ポーランド駐在記

ポーランド駐在の記録です!

Sun

31

May

2020

世界で最初の世界遺産!アーヘン大聖堂

先週からコロナの規制も世界的に解除されつつある世の中ですが、ここオランダもすっかり自粛ムードはなくなり通常の景色が戻りつつあります。滞在しているホテルにも家族連れの旅行者が大勢泊まって、週末の日中は周囲の散策をしている姿が目に付くようになりました。そんな状況もありましたので、今日はマラソンの後にドイツのアーヘンへ世界遺産であるアーヘン大聖堂の見学に行ってきました。
 ドイツといっても滞在しているHeerlenからAachenまでは車で20分程で、通勤先のUrmondと同じ程度です。夕方の4時過ぎに出掛けましたが、日が高いヨーロッパはまだ昼間のようで6時までオープンしているアーヘン大聖堂の見学には余裕で間に合いました。どこのヨーロッパの街も同じなのですが、駐車場を探すのに骨が折れます。今回も最初に目星を付けておいた駐車場が停められないということで、急遽違う場所を探す羽目になりました。結果としては停められた駐車場からアーヘン大聖堂のあるCityHallの広場までは5分ほどで行ける穴場でしたので良かったです。
≪ 世界で最初の世界遺産!アーヘン大聖堂 ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sun

17

May

2020

オランダに滞在し始めた去年の終わりから、春の終わりごろから食べれるホワイトアスパラガスは絶品だよという話は聞かされており、それでもその頃にはさすがにオランダにはいないだろうから食べれずに残念だねーという話をしていたのも束の間、あっという間にそのホワイトアスパラガスの旬の季節になってしまいました。
 実際には4月下旬頃から食べれるようですが、ここオランダもホテルのレストランが正式に再オープンしたのが先週からでしたので、早速レストランでの食事を週末に楽しんでみました。まずは金曜日の夜に仕事場の送別会を兼ねての食事会です。この季節の特別メニューということで、ホワイトアスパラガスのスープにホワイトアスパラガスの前菜、そしてヒレステーキにはホワイトアスパラガスが添えられており、普通にコースを食べるだけでホワイトアスパラガス料理を満喫することができました!
≪ オランダ名物!ホワイトアスパラガス料理 ≫の続きを読む

No tags for this post.

Wed

08

Apr

2020

復活の日 (角川文庫)

日本でもとうとう緊急事態宣言が発令されましたが、こちら欧州は既に各国がそれぞれに色々な宣言や対策を実行済みなのは周知の通りです。私個人の状況はというと、先月の第二週目にいつも通り!?週末を駐在先のポーランドで過ごすために出張先のオランダからドイツ経由で戻ったまでは良かったものの(もっとも既に戻る時点で隣国のチェコは入出国制限が発動されており、ポーランドも時間の問題ということで、週明けの戻りの時には、長期滞在用の荷造りをしなければとは考えていました)、いざヴロツワフについてみると飛行機で移動している間に、ポーランドも入出国制限が発令されており、次の日の土曜日の深夜である日曜日からは外国への飛行機が制限されるとのことでした。万事休すかと思いましたが、なんとかヴロツワフ発のオランダのエイントホーヘンという空港への直行便を捕まえることが出来て、一晩で滑り込みでオランダに戻ってこれたという次第です。
≪ コロナ禍の欧州から「復活の日」を思い出す日々 ≫の続きを読む

Sat

07

Mar

2020

地元韓国料理屋のNARUに続く近所で2軒目の韓国料理屋の「Dawon Restaurant」に行ってみました。実は先週に続いて2週連続なのですが、前回も食べたサムギョプサルと今回は韓国の家庭料理であるプテチゲにしてみました。この韓国料理屋ですが、WIS傍の自宅からだと場所はNARUより更に近く、車で10分ほどの近所です。NARUと似ていて鉄道の傍の奥まったところにあるのですが、冷静に考えてみるとNARUの鉄道と同じでしょうから直線距離ではNARUからも近いのかと思われます。
 門構えも特になく普通の一軒家を改造したお店のようです。コロナの影響もあってか、先週も今週も我々以外には客の姿はありませんでしたが、仕出し弁当の用意でちょっと忙しそうにはしている感じではあります。それでも全然、空いているのでしょう。先週と同様に家族4人で行くと、貸し切りの一部屋に案内してくれます。そこへおもむろにポーランド人のアルバイトのお姉さんが鍋やら鉄板、韓国焼肉の定番のナムルなどの前菜を持ってきてくれます。
≪ 近所の2軒目の韓国料理屋「Dawon Restaurant」 ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sun

