Sun

20

Sep

2009

090920_educationcity72.jpg

磯崎新氏の設計であるコンベンションセンターのちょうど向かいには、エデュケーションシティなる教育都市が同じく磯崎氏のマスターデザインのもとで開発が進められています。こちらは広大な敷地内にアメリカを始めとする著名な大学の分校を誘致するというこれまた壮大なもので、既にいくつかの大学は開校済みとのことです。敷地入り口にはセキュリティがあるのですが、日本から見学に来た(引き続き働くために住むのですが。。。)と伝えるとドライバーさんのカタールID(住民カードみたいなもの?)と引き換えに快く通してくれました。通りからも良く目立つ位置に建っているのですが、ゲートを入ってすぐに小嶋一浩氏設計のブリッジ・アーツ・アンド・サイエンス・ カレッジの校舎が見えてきます。


090920_educationcity46.jpgまだ全計画の半分位しかできていないと思われる教育都市ですが、その中でもそうそうに使用が開始されている建物の一つのようで、周辺の職員用の宿舎とともに使われている気配があります(この日は休日だったので、人気はありませんでしたが)。この建物の設計コンセプトや建築の経緯はこちらのサイトに詳しく載っています。こんな中東の果ての名も知れない国に、早々に建物を設計している日本人が居るというのも驚きです。先のサイトに詳しく載っている通り、イスラム特有の要望らしいのですが、ファサードには随分注文があったらしく、中東の50℃になるコンディションやイスラムのアラベスクといった模様などを考慮して、このような二重壁に数学的な幾何学模様に落ち着いたとあります。内側の黄色い色と外の白い壁のコントラクトも含めて、なかなか風景にマッチしているようにも思えます。

学園内の他の建物は、ピラミッドの形を模したものや水盤を取り入れた幾何学模様の回廊とガラスの塔などがあり、さすがにお金がある国だけあって、一つとして平凡な建物はありません。招致している大学同様、一つ一つの建物にも専属のアーキテクチャーが居て凝った設計をしているものと思われます。まあマスターアーキテクトが磯崎新ですから、平凡なものにはならないのでしょうが、デザインの宝庫みたいな建築家+豊富な資金という最強の組み合わせで今後、どんな学園都市になっていくのが目が離せません。是非、引き続きこの都市の成長を見届けたいと思いますが、こちらもコンベンションセンター同様、いつになったら完成するのかは、アッラーの神のみぞ知る?といったところでしょうか。。。
090920_educationcity73.jpg 090920_educationcity74.jpg
・日差しの強い中東によく溶け込んでいるファサードの小嶋氏設計の校舎。
090920_educationcity45.jpg 090920_educationcity59.jpg
・水盤と幾何学模様の回廊。シンメトリーが綺麗です。
090920_educationcity40.jpg 090920_educationcity43.jpg
・回廊の中は、ほどよく日差しが緩和されています。
090920_educationcity69.jpg 090920_educationcity62.jpg
・レンガと三角ピラミッドが特徴の校舎。
090920_e
ducationcity38.jpg 090920_educationcity47.jpg
・この校舎も既に開校しているようですね。
090920_educationcity63.jpg 090920_educationcity57.jpg
・校内のあちこちにある文字のモニュメント。印象に強く残ります。
090920_educationcity52.jpg 090920_educationcity51.jpg
・カナル(小運河)とパームツリーがあちこちに配置されています。
090920_educationcity48.jpg 090920_educationcity68.jpg
・それでもまだまだ建設中の建物が大半です。
090920_educationcity60.jpg 090920_educationcity67.jpg
・これは体育館か講堂でしょうか。まだ掛かりそうですね。。。

この記事をシェアする

ディスカッション

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


CAPTCHA



内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。