月別アーカイブ: 2019年8月

Thu

29

Aug

2019

夏休み前に読了していた「パインズ―美しい地獄―」の続編を帰省時に購入していたので、早速読んでみました。2部目にあたるのが「ウェイワード―背反者たち―」で完結編の3部目が「ラスト・タウン (―神の怒り―)」です。「パインズ」のラストがある意味、これ以上はない!?という驚愕の事実で終わり、主人公も落ち着くところに落ち着いた感じだったので、ここからどうやって物語を展開していくのか興味半分、不安半分で読み始めたものの、結論から言うと2作とも1作目のテイストである読者の想像を超えるラストという持ち味を裏切らずかつ、SF三部作として非常に面白かったと言えます。2冊とも正直、夜なべして寝るのを惜しんで読んでしまいました。
 幻想とも生き地獄とも言える町パインズの保安官に無事に?収まった主人公のイーサンパーグでしたが、二作目の「ウェイワード」は冒頭から町の秩序を揺るがしかねない事件から始まります。イーサンがその捜査を担当する過程で、町を仕切るピルチャートその右腕のパムの存在感と意図が明らかになっていく過程はなかなか見ものです。二作目の本作は一作目の秘密のネタでもあった機能停止に前の世界との繋がりも描写されています。
≪ 「パインズ」続編の「ウェイワード」と「ラスト・タウン」 ≫の続きを読む

Thu

15

Aug

2019

新海誠監督の最新作!「天気の子」

という訳で、せっかく日本に滞在していますので新海誠監督の最新作である「天気の子」を上の息子と一緒に観てきました!国内外で超ヒットしてしまった!?「君の名は。」の次作ということで、興行的にも内容的にも前作を超えるプレッシャーがある中でどんな作品になるのかというのは本当に楽しみでもあり一抹の不安もあった中、観終わった結論から申し上げますと素直に映画として2時間楽しめた日本アニメ映画というのは間違いなかったかと思います。
 新海誠の作品との出会いはたまたま観たアニメ「雲の向こう、約束の場所」とそれに引き続き観た「秒速5センチメートル」という作品でしたが、どちらもメガヒットする作品というよりかはインディーズのような好きな人が観るアニメ!?というジャンルの匂いがしていました。そんな中で、秀逸だったのは日常の風景でも気を抜かない綺麗を通り越した風景描写と構図だったかと思いますが、今回の「天気の子」では「君の名は。」でも目を引いた隕石の落下シーンをはるかに凌駕する雲と雨の空の描写と東京の風景、花火シーンなどはもはや一つの美術作品のようでこれだけでも映画館でうっとりと見惚れるに値するのではないでしょうか。映画を観ていた日はたまたま台風10号の上陸もあり、雨天と曇天が入り混じった何とも言い難い天気で、それもあって臨場感も増した感じです。
≪ 新海誠監督の最新作!「天気の子」 ≫の続きを読む

Wed

14

Aug

2019

日本の宇宙最前線!JAXA筑波宇宙センター

今回の帰省で必ず行きたかった場所だったJAXAの筑波宇宙センターに行ってきました!数年前に読んでみた漫画「宇宙兄弟」にも頻繁に出てくる施設なのですが、帰省先の埼玉県所沢から茨城の筑波というと地理的に相当離れているイメージで躊躇していたのですが、今回改めて調べてみるといつも利用している近所の関越自動車道の三好PA(のETCだと入れるスマートIC)から圏央道経由だと実際に1時間少しで行くことができました。先日の鬼怒川旅行と同様に圏央道開通のメリットを享受できている感じで、なんとなく得した気分です。
 そんなこともあり、お昼前には着きましたが、今回はお盆期間中ということもあり、事前の有料見学ツアーは気が付いた時には既に満席でしたので、今回は施設見学と飛び込みで参加のプログラムを目当てに来てみました。まずは着いてからJAXAの職員の方も使用する食堂へ行くことにしました。まずはE-2棟と呼ばれる「広報・情報棟」で申し込みをして構内のカードをもらいます。そうすると食堂のある「C-2厚生棟」に入れるのですが、確か受付締め切りが12時半位だったので時間外だと食べれないようです。食堂は至って普通の社員食堂?なのですが、JAXAの宇宙飛行士と同じものを食べてるのだなーという感慨が沸く感じです。
≪ 日本の宇宙最前線!JAXA筑波宇宙センター ≫の続きを読む