日別アーカイブ: 2020-05-02

Sat

02

May

2020

時間はどこから来て、なぜ流れるのか? 最新物理学が解く時空・宇宙・意識の「謎」 (ブルーバックス)

しばらく振りですが物理学の文芸書!?とも言える本書を手に取ってみました。宇宙論や物理の本に興味があるといっても仕事や勉強で物理を使うような場面はないため、(一応、理系なのですが)文系の方々と同じようなスタンスで読める本でないととても手を出せないという前提があります。そんな方々にも十分読める本書は例によって数式などは一つも使わずに難解な?物理の解説を試みている書籍といえます。内容はタイトルにある通り「時間」についての物理学的なアプローチからの解説書になるのですが、一年以上前に読了した「時間とはなんだろう」と比べてもかなり進んだトレンドの内容になっています。
 当時に「時間とはなんだろう」を読了した後はだいぶ「時間」の正体に近づいていると感動したものですが、本書を読むとそもそも少し前まで(一般人たる)自分にとっては最新!の宇宙論、物理学だと思っていた内容が既に古典的な理論として紹介されています。具体的には相対性理論はともかくとして、量子論そのものも古典的な解釈と最新のトレンドたる「場」の考えから考える量子論があるということで(よく理解していないので、違った理解かも知れませんが)、ここら辺からして大分、今まで読んできた書籍と内容が違うなという感じです。
≪ 場の量子論の入門書「時間はどこから来て、なぜ流れるのか?」 ≫の続きを読む

No tags for this post.