Sat

24

Sep

2016

久しぶりの海外ドラマ「ダーク・エンジェル(Dark Angel)」

20130113233223知人から借りたアメリカの海外ドラマ「ダーク・エンジェル(Dark Angel)」を通勤の暇潰しに見始めてここ2カ月で 、全話(シーズン1&2)を観終わりました。 内容は近未来のシアトルを舞台にしたSFで、遺伝子改造されている主人公のジェネティックを中心に、極秘の政府機関やカルト組織とバトルあり、人間ドラマあり、たまに遊びの脱線や伏線ありというある意味!?王道的なアメ リカSFドラマシリーズではあります。製作に巨匠のジェームズキャメロンが名前を連ねているだけあって、飽きさせずにドラマを引っ張っていく感じです。主人公のジェシカアルバも初めて知りましたが、充分に俳優の魅力も引き出されていえる演出です。 ≪ 久しぶりの海外ドラマ「ダーク・エンジェル(Dark Angel)」 ≫の続きを読む

Fri

08

Jan

2016

2015年(というか今まで)のゴルフスコアの振り返り

160108_Golife_2015

去年の最後のラウンドは115という去年のワースト2(ワースト1は2015年頭の1月に叩いた123です)で締めくくったゴルフでしたが、反省の意味も込めて一応スコアを振り返ってみました。 思えば4年前の2012年夏に最初にインドネシアに赴任してから始めたゴルフでしたが、2015年一杯で丸3年半のキャリアとなります。日本に居るよりはるかにゴルフをする環境は良かった東南アジアでしたが、全てのラウンド数は119ですので、年間で30を超える程度のラウンド数です。その間の平均ストローク数は119ですので、まだまだアベレージにも程遠いですね。平均パット数も39.1です。
 そんな中で初めて100を切った2015年のラウンドだけ見てみると、ラウンド数は36、平均ストロークは104、平均パット数は37.0という数字になりました! この調子でいけば来年はアベレージゴルファーの仲間入りか!?(そもそもアベレージゴルファーの定義が分かっていませんが)と皮算用する気分になりますが、最後のラウンドが115ですからあまり過大な期待どころか、とりあえずは次に100を切れるのはいつなのかというところでしょうか。
≪ 2015年(というか今まで)のゴルフスコアの振り返り ≫の続きを読む

Tue

27

Oct

2015

MARS ICE HOUSE(火星の氷の家)

marsicehouse

先日のYahoo Japanのトップニュースにも出ていましたが、日本人建築家夫婦も参加しているチームがNASAの火星基地コンペに優勝したというニュースの続報です。日刊建設業新聞に詳細が出ておりましたが、優勝したこのMARS ICE HOUSE(火星の氷の家)のコンセプトが素晴らしいです。記事の抜粋になりますが、「「火星の氷の家」は、氷の外壁で施設を覆うという独創性が最大の特徴。氷の特性を生かして宇宙放射線を防ぐことができる上、太陽光を内部にまで届けられるので長期滞在するクルーの健康管理にも役立つとされる。」とあります。バブル期などにあった完全にコンセプトだけで、実現可能かどうかはさておきの箱モノ宇宙基地コンペ提案とは異なり、本当に今ある技術の延長で実現ができそうな検証がきちんとされているところが、夢だけではない期待を大きく膨らませてくれます。
≪ MARS ICE HOUSE(火星の氷の家) ≫の続きを読む

Thu

22

Oct

2015

新装オープン!Grand Megumi

20151022_120934753_iOS

今年の春にこちらに戻ってきてからも度々お世話になっていたEgip工業団地にあるドライビングレンジのMegumiですが、とうとう新装オープンしてしまいました。その名もGrand Megumiとのことで、今週の10月20日にオープンしたとのことで、早速行ってみました。
 位置は以前のMegumiの奥の方に出来たのですが、アクセス道路はちょっと違います。それでもチカランの幹線道路あたりから大々的に看板があるので、迷わず着くことができます。出来る前から、Megumiの受付のおじさんから「ボールもマットも全てバル(新しい)で、しかも2階建てで凄いよ!」と宣伝されていたものの、そこはインドネシアなので話半分で期待せずに来てみましたが、いきなりエントランスから違ってました。きちんとホールもあるし受付もあって、しかも2階席(ちゃんとありました!)へはエスカレーターがあります(それでも下りは停止中でしたが。。。)。若干待たされるものの、打席数が増えたせいか、ものの10分程度で2階のボックスに入ることができました。
≪ 新装オープン!Grand Megumi ≫の続きを読む

Sun

04

Oct

2015

ジャカルタで昆虫飼育箱を自作!

