SF」タグアーカイブ

Fri

08

Nov

2019

トム・ハザードの止まらない時間 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

夏の帰省時に買っておいた本の一つですが、ポケット版の大きさでSFファンではすっかりお馴染みの早川書房から出版された新しい?文庫スタイルのポケット版サイズというのが古めかしい感じだったのですが、よくよく出版日を見てみると2018年ということで、出版されたばかりの本のようです。邦題の「トム・ハザードの止まらない時間」ですが、原題は「How to Stop TIME」で題名からもタイムトラベラーかタイムスリップものかというのが容易に想像できます。ストーリーは遅老症(アナジェリア)を患った(という表現が正しいのか、病気の一つとして扱われています)主人公のトム・ハザードがヨーロッパ中世の1500年から現代に至るまでの人々との出会いと葛藤を中心に、同じアナジェリアの人々の組織との関りを描きながら進んでいきます
 同じく中世の時にもうけた一人娘のマリオンを探しながら生き抜いていくというのが、物語のもう一つの軸になっています。現代に潜んで生きているトムが自分の過去400年を振り返りながら進んでいくスタイルですが、中世のペスト禍やシェイクスピアとの出会いなど、要所にエピソードが盛り込まれていてどちらかというとビジュアル的な脚本を読んでいるかのような臨場感です。
 それもそのはず?で、この小説は既に出版前から映画化権が買われているとのことで、映画化もされる前提ということなのでしょう。最近はコンテンツの青田買いのようで、既にドラマ化、映画化というのが目につきますが、それはそれで小説の面白さの裏返しであればよいのではとは思います。
≪ 新しいタイムトラベラー「トム・ハザードの止まらない時間」 ≫の続きを読む

Sun

31

Mar

2019

パインズ ―美しい地獄―

こちらのパインズも年末年始の帰省時に購入しておいた書籍の一つですが、実は書評でミステリアスなシチュエーションでラストのどんでん返しがあるということで、非常に楽しみに読み始めました。導入はアメリカのとある田舎町で主人公が交通事故から目覚めるところから始まります。そして、その田舎町であるパインズから外部との連絡が取れず逆に外部からも彼の消息が掴めなくなっているというのが、町の中からと外からの描写で進んでいきます。ここら辺、何か昔に観たようなドラマのシチュエーションでもあるのですが、途中で何やら違うぞというのが、同じくパインズから出られなくなり潜伏しているもう一人の女性が主人公とは違う時間軸ということで、何やら時間の進み方がおかしくなるという要素もあるのが示唆されます。そんな中で、その女性と脱出を試みる過程で、脱出者を血祭りに上げるといういびつな町の秩序から、カルト集団なのかという示唆もあり、本当にこの町の存在や外部との関りがさっぱり予想できずに進んでいきます。
 そして、とうとう主人公が町と外部とを隔てるフェンスに辿り着くにあたり、高圧線で外部と遮断されている境界が明らかになり、やっぱりこの町は何らかの目的で意図的に隔絶されているのが分かってきます。それでもこのパインズの意図が分からないまま進むのですが、周囲を崖で囲まれている町から脱出する際に崖を超える逃避行の中で、得体の知れない怪物が出てきて、主人公はそれらとも闘いながら逃避行を続けます。その怪物の存在が、これまた現代の常軌を逸しており、SF要素を予想させつつ最近見た三部作映画のメイズランナーのようなシチュエーションなのかとも予想させます(結果的にこの予想が大分近い予想ではあったのですが。。。)※ちなみに「続きを読む」で結末に触れていますので、この楽しいSFの読書の楽しみを取っておきたい方は、先に本書を読むことをお勧めします!
≪ 究極の”シチュエーションSF!”「パインズー美しい地獄ー」 ≫の続きを読む