびれている時とか殺伐とした雰囲気の時などに読むと、かなり癒されるというか人生も捨てたもんでないと思わせてくれますね。

≪ 「夏への扉」を読みました ≫の続きを読む

Fri

04

Feb

2011

カタールマスターズ観戦!今年も。。。

110204_qatarmasters428.jpg

去年に引き続き今年もカタールマスターズの招待券が手に入ったため、午後から観戦に行ってきました。思えば一昨年のミシガン留学以来、ゴルフを全くやっていませんので、正直ヨーロッパツアーのプロ選手の名前も定かでは無いのですが、金曜日の午後の暇つぶしを兼ねて観てきました。何でも今週はゴルフだけではなく、自転車、ボート、モータースポーツなどイベントが集中している週とのことで、そんな情報は全然知りませんでしたが、今週過ぎると逆に何もイベントがないとこのこと。それならば週をずらして順番にやってくれればよいのにと思わなくもありません。

さておき、去年と同様、クラブハウスで昼食を頂いた後に、さっそくコースで観戦しました。2日目の予選ということで人では今一つでしたがもしかしたら決勝の日曜日も大したことは無いのかも知れません。

≪ カタールマスターズ観戦!今年も。。。 ≫の続きを読む

Thu

03

Feb

2011

ここ数年、運動不足が危険レベルに達して毎年の人間ドッグも悪化の一歩を辿っていることから、せめて歩くことぐらいは自覚しようと思い万歩計を購入してみました。恐らくは万歩計なるものを購入するのは生まれて初めてですが、ストップウォッチみたいなイメージしかありませんでしたが、やはり時代は進歩しておりパソコンとUSB接続できるモデルがあったので、悩まずにそのモデル(オムロンのヘルスカウンタ Walking style HJ-710IT)にしました。数年前からモデルチェンジしておらず、ニッチな市場であることには変わらないようですが、電池の持ちもよいし何より便利なのが1日経つと自動でリセットされるところでしょうか。10日に一度くらいはデータのアップロードが必要ですが、それ以外はハンカチ、ちり紙と同じようにポケットに入れて持ち歩けばOKです。精度も悪くないようで、自動車に乗っている通勤時間は測定されませんし、実態は反映されているようです。

≪ 万歩計を使ってみました! ≫の続きを読む