お出かけ

Thu

03

Jan

2019

今日は下の子供がかみさんと所用で出かけているため、上の息子と一緒に都内をデート!することとなりました。まずは池袋サンシャインにある仮想現実VRが楽しめるアトラクション施設へ。確か以前にも一緒に出掛けた記憶がありますが、池袋サンシャインは訪れる度に施設が進化している感じで、今回も数年振りでしたが中身はリニューアルされており、最上階も展望フロア兼このVRが楽しめる施設になっていました!
 それほど混雑していなかったため、3つほどのVRアトラクションを予約して体験してみましたが、最初はブランコ型の設備に乗って、池袋の展望台から東京上空を空中散歩するというものです。足が地面から離れており、正面の扇風機?のような機械から風が出るのでそれなりの臨場感があるのですが、私は最近の老眼でピントが合わずにあまり楽しめませんでした。2つめは銃のようなツールを持って戦いながら最後はヘリコプターで脱出するというもので、タワークレーンのようなところを歩きながら進むのが結構なスリルでした。3つ目が本命の人間弾丸体験のような設備で、未来の東京を飛びながら体験するのですが、体ごと筒に入った状態で上下左右&扇風機で体験するため、これが一番楽しかったです!それでもまだVRの画像が本物の画像とは違う感じでしたので、それなりでしたが、これが本物の画像レベルになったら相当なものだと感慨深いものがありました。
 そんなところで池袋を出るころは夕方近くになっていましたが、渋る子供を説得してそこから今日の本命!のリニューアルされた実物大ガンダムであるユニコーンガンダムを見物しに一路、お台場へ出かけてみました!
≪ 今年早々のお出かけは実物大ユニコーンガンダム! ≫の続きを読む

Sun

04

Jun

2017

世界遺産!マラッカ日帰り旅行

車も新車になったということで、クアラルンプール近郊(といっても120km位離れていますが)の世界遺産の古都であるマラッカにドライブで日帰り旅行に行ってきました。モントキアラの自宅から高速に乗ると間もなく、ナビソフトのWAZEの表示が「120km先を左」みたいな案内になって、ひたすら南下していきます。大分慣れましたが、マレーシアは人口の割には高速道が発達していて、120km離れている場所でも賞味2時間程度で着いてしまいます。特に往きは空いていたので、1時間半程度で目的地であるマラッカ市内のショッピングモールであるMahkota Paradeに着きます。さすがに断食期間中の午前中ということで、駐車場も空きが目立ちました。大体、家を9時過ぎに出て、11時前には着いたので2時間掛かっていない計算でしょうか。
 さっそく名物のオランダ広場を徒歩で目指します。目印はムラカ・キリスト教会の時計塔です。そこまでは、新しいモール経由で徒歩でも10分程度です。途中に昨今のマラッカ名物?らしいデコレートされたトライシクル(3輪自転車)が、これでもかというスピーカーの音量で大量に通り抜けていました。結構乗っている観光客もいるようで、需要はあるのでしょうが、雰囲気は台無しな感じです。
≪ 世界遺産!マラッカ日帰り旅行 ≫の続きを読む

Mon

02

Jan

2017

お正月早々ですが、予てから行きたいと思っていたボゴールのウナギ釣りに行ってきました。場所の名前は、SINDANG RERET UNAGI FARM(シンダン・レレット・ウナギファーム)という釣り堀で、こちらに連絡先があります。(日本人担当?の田中さんの写真はこちら)。去年の後半から何度か行こうかと思っていたのですが、最初に問い合わせた時は改修中で、その後、その田中さんから何度かお電話をいただいていたものの、渋滞のボゴールに行く覚悟が出来ないうちに年越しとなってしまいましたが、正月はさすがに空いているだろうということで予約を入れておきました。それでも予約を取るときに実は一杯だとは言われたのですが、何とか都合をつけてもらいました。人のことは全く言えませんが、正月早々、ウナギ釣りが予約で満杯とは何と娯楽が少ない街なのかと思ってしまいました。
 渋滞するのが嫌だったので、朝の6時過ぎに出発したのですが、去年のホームコース?とかしていたランチャマヤゴルフ場の前を通ること20分位で左の脇道に入ると、分かりにくかったものの鯉のぼりの目印の養殖場に何とか辿り着けました。それでも空いていたので、8時前には着いてしまいました。
≪ 今年初のお出かけはボゴールのウナギ釣り ≫の続きを読む

Fri

30

Dec

2016

最初で最後のJKT48鑑賞!

