生き物たち

Sat

03

Jun

2017

クアラルンプールで熱帯魚購入!

ほぼ恒例行事になった感がありますが、引越し荷物も落ち着いて、水槽の試運転も1ヶ月近く行いましたので、熱帯魚を購入してきました。実は数週間前からクアラルンプール市内のペットショップや市場などを探してはいたものの、なかなか見つからず、ブログなどを参考にしていたものの既に店じまいしてしまったお店などで、たどり着けていませんでした。(こちらのブログにあったScott Gardensというモールにいたっては、ゴーストタウンと化しておりちょっと怖い感じがした程です。わずか数年なのに廃れるのもあっという間なのですね。ちなみにNiLUFARというペットショップは場所を変えて営業はしている模様です。)
 そんな中でこちらのローカルサイトのリストから辿り着いたお店が、今回お世話になった88PETS MARTというお魚中心のペットショップです。街中のショップロットの中にあるのですが、ショップロットの廃れた雰囲気とは違い店内もお店の感じも日本によくある小奇麗なペットショップといった趣のお店です。
≪ クアラルンプールで熱帯魚購入! ≫の続きを読む

Sun

05

Feb

2017

今日はかねてから(というかマレーシア入る前から)探すと決めていたグアバの苗木を探しに、クアラルンプール郊外のスンガイ・ブローというエリアに行ってきました。こちらに入ってすぐに植木を買えるような(ジャカルタでいうJJS側のポホンパサールのようなエリア)場所を検索していたのですが、やはり似たような場所があって、幾つかのブログでこのスンガイ・ブローという場所がよろしいということでしたので、車で行ってきました。今のホテルから、16kmほどの郊外といっても、クアラルンプールの高速とも有料道路とも何とも言えない道路網に掛かるとあっという間についてしまいます(約30分)。
 郊外までドライブでしたが、午前中ということもあり道路はガラガラ、かつ郊外なのに市内中心と同じくらい綺麗で整った道路や街並みに改めて感心しつつ、目的地に到着しました。近づくと大きな病院がありすぐに道路の両側に植木屋が広がっています。その途中で左折して植木街?の入り口らしき場所に入ると、入り口のコーナーに早速、梅の木の花が迎えてくれました!
≪ KL郊外の植木屋街スンガイ・ブロー(Sungai Buloh) ≫の続きを読む

Sat

10

Oct

2015

もともとはブロックMのパパイヤに貼ってあった参加募集の案内から始まったのですが、問い合わせて空きがあるということで、我が家4人とご近所の子供の友人家族3人で参加することにしてみました。最終的に26名が参加ということでしたが、現地集合&解散なのでツアーといっても皆でバスで行くという感じではありません。先のジャカルタ日本人学校のJJSフェスティバルでも紹介のあった当地では有名人の吉川先生が主催されているインドネシア昆虫センターの不定期な催しのようです。
 ジャカルタ市内から現地ボゴールの集合場所であるレストランリンドゥアラムまでは、Googleマップでも3時間程度は掛かるとのことです。集合時間は夕方の5時前でしたが、事前の案内でも昼ごろには市内を出た方が良いとのことでしたので、気合いを入れてお弁当を買いこんでガンダリアを11時半に出発しました。
≪ ボゴール昆虫採集ツアー(夜の部)に参加 ≫の続きを読む

Sun

04

Oct

2015

20151004_140600232_iOS

いよいよ来週に迫った昆虫採取ツアーに向けて、構想2週間!?の昆虫飼育箱を製作してみました。元々は、先々週に飼育箱を物色していた時に考え付いたアイデアでしたが、先週のダイソーの買い物で材料も揃いましたので、製作に掛かってみました。こちらジャカルタではアクアリウムはポピュラーなようで、水槽などはそれなりに手に入ります。ACEに行けば必ずと言ってよいほど、充実した水槽コーナーがあるのですが(それでもTetraのパーツや餌などはあまり置いてませんが。。。)、昆虫用の虫かごなどは皆無です。かろうじて爬虫類?飼育用の水槽などはあるのですが、でかいし値段も5,6千円と、日本のホームセンターで手に入るプラスチックの手軽な虫かご水槽とは雲泥の差です。
 当然、実際に捕まえられるかも不明な虫ごとき!にそんな高価な水槽の購入は許可も出ませんし、置き場所もないので、どうしたものかと思ってACEをさ迷っていたところ、見方を変えると水槽の宝庫だということに気付きました!と、大げさなほどではありませんが、こちらのホームセンターにも充実している収納用のプラBOXがうってつけということに気付きました。ということで、早速、昆虫飼育箱を自作してみることにしました!
≪ ジャカルタで昆虫飼育箱を自作! ≫の続きを読む

Fri

15

Feb

2013

130215_lipan01.jpg

先日パサラヤのお土産用の昆虫標本で見た信じられない大きさのムカデ?がありましたが、実際こんなでかいムカデが実在するのか半信半疑でした。しかし今日、なんとそのムカデの子供と思われる虫を見かけてしまいました。

