Fri

11

Mar

2022

ウクライナ侵攻から2週間が過ぎましたが、ここポーランドは今日の時点で100万人以上のウクライナ難民を受け入れているということで、にわかにポーランド国内でも色々な難民支援が活発になっています。そんな中で、私も普段から生活の足として利用させてもらっているUberが国境付近のウクライナ難民の移動手段として、ただで利用できるクーポンを発行していました。

 それぞれの企業や団体で本当に色々なやり方での支援があるかと思いますが、このUberの支援の方法はウクライナからポーランドへの国境へ到達した人を対象に、(恐らくは)直近のレセプションポイントとなる近郊の都市への「足」を無料で支援しているものです。

 

2. I want to help a refugee currently on one of the border crossings get to Lublin or Rzeszów
If you are in either of these two cities and you know someone who’s currently in Hrebenne, Budomierz, Korczowa, Przemysl, or Medyka who needs help with reaching Rzeszów; or in Dolhobyczow, Dorohusk, Chelm, or Zosin in need of reaching Lublin, by choosing the option Uber Aid, with POMOCLUBELSKIE or POMOCPODKARPACKIE** codes you’ll be able to take a ride to and from either of these crossings free of charge. You can also share the code directly with someone who you know will put it to good use.

 
 他にも寄付や援助品のデリバリーなどを支援しているようですが、このような支援の方法はUberならではとは思います。既にここヴロツワフでもスーパーや街中でウクライナからの避難民とみられる方々を見かけるようになっているそうですが(女性だけの子供連れで、何となく服装が垢ぬけない?感じなのですぐに分かるようです)、実際に身近に見かける程ということは、かなりの人数の方がポーランドに入国している証拠なのでしょう。

 全く明日にはどうなっているのかわからない情勢ですが、これらの難民の方が一日でも早く平穏な日々に戻れることを祈るばかりです。


この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。