20151004_140600232_iOS

いよいよ来週に迫った昆虫採取ツアーに向けて、構想2週間!?の昆虫飼育箱を製作してみました。元々は、先々週に飼育箱を物色していた時に考え付いたアイデアでしたが、先週のダイソーの買い物で材料も揃いましたので、製作に掛かってみました。こちらジャカルタではアクアリウムはポピュラーなようで、水槽などはそれなりに手に入ります。ACEに行けば必ずと言ってよいほど、充実した水槽コーナーがあるのですが(それでもTetraのパーツや餌などはあまり置いてませんが。。。)、昆虫用の虫かごなどは皆無です。かろうじて爬虫類?飼育用の水槽などはあるのですが、でかいし値段も5,6千円と、日本のホームセンターで手に入るプラスチックの手軽な虫かご水槽とは雲泥の差です。
 当然、実際に捕まえられるかも不明な虫ごとき!にそんな高価な水槽の購入は許可も出ませんし、置き場所もないので、どうしたものかと思ってACEをさ迷っていたところ、見方を変えると水槽の宝庫だということに気付きました!と、大げさなほどではありませんが、こちらのホームセンターにも充実している収納用のプラBOXがうってつけということに気付きました。ということで、早速、昆虫飼育箱を自作してみることにしました!
≪ ジャカルタで昆虫飼育箱を自作! ≫の続きを読む

Sat

12

Sep

2015

ONE FIFTEENTH COFFEEで欧米風ランチ!

20150912_062318328_iOS

最近は何んとなく欧米人も増えた気がするガンダリア界隈ですが、近所に素敵な(というか欧米人が好みそうな)カフェがあるというので、ランチに行ってみました。場所は「Jalan Gandaria 1/63」で確かに車で行くのが勿体ない位の近所にあります。(でも車で行きましたが。。。)名前もONE FIFTEENTH COFFEEという1/15というシンプルな名称なのですが、お店の構えと言い、内装といい欧米人が好きそうなコーヒーカフェで、実際にお客には欧米人が何組かいらっしゃいました。
 我々は子供二人の家族連れだったのですが、どちらかというと家族でランチというよりかは、大人同士の少人数か一人で過ごす、長いの出来る居心地のよいカフェといった感じです。
とはいっても昼飯を食べに来たので、早速ハンバーガーとコーヒーをオーダーします。店内は既に満席に近い状態でしたが、それほど待たされることもなくコーヒーに続いてハンバーガーセットもやってきました!
≪ ONE FIFTEENTH COFFEEで欧米風ランチ! ≫の続きを読む

Sat

15

Aug

2015

RADIO DALAMラディオダラムの熱帯魚市場

20150815_092429404_iOS

水槽だけひと月ほど前からセッティングしてありましたが、日本から帰国してきたので、いよいよ熱帯魚を購入してみようと思い立ちました。熱帯の国のインドネシアですから、さぞかし色々な所で熱帯魚が買えるというイメージがありますが、フィリピンのような気軽に行ける総合市場(パサール)も知らず、モールではほとんど観賞魚は売っていないため、実は買う場所を探すのに苦労しました。マニラの時のようにペットショップも見当たらないため、取り敢えずネットで調べてみました。
 ジャカルタ市内に色々と観賞魚を扱っている小市場みたいのはあるようですが、どこも場所が分かりにくそうです。自宅のガンダリア周辺だとRADIO DALAM(ラディオダラム)にあるとのことなので、早速探しに行ってみました。
≪ RADIO DALAMラディオダラムの熱帯魚市場 ≫の続きを読む

Thu

18

Jun

2015

Selamat Hari Raya Idulfitri!(6回目です)

ucapan selamat hari raya

今日からインドネシアでもレバランに入りました。ドーハの赴任時に3回、前回のインドネシア駐在で2回、そして今回ですので都合6回目のプアサ(断食)です。
 その割には、きちんと理解しているかはなはだ怪しいのですが、プアサ期間は月の満ち欠けで決まるので、観測方法に寄ってプアサ入りが微妙にずれたり、日間のプアサ期間は毎年早まって、33年で1巡したりと万国共通なところはあります。ただインドネシアは、世界最大のイスラム人口を抱えているとは言え、中東のカタールと違い国教ではないため、カタールと比べると何となく緩いというかイベント的な雰囲気はあります。
≪ Selamat Hari Raya Idulfitri!(6回目です) ≫の続きを読む