前回の駐在と合わせると丸3年程度になるジャカルタ生活ですが、ジャカルタ名物?の一つでもあるJKT48とはついぞ無縁でした。といっても、知人でハマっている人もいるぐらいの人気グループでしたので、何となくは関心なくもなかったのですが、ちょっとこの歳で、子供の年に近いアイドルを見に行くパワーがなかったというところでしょうか。そんなんでしたが、先日に子供の日本人学校JJSに日本人メンバーの仲川遥香さんが講演に来た際に、割引付き予約チケットなるものをJJSの児童にプレゼントしてくれていたので、ジャカルタも最後ですし話題の種にという程度の気持ちで、それを活用して(当然、家族皆でですが)観に行くことにしました。
≪ 最初で最後のJKT48鑑賞! ≫の続きを読む

Sat

10

Oct

2015

もともとはブロックMのパパイヤに貼ってあった参加募集の案内から始まったのですが、問い合わせて空きがあるということで、我が家4人とご近所の子供の友人家族3人で参加することにしてみました。最終的に26名が参加ということでしたが、現地集合&解散なのでツアーといっても皆でバスで行くという感じではありません。先のジャカルタ日本人学校のJJSフェスティバルでも紹介のあった当地では有名人の吉川先生が主催されているインドネシア昆虫センターの不定期な催しのようです。
 ジャカルタ市内から現地ボゴールの集合場所であるレストランリンドゥアラムまでは、Googleマップでも3時間程度は掛かるとのことです。集合時間は夕方の5時前でしたが、事前の案内でも昼ごろには市内を出た方が良いとのことでしたので、気合いを入れてお弁当を買いこんでガンダリアを11時半に出発しました。
≪ ボゴール昆虫採集ツアー(夜の部)に参加 ≫の続きを読む

Sun

01

Mar

2015

s-IMG_0224

ちょっとややこしい名称ですが、自宅から30分ほどのケソン市にあるケソンメモリアルサークルという場所のメモリアルパークに遊びに行って来ました。どうもジャカルタのモナスを連想させるようなメモリアルサークルの塔なのですが、その側に市場やら自転車で遊べる公園などが広がっています。塔のあるメモリアルサークルの市場を抜けて、左手にPedal n Paddleという数十ペソの入園料を払う公園があり、そこではバキータイプの自転車や空中の足漕ぎゴンドラなど数種の自転車が載れます。どれも大体、一人50Phpで10~15分程度の時間制ですので、家族でも1,000Phpあれば半日遊べるでしょう。
 かくいう我が家も早速、各種の自転車に乗ってみました。ちなみに池のボートを含めて、人力以外の動力を使った乗り物はありませんので、体力勝負を覚悟しておいた方がよいです。他には幼児用の小さい乗り物コーナーはありますが。 今日は最近どうやら乾期が終わりつつあるようで、日差しが強い暑い日となりました。フィリピンは1月と2月は涼しくて日本の春のような気候となるのですが、賞味1,2ヶ月と非常に短いのが残念なところです。
≪ ケソンメモリアルサークルのメモリアルパーク ≫の続きを読む

Mon

19

Jan

2015

s-IMG_0105

法王来比で年明けになって小学校も休みになってしまったため、急きょ予約したザファーム(The Farm at San Benito)に二泊三日で行ってきました。最初は小さい子連れ(しかも男の子2人で一番うるさい年齢)でこんな高級スパに行けるのかと思いましたが、こちらのブログを見て勇気付けられ安心して!?申し込んでみました。ちなみに申込みですが、日本語のサイトもあるようですが、英語のサイトから直接申し込みもできます。子供ありで入力すると空き部屋が限定されてしまうので、子連れの場合でも大人2人で部屋を取って、コメントで子供ありと記入しておけば大丈夫でした。ということで、ブログの方と同じ北側エリアにあるガーデンビラを押さえて、いざ出発です。
 ちなみに初日は法王来比中で、タクロバンへ慰霊のミサに行かれて戻るさなかということで、えらく渋滞していました。しかも台風(既に1号が上陸しかかっている!?)が接近ということで、時間も繰り上がったようです。マニラは曇りではありましたが、まだ天気は大丈夫でした。
 そんなこともあり、ザファームに着いたのは夕方でしたが、場所が何とも分かりにくというか、やはりジャングルの静寂の中という感じの場所でしょうか。市中の道からは結構、人里離れた感じの場所にあります。
≪ 究極のリラクゼーションスパ!ザファーム ≫の続きを読む

Sat

03

Jan

2015

s-IMG_9972

タールタウンの帰りは、ラグナ州のロスバニョスにあるマキリン温泉に泊まりました。昨年にパグサンハン川下りに出掛けた際に、帰り際に通りかかった場所なのですが、浮き輪のお店が並んでいる界隈がどうやら近くのマキリン火山の温泉が出るということで、ローカルを含めた温泉ホテルが結構ある場所です。とはいっても、こちらの方は温泉に浸かるということはないので、温水プールとして利用しているようなのですが。
 そんな中でも今回のマキリン(真貴林温泉という変な当て字がありますが)温泉旅館は、一応日本式ということで、既に何度か目の利用となるフレンドシップツアー経由で申し込んでみました。こちらのサイトに一応紹介が出ています。(ただし、このページから飛ぶ紹介のサイトは非常に怪しい感じで参考にならないでしょう)
 既に着いたのが夕方6時近くで日没後だったのですが、夜目には日本の旅館らしい構えです。受付も古臭いながらも寂れた温泉宿という雰囲気で期待が持てます。
≪ マニラで日本式温泉旅館!?マキリン温泉 ≫の続きを読む

