月別アーカイブ: 2013年3月

Sun

31

Mar

2013

130331_bigrainbow3763.jpg

空港からの道は休日のせいもありいたって順調でしたが、ジャカルタは雨上がりだったようで、市内に近付くにつれ大きな虹が掛かり始めました。ちょうど夕暮れ間近の時間だったせいもあり、沈みゆく太陽に照らされた虹は半端なく大きく、地面から半円がくっきりと見えていました。しかも色も幅も大きくて、場所によっては手前にもうっすらと二重に掛かっていました。これは間違いなくこれまでの人生で一番最大級でかつ綺麗な虹だったのは間違いありません。

≪ バリの帰り道のジャカルタ市内での大きな虹! ≫の続きを読む

Sun

17

Mar

2013

130317_krawanggolf20130317-01753.jpg

先月に引続き、ドーハでお世話になった方がインドネシアに来られたので、ゴルフをさせてもらいました。今回はホームグラウンド(といってもまだたったの3回目ですが)のカラワンゴルフ場で、朝の8時半というかなり遅めのスタートです。 今日は時間も遅いということもありましたが、雨季も終盤で風もなく非常に暑いコンディションでした。そのせいかはともかく、後半の途中ホールでなんと脚がつってしまうハプニングがありました。何とも普段の運動不足が露見してしまい恥ずかしい限りでしたが、何とか最後まではプレーすることができ良かったです。途中、パーのホールも一回ありベストスコアには届かなかったもののまずまずの128でした。

≪ Karawang International Golf[スコア128] ≫の続きを読む

Thu

14

Mar

2013

カラワンの虹と夕焼け模様

130314_karawangrainbow01724.jpg

最近は雨季も終盤の兆しが見えてきたのか、雨が降っても夕方にスコールのようにまとめて降るという本来の振り方に戻ってきたようです。スコールの後の日没前に、虹が掛かっていました!虹を見るのは去年のブランパナン遺跡で見て以来ですが、何も遮る物がないカラワンなので、空一杯に半円の虹を見ることができました。写真は残念ながらスマホでしか撮れませんでしたので、一部分で写りも今一つです。

≪ カラワンの虹と夕焼け模様 ≫の続きを読む

Sun

10

Mar

2013

130310_santouka3298.jpg

数ある日本の進出ラーメン屋の中でも真打ちとも言えるラーメン山頭火に行ってきました。場所はプラザインドネシアの5階にあり、このショッピングモールもジャカルタの中では代表的なモールの一つですから、お店の場所も真打ちに相応しい感じですね。お昼過ぎでしたが、既に満席で10分程度並んでからテーブル席につきました。並んでいる時にオーダーを取っていたせいか、席に着くとすぐにラーメンが運ばれてくる回転の良さは、日本式に鍛えられているのでしょうか!?

≪ ジャカルタで一番!?らーめん山頭火 ≫の続きを読む

Sat

09

Mar

2013

ファタヒラ広場からジャカルタのコタ観光

130309_kota3217.jpg

今日はジャカルタ観光をしたいというかみさんの経っての希望により、地球の歩き方を見ながらコタを中心にジャカルタ観光をしてみました。住んでいるのに今さら観光というのもないかと思いきや、コタ駅やファタビラ広場などは通り掛かったこともありません。実際にファタビラ広場に着いてみると、普段はあまり見掛けない欧米人の観光客や地元インドネシアの修学旅行の子供達などが大勢居て、ジャカルタ中心部のオフィス街やショッピングモールとは違った賑わいをみせていました。

≪ ファタヒラ広場からジャカルタのコタ観光 ≫の続きを読む

Thu

07

Mar

2013

新海誠のアニメ作品を観てみました!

130307_shinkaimakoto00.jpg

新海誠監督の代表作の一つである「秒速5センチメートル」を観る機会がありました。少し前に「雲のむこう、約束の場所」という作品も観てみたのですが、今回の作品も同様に美術というか映像が奇麗でハッとさせられる程です。2つの作品の感想は後述するとして、ストーリーは賛否両論あるやも知れませんが(私は個人的にはどちらも好きでしたが)この奇麗な映像だけは、観たことがある方は異論ないのではないでしょうか。日本のアニメもすっかり代表文化のように扱われ世界各地でファンがいる今日この頃ですが、新海誠監督の作品はその中でもアニメの特徴を活かしきった構図や美術に、アニメファンやオタクでなくても魅了されてしまいます。

