その他海外旅行記

Sat

05

Oct

2019

出張で長期滞在しているオランダの片田舎の工業地帯のシッタートヘレーンですが、今週は週末を挟んで滞在しています。そこから車で20分ほどのところにあるマーストリヒトは、オランダでも観光地として人気のある古都ということで、週末を利用して観光してみることにしました。今週は雨が多く肌寒い日々が続いていてちょっと出歩くのが億劫な感じだったのですが、今日はたまたま雨も降らず天気も持ちそうでしたので(といっても分厚い雲に覆われていてお日様は出ていない感じです)、散策にはちょうど良かった感じです。
≪ オランダの古都マーストリヒト散策 ≫の続きを読む

Thu

04

Jan

2018

年末年始も日本と違って、大晦日と元旦休みしかないのが常の東南アジアですが、学校は休みですので、今週末は休みをつなげてペナンへドライブ旅行をしてきました。ペナンと言うと、世界遺産のあるジョージタウンやリゾートなど何でもあるような島のイメージで、観光地の印象なのですが、ペナンの日本人学校もあるそうなのでそれなりに工場など職場もあるようです。
 クアラルンプールからペナンまでは、高速を使って車で3時間半ぐらいで行けてしまいます。ということで、今回も自家用車で行くことにしました。朝の7時過ぎに出発して、こちら方面にお出かけの際には朝食を食べるためによるドライブインでローカルブッフェを食べて出発です。高速網が発達しているマレーシアですが、Wazeで「次の左折まで300km以上、直進です!」と明るく言われると本当にまっすぐに高速が伸びているのだなーと感心させられます。日本のように頻繁に料金所もありませんし、時期と時間を気をつければまず渋滞にあわないマレーシアは、ある意味、日本より快適な車社会だといつも思ってしまいます。
≪ 食と世界遺産ペナン旅行ー1日目 ≫の続きを読む

Tue

04

Nov

2014

s-IMG_9107

予定外の4日目滞在となりましたが、昨日までの曇天と強風が嘘のような晴天です。さすがにこれだけの飛行日和であれば問題ないだろうということで、結局、ゆっくりとブレークファーストを取ってから空港へ向かいました。唯一の懸案だった上の子供の学校は、お昼から出れば出席扱いにしてくれるということで、今年ずっと続いている皆勤賞も一先ず安心です。
 マニラからの飛行機もほぼ定刻通りに飛来して、出発も定刻通りでした。昨日、強風で飛べなかったのが嘘のような台風一過の晴天で、こちらのバタネスに来てからこれだけ晴れているのも初めてかも知れません。
≪ フィリピン最北の島!バタネス旅行(予定外の4日目) ≫の続きを読む

Mon

03

Nov

2014

s-IMG_9046

今日はバタネス最終日ですが、マニラ行きの便が朝の8時過ぎのため、7時前には宿を出ることにしました。それでもバスコ空港は街の中にあるような感じなので、車で数分です。(はっきり言って荷物がなければ歩いて行けます)最後のフレンチトーストを頂いて、空港に行きました。バスコ空港はカウンターに何とパソコンが1台もなく、チェックイン業務は全て紙とペンの手作業です。去年まではそれでも余裕だったのかも知れませんが、さすがに今回は混雑している模様でした。それでも待合室で待つ時間が結構ありました。飛行機は待合室のすぐ目の前に着くので、全く慌てる必要性はないのですが。
 遅れる事、数十分で飛行機が到着したものの何故か荷物を積みいれる気配がありません。ようやくアナウンスがあったのですが、どうやら台風が近づいているらしく、風が強くて離陸できないとのこと。そういえば今更気づきましたが、朝から風が強くなっていた感じです。それでも雨も降っていませんでしたし、そのうち飛び立つだろうと、気長に待つことにしました。
≪ フィリピン最北の島!バタネス旅行(3日目) ≫の続きを読む

