月別アーカイブ: 2013年4月

Mon

29

Apr

2013

130429_strapacru01.jpg

一眼レフは重いのがまあ欠点ですが、買ったからには気軽に持ち出したいものです。かといって、バックに入れて持ち歩いても、なかなか簡単にはひっぱりだしてまでは撮れませんし、何よりシャッターチャンス成るものを逃します。ということで、カメラ本体をそのまま持ち出せるように、オシャレでかつ肩への負担が少ない都合のよいストラップはないかと探してみました。しかも、最近は歳のせい?なのか肩凝りも酷く、長時間肩掛けバッグをしているだけで、頭痛になってしまうほどです。

いろいろネットで情報を漁った結果、辿り着いたのが、このAcru(アクリュ)のレザーストラップです。カシェ・バナーヌ(Cache Banane)という一番幅広のタイプのもので、ストラップにしては安いレンズが買えてしまうほどの高価なもので通販で買うには勇気が入りましたが、見た目とお勧めのブログの記事を信じて(信じたことにして!?)買ってしまいました。

≪ レザーのカメラストラップAcruの使い心地! ≫の続きを読む

Sun

28

Apr

2013

130428_inacraft4121.jpg

スナヤンのコンペディションセンターで開催中のイナクラフトと呼ばれている工芸展が、今日が最終日ということで行ってきました。そもそもが近所のスナヤンにコンペディションセンターがあるというのも知りませんでしたが、会場に近付くと例によって車は大渋滞で時間が掛かりそうなので、途中で歩きにしました。 会場前は既に最終日の午後過ぎてましたが、かなりの盛況です。ローカルと同じプライスの大人200円の入場料を払って会場に入ります。まずは驚いたのは会場の広さです。幕張メッセまでとは行きませんが、ドーム形の中央会場を中心に、サッカー場以上はありそうなホールが4つか5つ位、連結されています。

≪ ジャカルタ最大の工芸展!イナクラフト展2013 ≫の続きを読む

Mon

15

Apr

2013

インドネシア雨季終盤の雷

130415_lightning4047.JPG

長かった雨季もようやく終盤に近づいたようですが、相変わらず雨の振り方と雷には凄まじいものがあります。日本ですと雷まで発生するのはそうそう無かったように記憶していますが、こちらは毎日が雷付きの雨です。 特にジャカルタの住まいのマンションからは、たまに雷の雲の中に入ってしまったのではと思われるような時があります。せっかくなのでデジイチと三脚で雷の瞬間を狙ってみました。

≪ インドネシア雨季終盤の雷 ≫の続きを読む

Sat

13

Apr

2013

130413_bogortamansafari3895.jpg

幼稚園の長い春休みも今週で終わりということで、今日は早起きしてボゴールの先にあるというタマンサファリに行ってきました。渋滞が凄かったというブログの事前情報もあったため、頑張ってなんとか7時にはアパートを出発。高速を降りてからも結構走りましたが、2時間掛からずに到着できました。途中、通りからタマンサファリへのゲートみたいな動物のモニュメントをくぐったあたりから、小道沿いに細い人参とバナナを売っている露店が並び始めます。これはサファリパークで動物に与える餌とのことなので、200円分を購入しておきました。園内には餌は売っていないので、入る前に買っておきましょう。サファリパークの入場料はローカルとインターナショナルがありましたが、特にキタスを見せたわけでもないのに何故かローカルプライスでした。トイレ休憩をした後に早速サファリゾーンに車で入ってみました。

≪ 動物と本気で触れ合えるタマンサファリ! ≫の続きを読む

Fri

12

Apr

2013

千年後の日本!?「新世界より」

新世界より(上) (講談社文庫)新世界より(中) (講談社文庫)新世界より(下) (講談社文庫)

貴志祐介の未来SFである新世界よりを読んでみました。文庫本で上中下の3冊でしたが、読み始めると一気に読み終えてしまうほど引き込まれる独自の世界観が広がっている物語です。現代から千年後の日本が舞台ですが、呪力と呼ばれるサイコキネスが常用されている日常と随分と衰退?しているように感じられる人類社会が、今の現代の延長線上にどうやって出現したのか興味が惹き付けられ、それがこの本のテーマともなっています。

≪ 千年後の日本!?「新世界より」 ≫の続きを読む