Sun

17

Apr

2022

オーストリアのウィーン(英語でViennaというらしいです)2日目は、朝から王宮礼拝堂のミサに参加するために、トラムで中心部の王宮に向かいます。宿泊したホテル(といってもほぼアパートメントなのですが)からはトラム乗り場が徒歩5分ほどで、トラムで20分ぐらいというところでしょうか。ヨーロッパもドレスデンのアパートメントにも2回ほど泊まりましたし、何となくこつも掴めてきて、安くて便利なホテル(アパートメント)はトラム乗り場に近い中心部から離れた閑静な場所にあるところという感じでしょうか。
王宮はさすがハプスブルク家の中心ということで、すっかりヴロツワフのリネックと似たようなものだろうと何の期待もしていなかったので、規模の大きさと奇麗さに圧倒されてしまいました。すっかり見慣れて飽きがきたヨーロッパの旧市街も、ポーランドとオーストリアでは規模も華やかさも全然違います。そんな王宮礼拝堂のミサのお目当てはウィーン少年合唱団の歌声だったのですが、もちろん内容はミサが主体ということで、事前にネットで購入していた座席に着席すると司祭の一団が入場してきてドイツ語でのミサが始まります。司祭の方々はオーストリア人のようでしたが、一緒に入場してきた牧師さん?達の人種は様々で、東洋人のような方も見えて、移民大国の人種の多様性がここでも見て取れます。

 ミサはドイツ語主体でしたが、イースターということもあってか英語も交えて(恐らくは聴衆の大半が観光客だということもあるのでしょう)講話してくれて飽きずになんとか2時間近くのミサを終えることが出来ました。もちろん合間に入る合唱団の歌声は聞きしに勝る歌声でしたが、残念ながら礼拝堂の最上階に居るとのことで、今回はラストも下に現れずに最後まで姿を見ることは叶いませんでした。なかなか高額なチケットですが、歌声とミサに興味のある方は予約を取って見てみてはどうでしょうか(下記のサイトを参考に自分でネット事前購入が出来ます)。

 

 その後はこちらも事前購入しておいた主要博物館の事前予約券(下記のシェーンブルン宮殿の公式サイトから購入できる1年間有効でいつでも使えるSISIチケットが便利ですし、これで十分かと思います)にてホーフブルク王宮の旧王宮にあるSISI博物館を見てみます。午前中でしたが既に混み始めていましたので、人気の博物館は早めに行動することがお勧めです。博物館自体は豪奢なハプスブルク家の食器やいわゆるセンターピースと呼ばれているこれまたため息が出るような豪華な食卓の上の飾りなどを見ることが出来ます。

 



 今日は本当に天気が良かったので、その後、お庭などを歩きながら昼食を兼ねて、近くにあるカフェ(ガイドブックにも載っていたCafé Eilesという老舗?)でウィンナーシュニッツェルを食べます。例によって家族4人で2皿で十分です(そうするとデザートも食べる余裕があります)。

 その後はトラムで1区を半周してから、ウィーン国立歌劇場(見学は間に合わず外観だけになってしまいました)やシュテファン大聖堂を歩きで巡りながら、今一度、旧王宮に戻ってきて通りを超えて、美術史美術館を覗いてみます(子供は入場無料です)。昔に美術の教科書で見た「バベルの塔」や「雪中の狩人」などといったブリューゲルの作品群を生で見れるのは、さすがヨーロッパの美術館といったところでしょうか。


 その後は、かみさんのたっての要望でウィーンのお菓子の名物でもあるザッハトルテ(チョコレートのケーキ)を食べにまた王宮を歩いてぬけてDemelというカフェに行きます。結構並んでいるのですが、外の席でもOKというとすぐに入れました。お目当てのザッハトルテを2つ頼んで食べてみましたが、日本人には甘すぎるとガイドブックに載っていたものの、我々にはちょうどよい甘さで既に味覚も日本人離れしてしまっていることを自覚してしまいました。
 カフェの後は、すっかり飽きてしまった子供に付き合う形で、ホテルの受付の方に開口一番お勧めされていた「ウィーン歴史博物館(Time Travel Vienna)」というエンターテインメント(よく観光地にある4Dなどを謡っている体験型?ミニシアター)に行ってみます。私自身は全く期待もしていなかったのですが、意外にもこれが面白く(いきなりスタートが、ディズニーランドのホーンテッドマンションのような掴みから始まります。その後、きちんと4Dシアターなどもあり)、シアターやVR、ちょっとした体験空間ありと、飽きさせずにかつ内容はまじめにハプスブルク家とウィーンの歴史が学べるというもので、ホテルの受付のお姉さんがべた褒めしていたのは、本気だったのかと感じました。市内散策に飽きたタイミングでこれを観ると子供も喜びますし、お勧めです。場所も王宮のすぐそばです(というか今日のコースは全て徒歩圏でした)。ガイドも日本語ステレオありますし、20分おきに始まるので待ちませんし。
 

 
  
 
 その後は、昨日に引き続いてヴロツワフでは滅多に食べれない日本食レストランということで、ラーメン屋を探して行ってみました。王宮から歩いていける距離にありますが、「ラーメン誠屋」です。 
 

 先日にヴロツワフでも美味しいラーメン屋を見つけたと喜んでいたばかりでしたが、全然こちらの方が日本のラーメン(それもそのはずで日本人のスタッフの方が普通に居るようですから)で、やっぱり先進国は違うなと実感してしまいました。
 朝早くから一日市街観光でしたが、王宮廻りを歩いて廻ってほぼ主要な中心部の観光名所は廻れますので、ゆっくり廻りたい場合でも王宮廻りは1日か2日あれば回れる規模の街ではあります。一方で、ヴロツワフとは全然違う規模と優雅さに感心した日でもありました。

この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。