年別アーカイブ: 2020年

Sat

14

Mar

2020

中国発の衝撃SF大作「三体」

三体

この「三体」ですが、去年の暮れからずっと読みたくて年明けに遊びに来た親戚にわざわざ持ってきてもらった書籍の一つです!文庫本ではなくハード装丁で重かったようで申し訳なかったのですが、内容も期待通りの重厚さのある面白さでした。中国読み物らしく!?いきなり文化大革命の凄惨なエピソードから導入されるあたりは、SFらしからぬ感じがしますが、文革で命を落とす主人公の少女の父親が著名な天文の理論物理学者というところから、なにか宇宙に関連するSFを期待させる展開を感じさせます。その後、文革で波乱万丈の生涯を余儀なくされる少女の人生を辿る形で展開される物語は、やがて天体物理学を修める少女が文革の最中でも別世界的に隔離されている巨大なアンテナ基地である紅岸基地へ招聘されるところから、SFチックな展開が増していきます。その紅岸基地の真の目的が地球外生命体とのコンタクトというところまでは、何となくお決まりの展開とも言えますが、実際にはアンテナ程度では隣の恒星である四光年先にも届かないことなど、ハードSFを思わせる検証に基づいてやがて衰退していくプロジェクトとなるのですが、そこは実はとんでもない事実が現代の別の主人公であるナノテクノロジーの応用研究者の目線から辿っていくことで明らかになっていきます(この先はネタバレですので、未読の方はご注意ください)。
≪ 中国発の衝撃SF大作「三体」 ≫の続きを読む

Sun

01

Mar

2020

久し振りの天体望遠鏡BORGで月面観察!

もう一つの隠れた趣味!というほどではないのですが、海外駐在以来、ずっと持ち歩いている天体望遠鏡(後述のBORGというブランドです)を久し振りに覗いてみました。この天体望遠鏡ですが、記憶が間違っていなければ社会人になった年に取得した一級建築士の合格祝いに両親に買ってもらったもので、今に思えば薄給とは言え社会人になっていたのによくも親に買ってもらえたものだと呆れてしまいますが、それだけ欲しかったということなのかと思います。天体望遠鏡自体は小学生の頃に親戚の人からもらった古いものを一つ持っていて、鏡筒や赤道儀なんかは確か錆が酷くてほとんど使い物にならなかったような記憶もあります。かと言ってかれこれ既に二十数年前に買ってもらったこの天体望遠鏡を活用していたかというとそんなこともなく、社会人の忙しさにかまけて、ほとんど眠っていたような感じでした。
≪ 久し振りの天体望遠鏡BORGで月面観察! ≫の続きを読む

Fri

28

Feb

2020

高機能トイレ!ドイツの自動回転する便座

少し前にドレスデンへ旅行に行った際にかみさんと親戚からドライブインに便座が自動で回るトイレがある!と話していたのを聞いていたのですが、その時は何のことだろうかピンと来ていませんでしたが、ドイツのデュッセルドルフのモールの有料トイレでとうとう見つけてしまいました!一体便座が自動で回るというのはどういうことかと、なかなか想像つかないものですが、目の前で実際に動くのをみるとなかなか衝撃的です。
 高機能トイレといえばウォッシュレットをはじめとした、便座が自動で開くなど日本の独壇場かと思っていましたが、ウォッシュレットこそ普及していないヨーロッパですが、なんと便座を自動で洗浄してしまうトイレがあったというのは驚きです。
≪ 高機能トイレ!ドイツの自動回転する便座 ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sun

02

Feb

2020

ヤフージャパンのニュースの見出し(といっても一応、一面ですがかなり下の方の記事ですが)に載っていたこの記事ですが、見出しをみた瞬間にかの衝撃的な小説であるトマス・ハリスの「ハンニバル」(最初に映画化された「羊たちの沈黙」の続編です。)を連想したのは私だけではないかと思います。読了したのは数年以上前ですが、レクター博士の元患者でまあ被害者(とも言えるが彼自身が相当な異常者?でもあります)でもある大富豪のメイスンが、レクター博士を捉えて復讐のためにその殺害方法を楽しむ手段として豚(確か品種改良された猪だったような記述もありますが)を飼っていてその豚に食わせるという内容でした。映画でも確かメイスンは最後、執事に裏切られて自分自身が豚に食べられてしまう内容だったかと思います。原作の小説を読んだときは豚が人を食べるのかななどと思ったものですが、今回の記事で実際に食べられた事件が起きたので、ちょっとびっくりというか衝撃的でした!しかもこのポーランドでしたので。。。
≪ ポーランドトピックス「豚に食べられた養豚家!」 ≫の続きを読む