月別アーカイブ: 2020年5月

Sun

31

May

2020

世界で最初の世界遺産!アーヘン大聖堂

先週からコロナの規制も世界的に解除されつつある世の中ですが、ここオランダもすっかり自粛ムードはなくなり通常の景色が戻りつつあります。滞在しているホテルにも家族連れの旅行者が大勢泊まって、週末の日中は周囲の散策をしている姿が目に付くようになりました。そんな状況もありましたので、今日はマラソンの後にドイツのアーヘンへ世界遺産であるアーヘン大聖堂の見学に行ってきました。
 ドイツといっても滞在しているHeerlenからAachenまでは車で20分程で、通勤先のUrmondと同じ程度です。夕方の4時過ぎに出掛けましたが、日が高いヨーロッパはまだ昼間のようで6時までオープンしているアーヘン大聖堂の見学には余裕で間に合いました。どこのヨーロッパの街も同じなのですが、駐車場を探すのに骨が折れます。今回も最初に目星を付けておいた駐車場が停められないということで、急遽違う場所を探す羽目になりました。結果としては停められた駐車場からアーヘン大聖堂のあるCityHallの広場までは5分ほどで行ける穴場でしたので良かったです。
≪ 世界で最初の世界遺産!アーヘン大聖堂 ≫の続きを読む

No tags for this post.

Tue

26

May

2020

各種制限が緩和されつつある欧州ですが、まだまだEU域外への出入りは難しい状況です。そんなコロナ禍の中ですが、なんと日本で開催したセミナーに参加することが出来ました。もちろんWebセミナーで時差も考慮して日本時間の14時過ぎ(現地7時過ぎ)スタートのセミナーです。テーマは「デジタルx建設業 オンラインセミナー 今こそはじめる建設業界のデジタル化戦略 ~設計・施工図や受発注書の電子化であらゆる環境下で業務継続を~」という業界大手のAdobeが主催したもので、事前申し込み制でしたが特に制約もなく、前日までにメールで配布されたアドレスにアクセスすると、Web上で動画配信とチャット機能があるサイトで聴講するというものでした。
こういったWebセミナーは初めて参加しましたが、まず驚いたのが回線のスムースさです。動画を交えてのLive配信で、メインはパワーポイント&動画でしたが特に停止することもなく、チャット機能も普通に使えていました。そして何より内容と構成がよく準備されていて、1時間半のセミナーでしたが、前半の家入氏の基調講演から後半のAdobeの方のデモ実演まで実にスムースにテーマに沿った内容で、入念な事前準備があったのかと感心しました。
≪ コロナ禍で日本のオンラインセミナーに参加! ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sun

17

May

2020

オランダに滞在し始めた去年の終わりから、春の終わりごろから食べれるホワイトアスパラガスは絶品だよという話は聞かされており、それでもその頃にはさすがにオランダにはいないだろうから食べれずに残念だねーという話をしていたのも束の間、あっという間にそのホワイトアスパラガスの旬の季節になってしまいました。
 実際には4月下旬頃から食べれるようですが、ここオランダもホテルのレストランが正式に再オープンしたのが先週からでしたので、早速レストランでの食事を週末に楽しんでみました。まずは金曜日の夜に仕事場の送別会を兼ねての食事会です。この季節の特別メニューということで、ホワイトアスパラガスのスープにホワイトアスパラガスの前菜、そしてヒレステーキにはホワイトアスパラガスが添えられており、普通にコースを食べるだけでホワイトアスパラガス料理を満喫することができました!
≪ オランダ名物!ホワイトアスパラガス料理 ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sat

02

May

2020

時間はどこから来て、なぜ流れるのか? 最新物理学が解く時空・宇宙・意識の「謎」 (ブルーバックス)

しばらく振りですが物理学の文芸書!?とも言える本書を手に取ってみました。宇宙論や物理の本に興味があるといっても仕事や勉強で物理を使うような場面はないため、(一応、理系なのですが)文系の方々と同じようなスタンスで読める本でないととても手を出せないという前提があります。そんな方々にも十分読める本書は例によって数式などは一つも使わずに難解な?物理の解説を試みている書籍といえます。内容はタイトルにある通り「時間」についての物理学的なアプローチからの解説書になるのですが、一年以上前に読了した「時間とはなんだろう」と比べてもかなり進んだトレンドの内容になっています。
 当時に「時間とはなんだろう」を読了した後はだいぶ「時間」の正体に近づいていると感動したものですが、本書を読むとそもそも少し前まで(一般人たる)自分にとっては最新!の宇宙論、物理学だと思っていた内容が既に古典的な理論として紹介されています。具体的には相対性理論はともかくとして、量子論そのものも古典的な解釈と最新のトレンドたる「場」の考えから考える量子論があるということで(よく理解していないので、違った理解かも知れませんが)、ここら辺からして大分、今まで読んできた書籍と内容が違うなという感じです。
≪ 場の量子論の入門書「時間はどこから来て、なぜ流れるのか?」 ≫の続きを読む

No tags for this post.