Sun

26

Dec

2021

すっかり冬将軍が到来しているポーランドの冬ですが、昨年と比べると暖かいというか氷点下になる日が少ないように思えます。大体、朝の通勤の時に車の窓ガラスの氷結度合いで感じるのですが、今年は通勤前に車の窓ガラスをアルコールの解氷スプレー(当地にはスーパーにこのような便利グッズが山積みされています)で溶かすことが必要な日がまだ10日あったかどうかでしょうか。
 それでも今日はー9℃まで朝からなっていましたので、結構な寒い日といえます。ヨーロッパのクリスマスは日本でいうところのお正月以上で、クリスマスを挟んで数日はお休みですし、モールやレストランも閉まっていたり短縮営業になってりしています。こんな寒い日ですが散歩がてら近所のカルフールまで散歩して、さすがに開いているだろうファーストフードでお昼でも食べようかと思っていたら、なんと開いていたもののデリバリーオンリーだったのでダメもとで前に行ったみたピザ屋のPizzeria Bubeに寄ってみたら、なんとお店も営業していました!

 こんなクリスマス明けの日でも営業していることに驚きましたが、デリバリーだけではなく店内の席もOKとのことでした。といっても本当に小さいお店で、店内の席も5,6人も座ると一杯で、夏でもお店の前に二人掛けのテラス席がある程度のお店です。それでも立ち寄ってみたのは、ポーランドの今の自宅に引っ越してすぐに食べた記憶があり、それも結構美味しかったという記憶でしたので、今回も立ち寄ってみました。

 

 

 

 小さいお店ですが、きちんとしたオープンの生地を調理する場所とピザを焼く窯場があり、注文してからおもむろに生地を伸ばしてトッピングから始めてくれます。15分程度で焼き上がりのピザを出してくれました。生地はクリスピータイプの薄い生地でトッピングもオーソドックスなのですが、ソースもしつこくなく新鮮で焼き上がりということもあるかと思いますが、美味しいピザです。家族4人でMサイズ3枚を頼みましたが、あっという間に平らげてしまいました。


 たまにヴロツワフから離れた小さい田舎の街へ仕事でも出かけて、ローカルスタッフに聞いた小さいピザ屋に入るのですが、どんな小さな街でも1件は美味しいピザ屋さんに遭遇できるので、意外にポーランドのピザ事情はレベルが高いのかも知れません。

 ちなみに今日の自宅からの景色ですが、日本でいうとどこかのスキー場のロッジから見たような景色でしょうか。

今年も屋根に小さな樹氷みたいな霜がびっしりでした。確か昨年も同じような景色を見た記憶があります。

 寒い日には窓ガラスにも雪の結晶みたいな氷がびっしりと張り付いています。こんな状態でも相当古いアパートメントなのですが、まどは真空ペアガラスで断熱+ラジエーターの全室暖房なので、家の中だけは半そででOKなほど快適ではあります。

 飲み物もペットボトルの買い置きしかサーブしていませんし、どちらかというと近所の低層マンションへのデリバリー専門みたいなお店ですが、前回もそうでしたがピザの味は美味しくてきちんとしています。今日はクリスマスでほとんどのお店が閉まっている中で、店舗の中で焼き立てのピザを食べれたということもあるのですが、ピザだけであればここで十分に美味しいピザを食べれますので、また来てみたいと思います。


この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。