Sun

02

Nov

2014

s-IMG_8985

バタネス2日目は、前日にロッジで申し込んでおいたサブタン島(Sabtang Is.)ツアーです。バタネスはバスコのあるバタン島(Batan Is.)、州最大の島イトバヤット島(Itbayat Is.)サブタン島(Sabtang Is.)の3つがメインの島で、あとは小さなその他の島で成り立っています。今回は、旅の目的の一つでもあるヤシガニ(ココナッツクラブ)を食べたいというのもあったので、サブタン島のツアーにしました。サブタン島へはバタン島の南端にあるイバナ(IVANA)という港町から船で30分位です。しかし、この船が乗り合いなのですが、朝の7時には出るため、バスコから40分掛かるので6時過ぎには宿を出発です。宿ではあまり意識しませんでしたが、島中の観光客が集まるせいか、渡し船のバンカーボートは超満員で難民船のようでした。
 サブタン島についてからは、なんとジプニー1台が貸切りでした。バタン島も相当人が少なく感じましたが、ここサブタン島は更に人も少なく、道路も未整備な印象です。ガイドのお兄さんによると、バタネス全体で人口は16,000人居ますが、サブタン島には2,000人しかいなく、若い人は都会に出ていくため、人口減が進んでいるとのことでした。それでも小さい町には学校が必ずあり、子供の姿があるのはフィリピンならではです。
≪ フィリピン最北の島!バタネス旅行(2日目) ≫の続きを読む

Sat

01

Nov

2014

s-IMG_8651

週末の祝日と何故か日本人学校が3日の月曜日が休日でしたので、フィリピン最北の島であるバタネスに行ってきました!この島は実は地球の歩き方にも掲載されておらず、観光地としてはほとんど知られていない島のようなのです。私の家族ドライバーの田舎に近く、いつも「どこか(フィリピン旅行で)良い場所ない?」という会話で、この島を強く勧められていたので、今回の旅行が実現した次第です。マニラからは、ターミナル3発のプロペラ機で小1時間ちょっとでしょうか。場所はフィリピンの最北で、台湾との国境に近い場所にあります。 正確にはバタネスは、バタネス州というフィリピン最小の州で、幾つかの島からなっており、本島であるバタン島のバスコという街の飛行場に着きます。何でもストーンハウスという石積の家が名物とのことで、空港もストーンハウスを模した造りです。とにかく、この島はフィリピンらしからぬ治安の良さ(なんと無人販売所などもある!?)と街並みの綺麗さ、そしてリゾート化されていない自然の美しさがあるということなので、非常に楽しみな反面、不便だろうなと期待半分、不安半分で、訪れてみました。
≪ フィリピン最北の島!バタネス旅行(1日目) ≫の続きを読む

Sun

20

Apr

2014

s-IMG_7765

最終日の今日は、早起きして早朝の洞窟探検ツアーに参加してみました。といっても本島周辺にある洞窟に海からボートで入ってみるという、簡単なものですが。。。と思って参加してみました。このアプリット島に限らずなのですが、エルニド周辺の島々は綺麗な白い砂浜のビーチと、海から切り立った岸壁がそり立っているという奇観が共存しているのが特徴です。そのため、砂浜のビーチとそれらの絶壁の風景の2つが楽しめる場所とも言えます。
 今回も島からは徒歩で近づけないそれらの絶壁へ、海からボートで行ってみるというツアーでした。ただし、洞窟によっては既に浸食されて近づけないものや、時間帯によって入口が潮で塞がれてしまう所などもあるようで、今回は数ある洞窟から3か所程度を訪ねてみました。
≪ エルニドアプリット島旅行4日目 ≫の続きを読む

Sat

19

Apr

2014

s-P4190558

三日目の今日の朝も、コテージから海を覗くと何とエイと小さいシャークがすぐそばまで来たのが見えました!しかもカメラを構えて写真を撮る余裕があるほど、うろうろしていました。今日は朝ごはんの後に、昨日シュノーケリングできなかった同じアイランドホッピングツアーに参加してみました。
 今回はきちんとシュノーケリングの用意をしていきましたので、無人島周辺の素晴らしい珊瑚を満喫することができました。もちろんコテージの下にも、アプリット島周辺にも十分な珊瑚はあるのですが、アイランドホッピングで回る島々は、無人島ということもあり、本当に自然で壮大な普段というか今後の人生で見られないのではと思うような珊瑚礁を見ることができました。普段はプールすら入らないかみさんや顔を水に付けられない2歳の下の息子まで、総出でシュノーケリングして大興奮してしまいました。ちなみに波はプールのように穏やかなので、初心者はもちろん赤ん坊でも浮き輪やライフジャケットを付ければ問題なく海に入れます。ここら辺もフィリピンの島のリゾートの凄いところでしょうか。 ≪ エルニドアプリット島旅行3日目 ≫の続きを読む