Mon

02

Mar

2015

たかが試験されど試験!技術士試験合格のツボ

聴く!技術士二次試験論文のツボ

まさに「長かった~」という感想しかないのですが、今日は待ちに待った技術士二次試験の合格発表日でした。苦節!?10年間に及ぶ挑戦でしたが、ようやく合格することができました。まずは喜ぶ前に、周りの人々に感謝の気持ちで一杯というところです。感謝の順番としては頑張った自分に一番!といきたいところですが、なんといっても一番目は「家族」でしょうか。貴重な家族サービスの時間を大幅に削った1年でしたから、奥さんももちろんですが、遊びたい盛りの2人の息子もよく我慢してくれて本当にありがとうです。筆記試験前の1か月間の土日は模擬試験と称して(もちろんホントに勉強してましたが)丸1日家庭放棄状態でしたから。次の二番目はやはり「職場」となります。当たり前ですが資格試験は私事ですから、色々と仕事とのバランスを取りながらとは言え、職場の理解がないと成り立たない一年間の長丁場ではありました。特に海外に駐在している身ですので、今回は筆記と口頭の2回の帰国休暇をはじめ、色々とご迷惑をお掛けしたかと思います。三番目にようよく「自分」を褒めたいところなのですが、実は今回に限って合格まで辿りつけたのには、今までにない要因がありました。それがこの「聴く!技術士二次試験論文のツボ」との出会いだったと考えています。
≪ たかが試験されど試験!技術士試験合格のツボ ≫の続きを読む

Sun

01

Mar

2015

ケソンメモリアルサークルのメモリアルパーク

s-IMG_0224

ちょっとややこしい名称ですが、自宅から30分ほどのケソン市にあるケソンメモリアルサークルという場所のメモリアルパークに遊びに行って来ました。どうもジャカルタのモナスを連想させるようなメモリアルサークルの塔なのですが、その側に市場やら自転車で遊べる公園などが広がっています。塔のあるメモリアルサークルの市場を抜けて、左手にPedal n Paddleという数十ペソの入園料を払う公園があり、そこではバキータイプの自転車や空中の足漕ぎゴンドラなど数種の自転車が載れます。どれも大体、一人50Phpで10~15分程度の時間制ですので、家族でも1,000Phpあれば半日遊べるでしょう。
 かくいう我が家も早速、各種の自転車に乗ってみました。ちなみに池のボートを含めて、人力以外の動力を使った乗り物はありませんので、体力勝負を覚悟しておいた方がよいです。他には幼児用の小さい乗り物コーナーはありますが。 今日は最近どうやら乾期が終わりつつあるようで、日差しが強い暑い日となりました。フィリピンは1月と2月は涼しくて日本の春のような気候となるのですが、賞味1,2ヶ月と非常に短いのが残念なところです。
≪ ケソンメモリアルサークルのメモリアルパーク ≫の続きを読む

Thu

26

Feb

2015

最新「iPad Air 2」を買ってみました!

xip01

カタールでの最初のiPad(確か第二世代だったような気が)購入から早くも3年がたって、当然その間にiPadも進化しており、最新機種はiPad Air 2となっています。だからという訳でもないのですが、iPadがまたまた必需品になりそうな生活の変化?もありそうなので、日本出張に合わせてiPad Air 2をAppleのサイトから購入しておきました。今回わざわざオンラインストアで購入したのは、オフィシャルサイトから通販で買うと、iPadの裏面に無料でレーザー刻印をしてくれるサービスがあるからです。
 今やパソコンとは比較にならないほど効果となったiPadですが、シンプルな使いやすさに加えて、毎回進化するスタイリッシュなデザインには、購入意欲をそそられてしまいます。
 現在発売中のiPad Air 2も前回より明らかに薄くなった筐体に加えて、新しい新色であるゴールドとiPad Air 2専用のSmart Coverも優れたデザインです。ということで、今回は本体色ゴールドにカバーはホワイトの組み合わせで購入しました。
≪ 最新「iPad Air 2」を買ってみました! ≫の続きを読む

Sun

01

Feb

2015

本当に「気が遠くなる未来の宇宙のはなし」です

気が遠くなる未来の宇宙のはなし

先の「眠れなくなる宇宙のはなし」に引き続いて読了した今回の「気が遠くなる未来の宇宙のはなし」でしたが、後述する最後の夜(章)の著者の佐藤さんのお話が、まさに私がかねてから想像というか(妄想でしょうか!?)これこそが究極の人類の目標ではないかという記述がありました。最初の「眠れなくなる~」も同様でしたが、佐藤さんの丁寧な解説というか解説を超えた分かり易い語り口で、最初から最後までどんどん引き込まれます。それでも内容としては、既に読んでいる他の最新宇宙論に出てくるマルチバース論や加速膨張する宇宙の最後の空虚な姿などは、最近のハードSFの土台にもなっているものです。
 何度か他の本でも読んでますし、ハードSFにも出てくる姿なのですが、膨張しきった宇宙の最後が素粒子すらも存在しない終わり方というのは何とも寂しいものです。しかし、本書には現在ではまだ解明されていないダークマター(ダークエネルギー)が今後の大統一理論の鍵を握るということで、かつてのニュートン力学に対する相対性理論のようなインパクトがあるのではと予想しています。それであれば現在の宇宙論で予想されている宇宙とはまた違った終わり方となる可能性の方が高いですね。
≪ 本当に「気が遠くなる未来の宇宙のはなし」です ≫の続きを読む

1 / 35123...102030...後 >>