ジャカルタは遥か郊外のカラワン工業団地の縁石をはっていたのですが、見つけた瞬間にあの巨大ムカデと同じ形だったので、ああやっぱりこいつは実在したのかと、嬉しいような不気味で残念なような気分となりました。

≪ 巨大ムカデの子ども発見!リパン?カキスリブ? ≫の続きを読む

Fri

03

Sep

2010

カメちゃん訃報

100903_kamehuho01.jpg

今日は休日ですが朝から日本のかみさんから泣きながら電話が入ったので何事かと思いましたが、なんとカメちゃんが亡くなったとのこと。朝は元気でご飯食べていたとのことだが、昼過ぎに戻ったら水槽の中でぐったりしていたということで、外に出していたのでこのところの猛暑に耐えられなかったらしいです。。。小五の時に印旛沼で捕獲して以来、28年間の付き合いだったのでショックは大きいですが、亀は万年といえ何時かはこの時がくるかと思ってはいたので、仕方がない気持ちです。今年の日本の猛暑は尋常ではなく、お年寄りに限らず人間も死んでいる中で、うちのカメちゃんも高齢で弱っていたのでしょう。たまたま昼に死んだのですが、人間の年寄りと一緒で朝元気でも家の中に入れてたとしても、ポックリと死んでしまう歳だったと思います。

今日は一日食事もままららずに実感が湧きませんでしたが、もうカメちゃんの元気な姿が見れないかと思うと耐え難い物があります。ブログしてる場合でもないのですが、日記も付けてないので長年付き合ってもらったカメちゃんへの追悼もあってメモしておこうかと思います。

思えば先月帰国したときに久しぶりに歯ブラシで甲羅を磨いたのですが、随分艶が無くなったなと思ったのが記憶に残っています。最後に甲羅を洗ってやれたのが慰めでしょうか。かみさんが動物病院まで連れていったようですが蘇生は無理とのことで、かみさんの実家の庭に埋めたとのことなので、ラマダン明け休みの帰国時にお墓参りしようかと思っています。

≪ カメちゃん訃報 ≫の続きを読む

Sun

07

Oct

2007

なぞの鳥 in 新所沢

071007_tori01.jpg

新所沢の駅前には大きな鯉がいる噴水池があるのですが、そこに見慣れない鳥がとまっていました。大きな鳥で、背の高さだけでも30センチ位ありそうです。新所沢でももちろんのこと、今までで見たことがない鳥です。たたずんでいる姿からチョコレートのお菓子のキョロちゃんを連想してしまいました。

≪ なぞの鳥 in 新所沢 ≫の続きを読む

Thu

22

Mar

2007

初桜?彼岸桜が既に満開!

070322_higansakura01.jpg

昨日、近所を散歩中に早くも満開となっている桜を見つけました!本当に満開なのですが、いくらなんでも早過ぎると思いきや「彼岸桜」という種類の桜なのですね。桜の種類に関係なく最初に見た桜を「初桜」というみたいなので、今年の初桜は早くもこの彼岸桜ということです。あ、その前に自宅のこごめ桜が咲きましたが。

しかし桜を見ながらお酒を飲むいわゆる花見の習慣は、やはり日本だけのものなのでしょうか!?なんでももともと大名や貴族の習慣が大衆に広まったものらしいので、そういった意味ではやはり日本的な文化のようです。

≪ 初桜?彼岸桜が既に満開! ≫の続きを読む

Sat

10

Mar

2007

こごめ桜開花!

070310_kogomesakura01.jpg

週末に近づいて寒い日もあった今週ですが、我が家のこごめ桜が開花してしまいました。3年ほど前にかみさんの実家から鉢に株分けしてもらったものですが、その後にさらに株分けなどもして増殖している最中でした。今年も無事に開花を迎えたので何よりです。

株分けした鉢の方はさすがにつぼみはついていないようですが、元気に葉っぱの方は出てきましたので、来年は咲くかも知れません。まだ一つだけですが、昨年は下の写真どおり満開(まだ株分け前ですが)でしたので、今年も満開が楽しみです。

≪ こごめ桜開花! ≫の続きを読む

Sun

04

Mar

2007

「亀ちゃん」の冬眠明け

070304_kame01.jpg

我が家の亀が冬眠明けしました。といってもこちら(人間)側が、頃合いをみて勝手に起こしただけですが。例年、啓蟄を目安にはしていますが、今年は暖冬もあり今日は4月並の陽気になったということもあり、正確な啓蟄である3/7より少し早いのですが、起きてもらうことにしました。

我が家の亀の冬眠は、いつもの水槽を厚手の毛布で囲んでダンボールの蓋をしただけの(水深は少々深めにします)状態で、廊下に置いておくだけの簡単なものです。我が家の亀は名前も特に付けずに「亀ちゃん」とだけ呼んでいますが、付き合いは古くて自分が小学5年生の時に、当時の実家の傍にあった印旛沼で捕獲して以来なので、かれこれ20年数年過ぎてしまいました。亀は万年と言いますが、本当に変わらずに毎年元気に冬眠から目覚めてくれます。

≪ 「亀ちゃん」の冬眠明け ≫の続きを読む