月別アーカイブ: 2019年3月

Sun

31

Mar

2019

パインズ ―美しい地獄―

こちらのパインズも年末年始の帰省時に購入しておいた書籍の一つですが、実は書評でミステリアスなシチュエーションでラストのどんでん返しがあるということで、非常に楽しみに読み始めました。導入はアメリカのとある田舎町で主人公が交通事故から目覚めるところから始まります。そして、その田舎町であるパインズから外部との連絡が取れず逆に外部からも彼の消息が掴めなくなっているというのが、町の中からと外からの描写で進んでいきます。ここら辺、何か昔に観たようなドラマのシチュエーションでもあるのですが、途中で何やら違うぞというのが、同じくパインズから出られなくなり潜伏しているもう一人の女性が主人公とは違う時間軸ということで、何やら時間の進み方がおかしくなるという要素もあるのが示唆されます。そんな中で、その女性と脱出を試みる過程で、脱出者を血祭りに上げるといういびつな町の秩序から、カルト集団なのかという示唆もあり、本当にこの町の存在や外部との関りがさっぱり予想できずに進んでいきます。
 そして、とうとう主人公が町と外部とを隔てるフェンスに辿り着くにあたり、高圧線で外部と遮断されている境界が明らかになり、やっぱりこの町は何らかの目的で意図的に隔絶されているのが分かってきます。それでもこのパインズの意図が分からないまま進むのですが、周囲を崖で囲まれている町から脱出する際に崖を超える逃避行の中で、得体の知れない怪物が出てきて、主人公はそれらとも闘いながら逃避行を続けます。その怪物の存在が、これまた現代の常軌を逸しており、SF要素を予想させつつ最近見た三部作映画のメイズランナーのようなシチュエーションなのかとも予想させます(結果的にこの予想が大分近い予想ではあったのですが。。。)※ちなみに「続きを読む」で結末に触れていますので、この楽しいSFの読書の楽しみを取っておきたい方は、先に本書を読むことをお勧めします!
≪ 究極の”シチュエーションSF!”「パインズー美しい地獄ー」 ≫の続きを読む

Thu

28

Mar

2019

オービタル・クラウド 上 (ハヤカワ文庫JA)オービタル・クラウド 下 (ハヤカワ文庫JA)

日本人作家のSF小説は先日に読了した伊藤計劃の虐殺器官とハーモニー以来ですが、例外はあるものの総じて洋書の方がコンテンツは多いのかと思っていましたので、ほとんど期待しないで読み始めました。結論からいうと、期待を大きく外してくれて!?とてつもなく面白いエンターテイメントSFでした!日本のSF作家と言えば不動の大家である小松左京を始め、ショートショートの星新一など秀逸な方々がいる反面、昨今のハードSFでは量と質共に海外に負けている感がありました。
 そのように感じていた中で、このオービタルクラウドですが、小説の構成としては各人物の各シチュエーションで細かく分かれてる現在進行形で、これは作者の力量がないと散漫で収斂しないで終わるパターンもあり個人的にはあまり好きな構成ではありません。ましてや邦書のスピード感でまとまるのかと心配でしたが、読み始めたら一気に最後まで読了してしまいました。
 まず主人公がまだ20代と思しきフリーのITエンジニアで、いわゆるITベンチャーの卵である若者というところからして、現代のシチュエーションだなと感じます。そんな主人公がどうやって宇宙の軌道の一大事件と関わるのか、詳細は読んでのお楽しみですが、本当にテンポよく無理なくストーリーが展開していくところが、この著者の真骨頂だと思います。
≪ 久しぶりの国内SF傑作「オービタルクラウド」 ≫の続きを読む

Sat

02

Mar

2019

終末ホラーの「バードボックスBird Box」

英語勉強のために先日にSmart DNS Proxyを導入して日本国内と同じ環境を構築しましたが、その流れでようやくですがNetflixにも加入してみました。Amazon Primeと同様にSmart DNS Proxyのおかげで、国内と同じ環境でNetflixも視聴できます。そこで、かねてから観てみたいと思っていた「バードボックス(Bird Box)」を寝しなにPCで鑑賞しました。
昨年あたりの一時期にテレビやネット問わずに随分と広告が出されていたので、とにかく早く観たいなと思っていたのですが、字幕がないとさすがに分からんだろうしということで、我慢していましたが、思わぬきっかけで日本国内と同様の視聴環境を構築できたので、晴れてみることが出来たのは嬉しい限りです。CMで象徴的だった主人公役のサンドラブロックが、子供と一緒に目隠しをしながら逃避行するというシーンから、何かを見るとNG!?ということは想像できましたが、観始めると本当にその「何か」を見た人達が狂い死に?していくというのは、今までにないシチュエーションです。Netflixオリジナル映画ということで、いわゆる本公開の映画ほどの予算はないと想像できましたが、主演のサンドラブロックはともかくも、監督は スサンネ・ビアという新鋭の女性の監督です。観終わった感想からいうと、期待通りの観ていた2時間はあっという間に終わる期待通りの終末ホラー(サスペンス)映画でした。
≪ 終末ホラーの「バードボックスBird Box」 ≫の続きを読む