Sun

09

Jan

2022

自宅から比較的近い(と言っても散歩がてら歩くと40分程度掛かりますが。。。)モールがスカイタワーのモールなのですが、先日も行ったときに開催されて興味があった「Wystawa Pająków i Skorpionów w Sky Tower(Exhibition of Spiders and Scorpions in Sky Tower)」に行ってみました!結構前から開催されていると思うのですが、未だに開催しているということは、それなりに人気なのでしょうか。
 入場料は家族チケット(大人2人+子供2人)で70PLN(約2,000円)なので、決して安くはない!のですが、アジアに駐在していて結構な信じがたい昆虫もジャングルで見てきてはいたので、懐かしさ半分で覗いてみることにしました。

 展示は2,3に区切られた元店舗スペースのようなところに正方形の30cm程度の水槽に個別に蜘蛛が入れられて展示されています。まあ色々な信じられないような大きさと色のムカデやダンゴムシは東南アジアの駐在で旅行した際に見慣れていましたが、これだけ大きい蜘蛛はそうそう見た記憶がない印象です。これらの蜘蛛の出身地(生息地)を見ると、東南アジアもいるもののインドやアフリカそれと中南米が結構多い感じです。


 ちょうど入場した際にスタッフの人が蜘蛛の一匹を水槽から出して、来場者の手のひらに置いてくれるというイベントをしていました。私はちょっと遠慮させてもらいましたが、毎時間実施されているようです。見かけは大きくてグロテスクな大型の蜘蛛たちですが、種類によって毒の有無もことなり、どうやら愛好家たちのペット用!?も多いとのことです。

 

 

 

 しかし、展示場にもビデオがありましたが、これらの蜘蛛が脱皮する様は本当にエイリアンというか地球の生き物からは程遠い印象を受けてしまいます。この脱皮の抜け殻ですが、なんと展示場内で販売されていて意外に安い(10から100PLN程度)のですが、買う人は居るのでしょうか?しかもどの蜘蛛も毛むくじゃらなのですが、一歩間違えるとぬいぐるみというか着ぐるみみたいな印象もあります。普段家の中にいる糸蜘蛛などと比べると本当に別な生き物のようです。解説を読むと大半の大型の蜘蛛が、Bart eatingとのことで一瞬、読み間違いかと思いましたが、鳥を食べてしまうそうです。。。



 全く期待せずに観てみましたが、蜘蛛と一部、蠍も展示されており、小1時間程度の時間潰しにはなります。夜行性であまりというか全く動いていないのですが、水槽の中では堂々としていて色鮮やかなとんでもない大きさ(10㎝くらいは平均で、タランチュラは20cmくらいの大物もいました)の蜘蛛を堪能できるので、時間があれば覗いてみるのもよいのではないのでしょうか。


この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。