月別アーカイブ: 2019年12月

Sat

28

Dec

2019

異色のダークモダンホラーSF「鼻」

   鼻 (角川ホラー文庫)

この本はAmazonの書評で「終わりに希望はないがどんでん返しが魅力」的なコメントが多かったので、それにつられて購入しておいたものです。暇な時に読もうかと思い、年末年始休みに何となく読んでみたら、内容に引き込まれて一晩で読んでしまいました。項数も薄く、表題作の「鼻」を含めて3つの短編が収録されている短編集なので、まああっという間には読めてしまうのですが、この著者の曽根圭介さんの構成力と行間に見られる筆力と言うか、独特の世界観の構築力には思わず引き込まれずにはいられないといった感じです。確かに3つの短編全てで、ラストの絶望感というか不条理な結末はなんともいたたまれない感じなのですが、想像していたよりかは普通に!?読むことが出来ました。というか、予想していたような読了後の不快感のようなものは全くなく、むしろこれらの独自の世界観から導かれる何とも諦めるしかないような“痛い”結末という感じでしょうか。なかなか読んでみないと分からない感覚ではあります。
≪ 異色のダークモダンホラーSF「鼻」 ≫の続きを読む

Sat

21

Dec

2019

ワルシャワ市内観光の後は、せっかく都会!のワルシャワに来たということで日本食レストランを目指しました。色々と事前に目星を付けていた中で、地元の方にも大人気という噂の讃岐うどんやラーメンが食べられるという「UKI UKI(UKI UKIうどん)」に行ってみました。場所は市の中心部といえるトラムもバスも走っているマルシャウコフスカ通りから10分ほど入ったところにあります。人気店ということで覚悟していきましたが、案の定、お店の前には地元ポーランド人の列ができていて、この寒い中で待つのは厳しいかと思いきやきちんとリストを取っていてかつ待っている間に暖かい日本の煎茶を振舞ってくれましたので、10分ほどでしたが待って入ることができました。
 お店はモダンなつくりで日本の渋谷や原宿にありそうな(といってもここ10年ほどは日本の事情を知らずに語っていますが)今風の飲食店という感じで、照明も明るく清潔な感じです。こんなワルシャワの一角でこんなお店があるとは驚きでしたが、お店の雰囲気だけではなく料理そのものにも驚くことになりました!
≪ ワルシャワの本格讃岐うどん「UKI UKI」 ≫の続きを読む

No tags for this post.

Sat

21

Dec

2019

ワルシャワ市内観光(冬編1日目)

インターの冬休みで1週間ほど家族がワルシャワに滞在していたので(かく言う自分もウィークデーはワルシャワからドイツ経由オランダでヴロツワフには居ませんでしたが)、この週末はワルシャワ市内観光をしてみました。相変わらず雨が多い日々でしたが、土曜日の今日は雨も降らずに天気がもってくれました。そんな訳で、車はあったもののトラムとバスとメトロ(ポーランドもワルシャワには地下鉄があります!)で市内を散策することしました。ちなみにワルシャワでも範囲で種類が違うものの、全ての公共交通は一つのチケットでかつ1日券が15ズロチで帰るので便利かつお得です。ここら辺はもう本当に2000年代の前は共産圏だった面影はありません。
 最初に向かったのはポーランドと言えばやはりショパンと言うことでショパン博物館に行ってみました。ちなみに他に行ってみたいて思っていた戦争博物館やユダヤ人博物館はカミさんと子供だけで学校休んで昨日に行ってしまったとのことで(迫力もあって面白かったそうです)、いつか一人で行くことにします。
≪ ワルシャワ市内観光(冬編1日目) ≫の続きを読む

No tags for this post.