Fri

18

Apr

2014

s-P4180286

今日は、朝からコテージのバルコニーの上からパンくずを落とすと魚の群れたちが集まってくるのが見えました!昨日、島のスタッフからパンくずを落とすと魚が群がるよと聞いていたので落としてみると、ほんとに魚が群がってきます。しかもコテージのすぐ下です。いやー重ね重ね魚が沢山見れて、ため息ものです。と、ため息ついて感動している暇も惜しいので、朝食の後はカヤックで近くの海に出てみました。
 ちなみにこのアプリットアイランドでは、3回の食事もアクティビティも全て無料です。もちろん一島リゾートなので、他に食べるところも行くところもないので、当たり前かも知れないのですが、一々追加料金の心配をしないで済むのが嬉しいです。しかも、シュノーケリング用の道具も全部ただで貸してくれます。子供用のアクアシューズまでありました。
 リゾート前の浜辺には、膝の高さのところまで30センチちかくあるサヨリの群れが回遊してます。海も綺麗だということがあるのでしょうが、これだけ魚が近くで見れるというのは凄いことです。 ≪ エルニドアプリット島旅行2日目 ≫の続きを読む

Thu

17

Apr

2014

s-IMG_7573

ここフィリピンでは、昨年のクリスマス以来の(というかずっと続いているような)大型連休のホーリーウィークとなりました。日本のゴールデンウィークが無い代わりの一足早い連休でしょうか。昨年の赴任後に慌てて取った、パラワン島のエルニドにあるアプリット島のリゾートに行ってきました。クリスマスと並んでの大型連休のため、半年以上前からでもホテルなどの予約は難しいため、ここもたまたまホテルが空いていたので何も考えずに取った経緯があります。それでもホテルを取った後に、パラワン島はフィリピンの中でも格別に綺麗な海だとか、エルニドが一番良い場所だとかいう話を聞いてきたので、到着する前からかなり期待感が高まっていました。
 まずは移動手段がエルニド空港まで小型の飛行機で、マニラ空港のプライベートターミナルなる場所から旅立ちます。プライベートターミナルというだけあって、予約したグループごとにラウンジの席が確保してあったりとリゾートの雰囲気を出発前から楽しめる演出はなかなか良いものです。

≪ エルニドアプリット島旅行1日目 ≫の続きを読む

Thu

26

Dec

2013

131226_ubudtrekking6417.jpg

今日も無事に朝から晴れて、昨日から続いた晴れ模様で一番のトレッキング日和となりました。ということで、以前からネットで見つけて予約していたJALAN JALAN UBUDというサイトのトレッキングツアーに参加しました。ツアーといってもプライベートツアーのようで、参加者は我々のみでガイドのKadekさんがホテルまでピックアップしてくれて、そのままスタート地点の寺院に行きます7時半ピックアップでスタートは8時となりましたが、まだ気持ちいいぐらいの気温が残っています。ちなみにガイドのKadekさんは奥様が日本人でガムランの演奏などで日本には4回ほど行っているそうで、非常に上手な日本語で丁寧にガイドしてくれます。スタート地点の寺院から続く石畳の歩道を行くこと10分ほどでこれぞウブド!という感じのライステラスが広がってきました!

スバックというのはウブド独自の水利システムのことのようで、すでに2012年に世界文化遺産に登録されているとのことです。昔は日本にも見られただろう田んぼのあぜ道を利用した小川がどこまでも続いていて、小川のせせらぎとトンボやチョウの昆虫の気配とで何とも言えない世界観が広がる場所です。

≪ ウブド旅行3日目-スバックトレッキング- ≫の続きを読む

Wed

25

Dec

2013

131225_kecakdance6337.jpg

夜は前回のバリ旅行でも見たいと思っていたケチャダンスを見てみました。夜の7時半開始というので早めにウブドパレスに向かいましたが、会場のハノマン通りのお寺では既に始まっていた模様でした。観光地であるショッピングストリート周辺では、沢山ケチャダンスを始めとする伝統舞踊の催しが毎晩のようにあるようでしたが、今回はパダンテガル カジャ集会場で開かれていた「ケチャとファイヤーダンス」という1時間前後でケチャサンヒャン ドゥダリ ダンスサンヒャン ジャラン ダンスと3つを楽しめるプログラムにしました。

≪ ウブド旅行2日目-夜の見物ケチャダンス- ≫の続きを読む