Sat

22

Oct

2022

子供の学校の秋休みに合わせてブダペストへ車で旅行に行ってみました。今年は既にチェコのプラハ、オーストリアのウィーン、仕事でスロバキアのブラチスラバとドライブしていますので、事前のオンラインでの高速道路の料金登録であるE-Vignetteなども慣れていますが、ブダペストまでは片道4時間半掛かりますので休憩入れると実質は6時間以上と半日かかる道程です。

ヴロツワフからですとA4でカトヴィチェを経由してチェコ、スロバキア、そしてハンガリーと3カ国経由です。朝の8時過ぎに自宅を出て朝ご飯とスロバキアでお昼を食べてハンガリーのブダペストのサービスアパートメントにチェックインしたのは午後の5時すぎでした。

初日の移動日はあいにくと雨混じりの空模様でしたが、着いた後は散歩がてら市内で早速ハンガリー料理であるグヤーシュというパブリカとのビーフシチューやフォアグラを食べてみました。

どれも美味しかったのですが、スープのグヤーシュは味も濃厚でラードが効いた熱々の味は日本人好みではないでしょうか。

ちなみに最初に行こうと思っていたハンガリー料理店は軒並みフルブッキングで明日が祝日ということもあるのでしょうが、東欧の著名な観光地であるブダペストですので事前の予約等は必須です。飛び込みで入れたお店はStrudel House Budapestという下記のお店です。

明日の市内観光に備えて早めに寝ましたが今回宿泊したのは市の中心にあるアパートメントです。欧州に来てからはアジアのリゾートホテル中心とはうって変わって、ほぼ今回のようなアパートメントに泊まることが多いです。子供二人が大きくなってホテルの子供免除が効かないというのもありますが、アジアと違って物価高の欧州ですし旅行の目的もリゾートから街の観光という変化もあります。なにより市内のトラムや地下鉄に近い場所で家族4人で安くて手軽となるとアパートメントが断然便利でリーザナブルです。


今回ネットで見つけたアパートも古いのですが広くてオーナーも親切で周辺の駐車場事情を念入りに教えてくれたりとお勧めなのですが、正直我が家は海外が良くも悪くも長いせいもあり日本から旅行される方の感覚からは若干(というか相当?!)麻痺してしまっているところもあると思います。今回のアパートも我が家的には価格なりに大満足でおすすめなのですが、2つあるうちの一つのバスは排水が詰まって使えませんでしたし(もう一つも詰まり気味)、部屋のライトも幾つか切れていたりとあるあるとは言え、海外ではまあ当たり前で許容範囲でも日本から旅行される方からは我慢できないかもしれません。ここら辺は本当に主観もあるので難しいのですが、我が家のように観光のために便利できちんと清潔なベッドで寝れれば合格という水準ではお勧めというところでしょうか。

実際に予約したのはExpedia経由でしたが、その後のやり取りから下記のサイトの方のようです。一応、リンクを貼っておきます。

 


この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。