Mon

08

Sep

2014

wordpress_hosting

懐かしい小説のタイトルのようですが、ようはブログのツールを変更してみました。このブログを開設以来、自宅サーバー時代も含めて使ってきたMovable Typeでし たが、とうとうお別れする時がきたようです。というのも数年前からMTに代わる オープンソースのWordPressのシェアが伸びてきているのは認識していましたが、 改めてシェアの比較を調べてみると、海外はもちろんのこと国内でも話にならな いほどのシェアの開きができているようです。もちろんWordPressの圧勝なので すが、やはりオープンソースには敵わないという歴史の必然のようです。 実際にMTを使い続けてもうすぐ10周年というところでしたが、バージョンアップ の度に重くなる仕様、再構築が必要なシステムなど個人のブログ使用という観点 からはどうにも使いにくい面が出てきてしまいます。加えてカスタマイズしたく とも最近はめっきりMT関連の記事が見当たらなくなりました。 それでも使い慣れたMTに何かしらのメリットでもあればと色々と調べてみました が、調べれば調べるほどMTよりWordPressの方が楽しそう!?な感じになってし まい、別フォルダーに試験的にWordPressをセットアップしてみました。

 

まずはMTの弱点でもある「再構築」が不要で、記事の投稿やカスタマイズの修正 がそのまま反映される(正確には動的にページが生成されるので、もともと更新 するHTMLページが存在しない)など、使い勝手は格段にWordPressの方が良いの ではないでしょうか。また、まだまだこれからなのですが、カスタマイズのため のプラグインの数が半端ない充実ぶりで、30,000点を超えているようです。 またインストールそのもののハードルも低く、メジャーなサーバーには既にイン ストールのためのメニューがあって、私が使っているさくらサーバーでも何もアッ プロードしなくても設置が完了してしまいました。本当に5分で終わってしまいます。

ちょうどメジャーバージョンアップであるVer4.0がリリースされた直後でもあり ましたので、これを契機にWordPressに乗り換えてしまいました。それでも10年 近く使っていたMTへの愛着はそれなりでしたので、何だか寂しい限りです。 MTからWPへの移行方法については、こちらのNEVERまとめに沢山ありますので特に問題はないと思います。

パーマネントリンクの件

気を付けたいのは記事のパーマネントリンクの保持なのですが、どうやら誤解されている記事も散見されます。私の解釈としては、WPは動的に記事が生成されるので、固有名詞などにしていない限りは、パーマネントリンクのデータを引き継がなくてもMT時代と同じ設定にすれば簡単に引き継げます。ということでこのサイトのパーマネントリンクもMT時代から日付データ+時刻データのみで設定していたので、大丈夫だ!と思いきやMTの公開時刻と実際にパーマネントリンクで表示されていた時刻にずれがありました!最初は海外の時差のせいかとも思いましたが、非常に微妙なずれで、どうやらバグかあるいは公開日時ではない別の時刻を拾っているようです。いづれにしても大したリンク数もないブログでしたので、10年の月日は重いとはいえ、パーマネントリンクを引き継ぐことは諦めました。WPのパーマネントリンクについては、こちらの記事が参考になるかと思います。

ともかくもこれから色々と旧MT時代のカスタマイズを懐かしみながら、楽しく!?WPをカスタマイズしていきたいと思います。これもブログを構築している楽しみの一つと思いますので、気長にやっていこうかなと思います。なるべくカスタマイズの過程は記事にしていきたいと思いますが、全部は記事にできないかなというところでしょうか。それと旧MT時代でも完了しなかった自宅サーバー時代からの記事の移行と未公開で溜めっぱなしの記事も早く公開していきます。(実は投稿の効率を高めたいのも今回のWP移行のメインテーマでしたので。)

ということで、旧MTのサイトのキャプチャー画面を記念碑に掲載して終わりたいと思います。(実はスクロール画面をキャプチャーできる便利なソフトの存在は後で知りましたので、こちらの画像はひたすら手動で繋げたものです(+_+))

・こちらはトップ画面。クリックすると全体の画面となります。140908_engblogmt1

 

・こちらは記事単体の画面。最後の記事は、ランドアバウトの記事でした。140908AM_Articl01


この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。