Sun

11

Feb

2007

070211_letsnote01.gif

突然ですが、MyノートPCの遍歴について。最初のノートPCは、大学の卒論用に購入した「Let’sNoteの初期型[AL-J5]」です。現存するデジカメ画像(左の画像)の日付が1996年夏で、Windows95をFDでインストールした記憶があるので、おそらくは[AL-N1T512J5]型なのでしょう。当時としては破格の大きさと重量(1.4kg)に加えて価格も20万代という破格で、毎日大学に持参して愛用していた記憶があります。素晴らしいノートができたと思ったのも束の間、次期モデル以降はトラックボールにこだわったせい?か、他メーカーの軽量化路線に対抗できず、Let’sNoteも凋落していったような記憶があります。かくいう自分もSonyのVAIO(こちらも初代の「銀パソ」などと呼ばれていたモデル)に乗り換えて、しばらくはLet’sNoteの存在すら忘れていました。

その後、VAIOもAV化路線となりソフトもハードも動きが重いということで、どうしたものかと思っていた矢先に再会したのが「Let’sNote LIGHT」でした。こちらはオークションで[CF-R1PCAXR]を17万で落札した記録が2002年の夏になっています。以来、今のところ浮気せずにLet’sNoteを使用していますが、スペックと価格のバランスを考えると申し分がないモデルです。ビジネス向け?に路線を転向したようですが、シンプルかつ機能美なのはビジネス以外のユーザーにも十二分に支持されているのではないでしょうか。

現在使用中の機種は[CF-T2]で、小ささにこだわっていたB5サイズ路線を変更したのは、画面解像度的に辛くなってきた歳のせいですが、軽さの面からは不満はまったくありません。

このモデルも早3年すぎた今年はVistaを口実に買い替えたいところですが、予算だけは自分の一存ではどうにもならないので、低価格化を望むばかりです。と、こんな回顧録を書きつつLet’sNoteのサイトを見直してみると、まさにLet’sNoteの歴史を振り返るサイト「Let’sNoteヒストリー」に辿り着きました。しかもちょうど10周年らしく、自分のLet’sら?歴と重なるようです。ちなみに10年前はLet’sら?なる言葉があったと思いますが、たぶん今は死語と化していると思われますので、念のため。


この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。