Sun

13

Feb

2022

今年はあまり寒くならない冬のようですが、2月も中旬になってしまったので、金曜日だけ有休をとって二泊三日でヴロツワフ近郊のスキー場Czarna Gora Resortに行ってきました。実は一昨年にも2回ほど行ったことがあるのですが、昨年はコロナ禍だったので一度も行かずじまいで、2シーズンぶりのスキーとなりました。場所は車で高速の8号線をワルシャワと反対方向にまっすぐ行くと2時間ほどで着きます。もっとも途中で高速はなくなり一般道になるのですが、日本のような渋滞にはならずに行くことができます。今回は公式サイトからスキー場の宿も予約してみました。

 2年前もそうだったのですが、山の方へ道を曲がってから登り始める直前まで全く雪がありません。それでもスキー場の2,3km手前から急に雪が現れる感じで、今回も初日は雨だったのが直前で雪に変わった感じでした。スキー場の公式サイトは下記で、ゲレンデマップやWebカメラもあり、時間がある場合はオンラインでデポジットのリフト券(タッチカード式)を割引で購入できます。

 


 チェコとの国境に近いせいか、チェコ語とウクライナ語のサイトはありますが、英語はありません(それでも翻訳ツールで問題なく宿の予約もできます)。こちらのリフト券は時間制(2h,4h,7hから選択)ですが、タッチカードを最初に使ってからカウントされるので、事前に買っておくことができるのは便利ですね。まあ日本のスキー場も今どきはそうなのでしょうか。昔の日本のようにナイター、デイタイムという区別はありませんが、切り替えの4時から数十分は除雪作業などでリフトに乗れないという点だけ注意でしょうか。

 ゲレンデは初心者コースといきなり上級者の2択みたいな感じで、途中に行くリフトみたいなものはあまりない感じでしょうか。日本でいうと湯沢あたりにある中型のゲレンデといったところで、ゴンドラはないので、4人乗りのフード付き高速リフトがこのゲレンデのメインリフトになります。

 こんな感じにコース別の難易度や状態も細かくアナウンスされています。Webカメラも大概のゲレンデのページにありますので、事前にリフトの稼働状態なども確認し易いですね。今年はヴロツワフ近郊のスキー場はフルオープンになっているところは無さそうなので、雪が少ない年なのでしょう。

 こちらのゲレンデというかリフトの特徴の一つとして、日本ではみたことがないTバーリフト(ポマリフト)なるものが初心者コースには沢山あります。一見、リフトより簡単そうには見えるのですが、股に挟んだバーで引っ張ってもらう形になるのですが、これがやはり実際に乗ってみると結構な「コツ」が必要で子供たちは結構初日は苦戦していました。リフトに乗ったり降りたりするのは最初のハードルなのですが、このTバーリフトも結構最初の壁ではあります。まあ慣れればなんてことはないのですけれども。。。

 

 初日、土曜日、日曜日と滑りましたが、土日は晴天となり暑いくらいで良かったのですが、雪質はやはり雪が降っていた初日が一番良かったでしょうか。最終日にようやく山の上に行くリフトに乗りましたが、やはり頂上は気温が低くアイスバーンでそこで初めて転んでしまいました。やはり無理は禁物でしょうか。リフトは日中は混みますが、長くても20分程度の待ちなので、日本の昔のような大渋滞にはなりません。それでも初心者コースはまさにスクールの人達含めて結構な混雑にはなります。



※上のゲレンデマップにある左手のコースCDのリフトで行ける中腹にあるとこから眺めた感じです。初心者でもボーゲンができればまあ降りれる斜度といった感じでしょうか。

 
 スキー場の宿に泊まっていた役得で朝ご飯はスキー場内のロッジのビュッフェなのですが、朝一番は圧雪されたばかりの誰もいないスキー場が目前に広がっていて、一番乗りのリフトで滑るのは最高だと思われます。残念ながら我が家は仕度に!?毎回手間取るので、ゲレンデに出るころにはもう人だかりにはなってしまうのですが。。。


 金曜日(4h)>土曜日(7h)>日曜日(4h)と久しぶりに結構な時間をゲレンデで過ごしましたのが、まずまずの天気だったので良かったです。アジア駐在では楽しめないスキーも欧州では当たり前のレジャーなので、機会を見つけて滑りに来れればと思います。ポーランドではゲレンデ代もスキーレンタル代もリーズナブルですし、今回は参加しませんでしたが、インストラクターによりレッスンも英語対応しているようですので、私の下手なスキーの上達のためにもレッスンを受けてみたいなーとも思います。今年は暖冬なので何月までできるのか不明ですが、例年は春先までオープンしているようなのでまた是非来てみたいとは思います。


この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。