Fri

02

Jan

2015

s-IMG_9918

お正月早々でしたが、今年は暦の関係で日本と同じく5日の月曜日が仕事始めのため、マニラ近郊のタールタウンという場所へ一泊旅行に出掛けてきました。こちらのサイトによると何でも「「北のビガン、南のタール」といわれ、スペイン統治時代の街並が残る美しい町。マニラからも日帰りのドライブが可能。」とありましたので、近いのかなと思いきや、車でたっぷりと3時間位は掛かります。タガイタイのタール湖のそのまた先あたりです。なので、朝起きてダラダラと出発してしまう我が家は、タールタウンについたのは昼前位となってしまいました。
 といっても非常に小さい町で、日本の田舎の観光地みたいな落ち着いたところです。町の目抜き通りは、丘の上に一際目立つ存在のタール大聖堂の前のロータリーから始まって、コンビニの7イレブン前のカーブから海の方へ坂道を下っていくと1km位で何もなくなってしまいます。なので観光と言ってもこのタール大聖堂をじっくりとみて、その前のマーケット周辺のスペイン統治時代から残っていると思われるフィリピンっぽくない、それでも現役で使われている洋風の木造建築など徒歩で眺めて回っても2,3時間でしょうか。
≪ マニラ近郊のスペイン時代の古都タールタウン ≫の続きを読む

Sun

07

Sep

2014

マニラの首都動物園!MANILA ZOO

140907_manilazoo8117

ようやくマニラの動物園の方に行くことができました!水族館の方は早々に行けたのですが、動物園の方は前評判があまり良くなく!?ついつい行きそびれて、今になってしまいました。場所は、お馴染みのMOAがある方で、マニラ市になるのでしょうか。門の前にはオリジナルのモニュメントなどもあり、ひなびているといわれている割には活気があるようにも思えます。観光客や外国人はあまり居ませんが、ローカルのフィリピンの方々の家族連れやカップルでそれなりの賑わいです。
料金は格安の80PHP(確か、ちょっと正確なのは忘れてしまいました)で例によって3ft以下の子供はただです。年齢でなく物理的な身長で区分している意味は、ちょっと不明なのですが。入って正面には鳥たちのコーナーがあり、順路的には鳥を見ながら奥に進んでいく感じとなります。鳥コーナーは意外に充実していて、昔新所沢で見た五位鷺の色んな仲間が居て懐かしく思いました。
≪ マニラの首都動物園!MANILA ZOO ≫の続きを読む

Sat

14

Jun

2014

s-IMG_7909

フィリピンのディズニーランドとも言われている(多分。。。)マニラ郊外の遊園地、エンチャンテッドキングダムに行ってきました。マニラ市内からは車で小1時間ほどで着きます。南へ下る高速道から観覧車などが見えるので、見かけている人も多いのではないでしょうか?高速出口からは十数分なのですが、なんでこんなところに造ったのだろうか?というような片田舎の一角にいきなり大規模な遊園地が現われます。といっても規模としてはTDLと西武園の中間位でしょうか。少なくても西武園よりかは規模だけは大きいイメージがあります。チケットブースや入口の門などもTDLで見たような雰囲気を醸し出しており(あくまで雰囲気だけですが。。。)なんか努力を感じさせるところです。
 入園に際しては、東南アジアでは良くあるシステムである身長制限で(何故か年齢ではない)無料かを判定してくれるのですが、それがチケット購入ブースとは全然関係ない入口の手前付近にあるので、注意が必要です。大して混んでなければ良いのですが、列に並んだ挙句に、購入時に「(戻って)身長を図って来て!」となりかねませんので。
≪ フィリピンのDL!?エンチャンテッドキングダム ≫の続きを読む

Sun

06

Apr

2014

初めての上野の国立科学博物館

s-IMG_7322

博物館は好きな方で、ミシガン留学時にもわざわざワシントンDCまでスミソニアン博物館を見に行った程なのですが、御膝元の日本の国立科学博物館は行ったことがありませんでした。ということで、せっかくの帰国の機会でしたので、上野にあるこの日本を代表する博物館に初めて訪れてみました。久し振りの日本で驚くことが多いのですが、博物館の前に上野駅の構内に驚いてしまいました。記憶にある上野駅というと京成側への連絡道にはホームレスの方々が寝泊まりしていたり、申し訳ないのですがやはりそれなりの汚さと匂いが同居していたイメージだったのですが、すっかり一新されていて綺麗な駅になりました。もっともそれらのイメージは十数年以上前の話なので、綺麗になったのは最近の話ではないのでしょう。
 駅の出口をでると駅の上には広い歩道高架が掛かっていましたが、これもいつできたのでしょうか?最近ではなさそうですが、主要駅の再開発整備は順調に進んでいるようです。
 ちなみに今回行ったのは上野にある国立科学博物館ですが、それとは別に国立博物館(東京)東京美術館など日本を代表する博物館・美術館が集まっているエリアなので、規模は違いますが、ワシントンDCのスミソニアンの並びを彷彿とさせるエリアではあります。御庭にある実物大?のシロナガスクジラのレプリカ像がお出迎えしてくれるこの博物館へ、早速入ってみました!
≪ 初めての上野の国立科学博物館 ≫の続きを読む