Fri

20

May

2011

zenbackを使ってみました

110520_zenback-logo-i.jpg

先日、さんざん苦労して設置したソーシャルボタンでしたが、それをブログパーツで既に実現しているツールがありました。しかも、やりたいと思っていた「関連記事」や「関連キーワード」の表示もしてくれるすぐれものです。また、ブログパーツのためこれらの処理はサービスのサーバー側で行ってくれるため、不要なサーバー負荷もかかりません。ということで、その便利なサービスzenbackを早速設置してみました。

設置といってもブログパーツとして作動するため、表示したい記事のテンプレートにコードを入れるだけです。しかも、そのコードのカスタマイズもWeb上で行うことができ、表示するコンテンツやその順番を変更することが可能です。そしてこのzenbackはMTの配信会社であるSixApart製ということなので、少なくともMovable Type ユーザーであれば安心して使うことができると思います。


110520_zenback.jpg

この機能を使うと色々な応用もできるようで、既にzenbackキーワーズという関連サイトもできており、キーワード別の記事を自動表示するサイトとのことです。

今後、こんなパーツでほとんどのブログアイテムは自分で構築しなくても済んでしまうのでしょうね。そのうちCMSなぞなくても全てはWeb上で提供されるサービスで今やっているようなMTみたいなブログも出来てしまう日が来るのでしょう。そう考えると独自ドメインわざわさ取って、複雑なCMS(MT)で運用している自分のようなスタイルは、今後廃れていくのでしょうか。と考えていたら同じような考察をネット上で見つけました。

LibraBuch : SNS時代のWordpress再考 ハブとしてのWeblog

ともかくも単身赴任が続いている今は時間も持て余してますので、しばらくはこのブログの更新も続くと思います。。。



コメントを残す