≪ 新海誠のアニメ作品を観てみました! ≫の続きを読む

Wed

06

Mar

2013

世界初!天体望遠鏡博物館と懐かしのBORG

130306_tentaiboenkyo.jpg

先日のジャカルタ新聞の記事に、日本の香川県のさぬき市で、町興しを兼ねて廃校を利用した天体望遠鏡博物館なるものを設立準備中とありました。非常に興味深く読んだのは、かくいう自分も天体望遠鏡を持っていてジャカルタの自宅にセットして置いてあるからです。といってもジャカルタの空のコンディションの悪さ(ガスっているうえに終始街明かりで明るすぎる)に一度も覗いていませんでした。 そんな記事もあり、たまたま月が満月に近くてよいコンディションだったので、数年振りに月を覗いてみました。

≪ 世界初!天体望遠鏡博物館と懐かしのBORG ≫の続きを読む

Mon

04

Mar

2013

ジャカルタの摩天楼となる超高層ビル

130304_SignatureTower0603.jpg

幾つかのプレス発表があったようですが、インドネシアのジャカルタでは600m超のシグネチャー・タワーをはじめとしてここ3年以内に150mを越える超高層ビルが150棟と今の倍以上に増えるとのことです。ジャカルタに実際に住んでいる身ですから、プレスで言われるまでもなく市内のあちこちで、オフィスビルだけでなくマンションもニョキニョキ建っている今日この頃なので、体感的にはプレス発表以上に建設ラッシュに沸いているのが実感できます。先に駐在していたドーハやお隣のドバイもそうだったのですが、一気に何十もの超高層ビルを建ててしまうパワーには、本当に頭が下がります。

しかし今現在でも、このスマンギあたりは超高層が立ち並んで一画だけで見れば東京の新宿あたりと変わらない雰囲気なのに、さらにビルが倍増すれば、ニューヨークやシカゴのようなスカイスクレイバーの景観と肩を並べる勢いになるのは間違いないでしょう。

≪ ジャカルタの摩天楼となる超高層ビル ≫の続きを読む

Sun

03

Mar

2013

ジャカルタ水族館 SeaWorld Indonesia

130303_seaworldindonesia3121.jpg

昨年の9月に海水浴に行ったきりだった北ジャカルタのアンチョール公園に、今度は水族館であるSea World Indonesiaをメインに行ってきました。ローカルの水族館ということで、正直全く期待せずに行きましたが、車寄せに降りてみるとなかなか立派なゲートで、結構中身が濃そうなマップが掲示してあったので、俄然期待値が上がりました。チケットは建物の中に入り左手で購入します。2歳までは無料ですが、それ以外は大人と同じ一人700円です。早速館内に入ると、水族館特有のほの暗い中になかなかきれいなデコレーションがしてある水槽があり、レッドアロワナや淡水魚最大と言われるピラルクーなどの水槽があり、雰囲気を盛り上げます。実際、水槽も曲面を多用したアクリル水槽で、日本の最新鋭の水族館と比べても見劣りしません。

≪ ジャカルタ水族館 SeaWorld Indonesia ≫の続きを読む

Sat

02

Mar

2013

コスプレイベント in Gandaria

130302_cospraygandaria3076.jpg

ガンダリアシティのフードコートで昼飯を食べていたら、何やらコスプレをした若者達が散見されました。どうやらショッピングモール最上階にあるイベントホールから、溢れ出てきている模様です。早速、上階に様子を見に行くとCLAS:H Cool Tokyo Experienceと称するイベントが開催中で、要は日本のアニメを中心としたキャラクターのコスプレイベントを一緒に開催しているようでした。 日本のクールというとアニメは欠かせないものの1つとなっているようですが、世界的に認知されているジブリのアニメから、一部のディープなマニア向けまでとジャンルは多様なようです。その中でインドネシアの若者がコスプレしているのはディープなジャンルが中心のようで、ほとんどは何なのか判別できませんでした。しかし、以前にモナスで開催されていた日本祭りでもコスプレを見かけましたし、こちらの若者はコスプレ好きなのでしょうかね!?

≪ コスプレイベント in Gandaria ≫の続きを読む

Fri

01

Mar

2013

雨季のカラワンの雲と空模様

130301_karawangcloud01630s.jpg

まだまだ続いているインドネシアの雨季ですが、この季節特有なのか雲の表情が特に豊かになっています。都会のジャカルタではあまり気付きませんが、郊外のカラワンあたりだと建物が少ない分、雲の存在感が非常に増している感じです。 平日なので一眼レフで撮影できないのが、非常に残念ですが、Black BerryのHPでもこの雲のダイナミックな感じが伝わるでしょうか。同じ一日の間でもどんどん雲の形も変わりますし、雨が降る前や降った後などは、特に面白いですね!日本の夏の終わりの入道雲を更にスケールアップした感じです。

≪ 雨季のカラワンの雲と空模様 ≫の続きを読む