Mon

07

Feb

2005

050207_01.jpg

昨年も記事になっていまして、最初の印象はネーミングが今一怪しいなと思いつつも、原理や理屈がしっかりしていて、もう少し安くてデザインが良ければ絶対に欲しいと思いつつ、今日まですっかり忘れていた品でした。今日の設備フォーラムのメルマガで記事となっていたものです。

これを観たかみさんは「格好悪い?」と相手にもしてませんでしたが、その本人も夏は日焼けを嫌って長袖を重宝している一人。今は作業服タイプしかないようですが、うちわ代わりということなら、もっとボタンぐらいの大きさのファンとボタン電池位の駆動力にして、スーツやTシャツに組み込めばデザインも気にならなくなるでしょう。夏の通勤ラッシュは空調スーツで、真夏の外出は空調Tシャツでという時代が想像できる?感じがします。「空調服」さんには是非、作業用途にこだわらずに小型化を目指して色んな服に付けられるアイテムを目指して欲しいです(着脱式とか色んなバリエーションなどもいいかもしれません)。昨年の猛暑をエアコン抜きで過ごした我が家ですが、エアコンの購入費を考えたら真面目に検討の余地ありかも!?デザイン性で却下されますね、やはり...


1週間経過してようやく仕事絡みの夢のある話題?が登場しましたが、この「空調服」、大ブレイクすれば究極の個別空調ということで、自分の会社も廃業に追い込まれるかも知れません。呑気な話題とは言えませんね...


この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。