日別アーカイブ: 2012-06-15

Fri

15

Jun

2012

ひとめあなたに... (角川文庫)

最初の読み始めは一体何の少女漫画(みたいな小説)を買ってしまったんだと思ってしまうような作者独特の文体と、一人称のよくわからん文章で、正直読むのをやめようかと思いましたが、テーマが自分の好きなSFで地球が隕石で衝突するというお決まりものでしたので、何とか読み進めました。ところが読み進めるうちに、いやはやなかなかの構成とテンポの良さで気付くと最後まで一気に読んでしまった、そんな軽快なSF小説です。まあ軽快なのは作者の日記のような独特の文章(読んでいるうちに気にならないどころか、気に入ってしまいましたが)のおかげで、この文体が地球が滅亡すると分かった最後の人々の描写を暗くなるだけにならずに済むどころか、作者が書きたいテーマを表現するのに重要なのだと気付かされます。

1週間後に隕石が地球に衝突すると分かった主人公の圭子が、喧嘩別れした恋人の朗に会いに鎌倉まで行くという話を軸に、複数のエピソードが交差する形で描かれます。それらは普段は何気ない日常に隠されている平凡な人々の生活に潜む不満の闇が、世の中が終わるというシチュエーションを鍵に、噴出し色んな結果を生むのですが、どれも女性が主役で、女性の視点で描かれているので(作者が女性ですからね)、男性読者たる私は非常に興味深く読むことが出来ます。世の男性諸氏であれば周知のことですが、ほんとに女性は違う生き物だというのが地球が滅亡するという極限状況の中、確信犯的に描写されており、ここら辺が作者の狙いだったのかなと思いますね。

≪ 地球が滅亡する前に「ひとめあなたに・・・」 ≫の続きを読む

No tags for this post.