宇宙論」タグアーカイブ

Thu

21

Feb

2019

私たちは時空を超えられるか 最新理論が導く宇宙の果て、未来と過去への旅 (サイエンス・アイ新書)

こちらの本もすっかりお馴染みになった松原隆彦先生の書籍なのですが、最初は今まで読んでいた宇宙論の入門的な書籍でかつ最新の書籍ということで、何か焼き直しの知識でも書いてあるかなという程度で読み始めました。ところが、冒頭から相対性理論の宇宙船の浦島効果の話から具体的に宇宙の大きさを理解させるという糸口にすっかり没頭してしまい、これまた一気に読んでしまいました。本書は3部構成の非常に分かりやすい内容で、いわゆる時空とは何かと最新理論から導き出される時空を解明する糸口を丁寧に解説しています。第一部は未来と過去へ行ける可能性、いわゆるタイムマシンの話を糸口に現在考えられている時空の姿を説明していきます。いわゆる相対性理論のウラシマ効果で、未来へ行ける可能性はまあ読んだことがある方も多いのかと思いますが、それに加えてワームホールを利用した過去へのタイムマシンの理論的可能性が分かりやすく説明されており、初めて過去へのタイムマシンも理論的に可能性があることを知りました。
≪ 「私たちは時空を超えられるか」時空を超えたその先にあるもの!? ≫の続きを読む

Sun

14

Oct

2018

宇宙はどうして始まったのか

春先に読了した松原隆彦先生の「宇宙に外側はあるか」から興味が尽きない先生の宇宙論ですが、引き続きこちらの「宇宙はどうして始まったのか」も更に深化!?した宇宙論の本です。「宇宙に外側はあるか」より後の2015年に発行された書籍のようですが、内容は最新の宇宙論も織り交ぜており、主に宇宙の始まりのビッグバン理論から素粒子論、そしてもはや哲学の領域とも言える人間原理などについて、順を追って分かりやすく解説されています。そんな中でも特に興奮を覚えるのが、終盤の素粒子論からそもそも現実世界が理論的に!実在しているのか、などという曖昧かつ根源的な疑問に対して、あくまで物理と科学の視点で解説しているところです。それでも、宇宙論の究極でもある「宇宙の始まり」の疑問は、そもそも解決されるのかという遠大なテーマはなかなか方向性すら見えない感があります。そのように結局は疑問は疑問で終わってしまう宇宙論の書籍がほとんどの中で、本書で一番の驚愕しかつ核心に触れているのではと感慨深く読んだ箇所が、最後の方に松原氏が例えとして持ち出した「十分に賢いプランクトン世界」の架空の例え話のでしょうか。
≪ 宇宙はどうして始まったのか ≫の続きを読む

Tue

17

Jul

2018

ネットの大学講座COURSERAで宇宙論!

宇宙論を読み漁っていた勢いで、春先に日経新聞で紹介されていたのをきっかけにネット上の大学通信講座の一つ(いわゆるMOOC:ムークの一つ)であるCOURSERAで村山斉先生の”From the Big Bang to Dark Energy(ビックバンからダークエネルギーまで)“を受講していたのですが、ようやっと修了することが出来ました!このCOURSERAですが、もちろん基本は無料なのですが、講座料を支払うと修了証を貰えるということで、49$ほどでしたがやはり無料だとモチベーションも続かないだろうということで、講座料を支払って始めてみました。支払いが今年の5月10日でしたので、修了証を貰った7月17日まで述べ2か月ほど掛ったという感じです。実は一度だけどうしてもテストの提出期限に間に合わなかったので、Sessionを延期して対応しています。あれだけ宇宙論の書籍を読んでいましたし、講座の先生である村山斉氏の書籍も読んだばかりだったので、余裕だろうと高を括っていたのですが、講座の内容が英語だったというのを差し引いてもやっぱり難しかったです。内容は宇宙論のおさらい的な点もあって、正直楽しく!?受講できたのですが、単元ごとにある課題テストはさすがに難しいのも多く、満点はほとんどとれませんでした。それでも、著者の村山斉先生の講義が生!?で聞けたというのは感慨深いものです。そもそも東大の講座なので、昔だったら東大に入らないと一生、講座を聞く機会などなかったでしょうから。
≪ ネットの大学講座COURSERAで宇宙論! ≫の続きを読む

Wed

16

May

2018

ここのところ続けて宇宙論の書籍を読み進めていましたが、流れは同じものの、一度、物理学の視点からの書籍ということで、松浦壮氏の「時間とはなんだろう」を読んでみました。”はじめに”のところで「最先端の物理学は、人類史上初めて、時間の真の正体を捉えつつあるという静かな興奮の中にいます」とあり、古来から自分を含めて世界中の老若男女が一度は思ったであろうこの問いかけに答えが見えつつあるというのは、静かな興奮どころか大興奮ではないでしょうか!?
 と言う事で、本文を読む前から物凄い期待をしつつも、数ある宇宙論書籍で読み尽くした感のある古典物理学から量子力学のおさらいで終わるのかなと(もちろんそれはそれで何度読んでも飽きないので、何冊も宇宙論の入門書を読んでいる訳なのですが)思いつつ読み始めました。
≪ 時間の正体が分かった!?「時間とはなんだろう」 ≫の続きを読む

Mon

02

Apr

2018

宇宙に外側はあるか?

去年から何冊か宇宙論の書籍を読む機会がありましたが、最新宇宙論はどれも興味深い反面、やはり内容はどれも似たような内容になりがちで、最近は若干食傷気味な読了感でした。そんな中で、あまり期待しないで読み始めた本書「宇宙に外側はあるか」でしたが、最新の宇宙論の解説を分かり易くしつつも、切り口が異なり読んでいる最中も夢中になってしまいました。というのも、どうしても宇宙論は物理学的切り口が主体となりがちで(当然のことだとは思いますが)、我々のような一般人が素朴に知りたい疑問とはかけ離れていく感じが否めませんでした。私が宇宙論で大好きな「眠れなくなる」の佐藤勝彦先生の書籍でさえ、その傾向はあります。そんな中で本書は、物理をさっぱり分かっていない!?我々のような一般人が知りたいこと、まさに「宇宙に外側はあるか?」そのものなのですが、その答えに大分肉薄しているように思えます。
≪ 宇宙に外側はあるか? ≫の続きを読む

Mon

22

Sep

2014

夏休みに実家に帰省した際に父親が読んでいたのを見て、タイトルからもう読みたくてたまらなくなり、その場でスマホで発注して買ってしまった本です。こちらに戻ってきてじっくりと読みましたが、いわゆる宇宙論の最新版なのですが、焦点は宇宙の始まりに力を入れています。タイトルから期待するに宇宙が始まる前の事象や状態の話かと思いきや、やはりここら辺の世界になってくると宗教や哲学と同じ土俵?の話になってきて、科学論という枠から随分はみ出さざるを得ない印象があります。それでも筆者の科学者らしい立場から、宇宙の始まりを宗教や哲学とは似て非なるものという論理的推論から解き明かしていきます。結論としてはビックバンがどのようにして「無」から始まったかを、最新の量子論や観測による研究から比較的わかりやすいタッチで解説してくれています。

≪ 最新宇宙論「宇宙が始まる前には何があったのか?」 ≫の続きを読む