02

Feb

2020

ヤフージャパンのニュースの見出し(といっても一応、一面ですがかなり下の方の記事ですが)に載っていたこの記事ですが、見出しをみた瞬間にかの衝撃的な小説であるトマス・ハリスの「ハンニバル」(最初に映画化された「羊たちの沈黙」の続編です。)を連想したのは私だけではないかと思います。読了したのは数年以上前ですが、レクター博士の元患者でまあ被害者(とも言えるが彼自身が相当な異常者?でもあります)でもある大富豪のメイスンが、レクター博士を捉えて復讐のためにその殺害方法を楽しむ手段として豚(確か品種改良された猪だったような記述もありますが)を飼っていてその豚に食わせるという内容でした。映画でも確かメイスンは最後、執事に裏切られて自分自身が豚に食べられてしまう内容だったかと思います。原作の小説を読んだときは豚が人を食べるのかななどと思ったものですが、今回の記事で実際に食べられた事件が起きたので、ちょっとびっくりというか衝撃的でした!しかもこのポーランドでしたので。。。
≪ ポーランドトピックス「豚に食べられた養豚家!」 ≫の続きを読む

Sun

26

Jan

2020

年明けの冷え込みの続くポーランドですが、丸一日家にいるのもつまらないので、サイクリングに出掛けてみました。2週間前くらいにも一度、サイクリングに出掛けているのですが、今回はその時に見掛けたビル?のような大きなモニュメントの正体を探りに行ってみることにしました。まだまだ相当寒いのですが、近所の公園にはちょっとした人混みのように地元ポーランドの人達が集まっているのにはいつも驚きます。こんなに寒いのに公園に来て散歩やサイクリング、おしゃべりをしているというのは、本当に散歩が好きなのですね。少しでも暖かくなったらさぞかし大勢の人手になるが容易に想像できます。
 目的のモニュメントは公園を突き抜けた更に先にあるのですが、かなり遠くからでも見える大きさなので道に迷いません。近づいて分かったのですが、なにやら大きな石造?のタワーのようなものでした。
≪ サイクリングで見つけた近所の巨大モニュメント ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sat

21

Dec

2019

ワルシャワ市内観光の後は、せっかく都会!のワルシャワに来たということで日本食レストランを目指しました。色々と事前に目星を付けていた中で、地元の方にも大人気という噂の讃岐うどんやラーメンが食べられるという「UKI UKI(UKI UKIうどん)」に行ってみました。場所は市の中心部といえるトラムもバスも走っているマルシャウコフスカ通りから10分ほど入ったところにあります。人気店ということで覚悟していきましたが、案の定、お店の前には地元ポーランド人の列ができていて、この寒い中で待つのは厳しいかと思いきやきちんとリストを取っていてかつ待っている間に暖かい日本の煎茶を振舞ってくれましたので、10分ほどでしたが待って入ることができました。
 お店はモダンなつくりで日本の渋谷や原宿にありそうな(といってもここ10年ほどは日本の事情を知らずに語っていますが)今風の飲食店という感じで、照明も明るく清潔な感じです。こんなワルシャワの一角でこんなお店があるとは驚きでしたが、お店の雰囲気だけではなく料理そのものにも驚くことになりました!
≪ ワルシャワの本格讃岐うどん「UKI UKI」 ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sat

21

Dec

2019

ワルシャワ市内観光(冬編1日目)

インターの冬休みで1週間ほど家族がワルシャワに滞在していたので(かく言う自分もウィークデーはワルシャワからドイツ経由オランダでヴロツワフには居ませんでしたが)、この週末はワルシャワ市内観光をしてみました。相変わらず雨が多い日々でしたが、土曜日の今日は雨も降らずに天気がもってくれました。そんな訳で、車はあったもののトラムとバスとメトロ(ポーランドもワルシャワには地下鉄があります!)で市内を散策することしました。ちなみにワルシャワでも範囲で種類が違うものの、全ての公共交通は一つのチケットでかつ1日券が15ズロチで帰るので便利かつお得です。ここら辺はもう本当に2000年代の前は共産圏だった面影はありません。
 最初に向かったのはポーランドと言えばやはりショパンと言うことでショパン博物館に行ってみました。ちなみに他に行ってみたいて思っていた戦争博物館やユダヤ人博物館はカミさんと子供だけで学校休んで昨日に行ってしまったとのことで(迫力もあって面白かったそうです)、いつか一人で行くことにします。
≪ ワルシャワ市内観光(冬編1日目) ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sat

