Tue

26

Feb

2013

130226_toodledologos.jpg

長らく探してきたToDoツールですが、ようやく求めていたものに辿り着いたようです。一時期何となく使っていたRemember the Milkでしたが、インドネシアに来て携帯端末がBlack Berryに変更せざるを得なくなったのもあり、代わるものを探していました。既にネットでのクラウド使用が当たり前のご時世でしたので、ブラウザでの使用を前提に探してみました。その中で動作の軽さ、機能、使い勝手、インターフェース、そして私にとっては最も重要な選択ポイントであるフリーソフトと、全ての条件を満足していたTodledoに決定と相成りました。お金は掛けたくないけどToDoは管理したいという、動機となる前提が甘い考えでしたが、世の中それでも探せば見つかるところが便利なところです。

以前に探したときも候補に上がった記憶がありますが、当時はブラウザ上でのインターフェースの使い勝手が悪かった記憶があります。今回改めて試してみて、以下の点が優れているのではないでしょうか。

  1. 画面がシンプル(一列で必要な項目が全て見れるし設定できる)
  2. フォルダーによる管理ができる
  3. アラーム機能など他のツールで出来る機能は一通り備えている
  4. フィルタリング機能が優れている(有料だとさらに細かいメニューもあるようですが)
  5. 日単位、週単位の時系列の軸でもタスク一覧が表示できる

130226_toodledo02.jpg 120226_toodledo03.jpg 130226_toodledo01.jpg

特に特筆すべき上で上げた3つ目の時系列単位でのタスク一覧が表示できる機能だといえます。カテゴリ別のフォルダーによる管理が入力時あるいは全体のタスクボリュームを管理する通常の軸となります。対して、時系列での表記は入力したタスクを今日あるいは今週やるべきタスクという軸で管理でき、これこそTodoツールの目的であり真髄ではないのでしょうか。まあ他のTodoツールでも出来るのかも知れませんが、カテゴリ別のフォルダー表記から簡単かつ直感的に時系列表記が切り替えできるという点で、Todledoは優れているのではないでしょうか。

詳しい解説は下記のサイトで入念にされていますので、興味のある方はどうぞ!

シゴタノ!:Toodledoの使い方 総集編 Toodledoの使い方全24回をざっと振り返ります!

ちなみにこの優れたツールも携帯端末であるBlack Berryで閲覧できなければ、Todoツールとしての実用性は半減してしまいます。色々探してみた結果、有料ソフトで(14.95ドル)あるもののBlack Berryでストレスなく表示できるTaskJotというアプリを使うことにしました。これでオフラインでも携帯からTodoを管理することができます。 当面は仕事以外のTodoで活用したいと思いますが、これでうっかり忘れもなくなってくれることでしょう!?

130226_vScreenshot_1361879111062.jpg 130226_vScreenshot_1361879181998.jpg vScreenshot_1361879171538.jpg


この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。