30

Nov

2019

ヨーロッパの夜市!クリスマスマーケット

ヨーロッパのクリスマスの風物詩と言えば、クリスマスマーケットが定番とのことで、ここヴロツワでも既に旧市街のリネックで始まっているとのことということで、早速行ってきました。本当は暖かい昼の間に行きたかったのですが、ここ最近も急激に日が暮れるのが早くなり3時を過ぎると夕方で4時過ぎにはもう夜という状態ですので、結局、暗くなってから行くことになりました。リネック周辺は普段からも駐車が難しいので、自宅からはトラムで行きます。トラムの駅へ行くだけでも相当寒い思いをしたのですが、それでも気温はまだ氷点下にはいかない1℃あたりです。氷点下になったらどうなることやら先が思いやられますが。。。
≪ ヨーロッパの夜市!クリスマスマーケット ≫の続きを読む

Sat

05

Oct

2019

出張で長期滞在しているオランダの片田舎の工業地帯のシッタートヘレーンですが、今週は週末を挟んで滞在しています。そこから車で20分ほどのところにあるマーストリヒトは、オランダでも観光地として人気のある古都ということで、週末を利用して観光してみることにしました。今週は雨が多く肌寒い日々が続いていてちょっと出歩くのが億劫な感じだったのですが、今日はたまたま雨も降らず天気も持ちそうでしたので(といっても分厚い雲に覆われていてお日様は出ていない感じです)、散策にはちょうど良かった感じです。
≪ オランダの古都マーストリヒト散策 ≫の続きを読む

Sun

15

Sep

2019

初ワルシャワ!歴史地区散策

ポーランドに来て2週目の週末ですが、首都のワルシャワに泊りがけで来てみました。主たる目的は、ポーランド在住であればご存知かと思われますが、年に一度のソフトボール大会だったのですが、私のヴロツワフの某チームは和やかな雰囲気の中、特に勝利のモチベーションもなく大敗で終わってしまいました。それでもポーランドのソフトボール大会全体が家族向けのレクレーションと言った感じで、非常に楽しい雰囲気で面白かったです。
 という事で、次の日の日曜日は市内観光をしてみました。まず最初は共産時代の象徴とも言える文化科学宮殿(スターリンからの贈り物とのこと)の展望タワーに登りました。10時がオープンなのですが、ちょっと前に着いたものの既に4、50人くらいの観光客で混雑しています。エレベーターで展望台に登りと、ちょうど360度ワルシャワが一望出来るのですが、まだ高層ビルも少なく平原の国だけあって、どの方角も地平線が見えるので圧巻です。しかし、これだけ平原ばかりの国も珍しいと改めて思います。これも周囲の国から容易に攻められた歴史の一因なのでしょうか。
≪ 初ワルシャワ!歴史地区散策 ≫の続きを読む

Sun

08

Sep

2019

ポーランドのヴロツワフ空港に降り立ったのがちょうど丸1週間前の9/1でしたので、今日で1週間を過ごしました。初日の感想は既にアップしている通りなのですが、1週間ほど過ごした感想としては、また違ったものがあります。もちろん、月曜日から金曜日までは仕事で出勤していたので日中をゆっくり街中でというわけには行きませんでしたが、金曜日の勤務後に右側通行兼マニュアル車の練習をショッピングモールの駐車場でしてから車を運転したこの2日間はまた世界が広がった感じです。もっとも会社の人に乗せてもらってですが、客先への挨拶と現場巡りで既に近郊の町まで遠出済みではありますが、来週以降は自分の運転であの広大なポーランドの平原を高速で走れるのかと思うと、不安感より楽しみにの方が先に来てしまいます。
≪ ポーランド(ヴロツワフ)での1週間での感想 ≫の続きを読む