工作と模型

Thu

03

Jan

2019

今日は下の子供がかみさんと所用で出かけているため、上の息子と一緒に都内をデート!することとなりました。まずは池袋サンシャインにある仮想現実VRが楽しめるアトラクション施設へ。確か以前にも一緒に出掛けた記憶がありますが、池袋サンシャインは訪れる度に施設が進化している感じで、今回も数年振りでしたが中身はリニューアルされており、最上階も展望フロア兼このVRが楽しめる施設になっていました!
 それほど混雑していなかったため、3つほどのVRアトラクションを予約して体験してみましたが、最初はブランコ型の設備に乗って、池袋の展望台から東京上空を空中散歩するというものです。足が地面から離れており、正面の扇風機?のような機械から風が出るのでそれなりの臨場感があるのですが、私は最近の老眼でピントが合わずにあまり楽しめませんでした。2つめは銃のようなツールを持って戦いながら最後はヘリコプターで脱出するというもので、タワークレーンのようなところを歩きながら進むのが結構なスリルでした。3つ目が本命の人間弾丸体験のような設備で、未来の東京を飛びながら体験するのですが、体ごと筒に入った状態で上下左右&扇風機で体験するため、これが一番楽しかったです!それでもまだVRの画像が本物の画像とは違う感じでしたので、それなりでしたが、これが本物の画像レベルになったら相当なものだと感慨深いものがありました。
 そんなところで池袋を出るころは夕方近くになっていましたが、渋る子供を説得してそこから今日の本命!のリニューアルされた実物大ガンダムであるユニコーンガンダムを見物しに一路、お台場へ出かけてみました!
≪ 今年早々のお出かけは実物大ユニコーンガンダム! ≫の続きを読む

Wed

21

Feb

2018

自作の塗装(ネロ)ブース完成!

昨年の秋口位にこのネロブースを見つけてからどうしても欲しくなってしまったのですが、さすがにマレーシアへ輸送するのは大変だろうと思い、12月に日本に帰国する機会がありましたので、一部のパーツ(シロッコファンやダクトパーツ)だけ自分で購入してみました。このネロブースのポイントであるシロッコファンと亜鉛鉄板ダクト材のブース本体のうち、シロッコファンが風量確保の観点からも最重要パーツと考えますので、これらを日本の楽天で購入して手荷物で持ち帰った次第です。
 塗装ブースについては、当地でもブースっぽい部材は手に入れることは可能と思いましたが、ダクト材料そのものはDIYの範疇では加工は無理でしたので、現地で手に入る部材、IKEAとDAISOで手に入る材料を中心に組むこととしました。ちなみにフレキシブルダクトは日本の通販(モノタロウというか業務部材専門のサイト)で購入し、手荷物で持ってきたものです。結果的には、ブースの箱モノは現地(マレーシア)調達、ダクトやファンは日本で調達といった感じとなりました。
≪ 自作の塗装(ネロ)ブース完成! ≫の続きを読む

Tue

02

Jan

2018

センチネラーの初夢!?実現

元旦そうそうで趣味ネタなのですが、年明けて寝る前にスマホでヤフーをみると、ニュース欄のトップに「バンダイディープストライカーMG化」みたいな見出しが出ているではありませんか!?(惜しくも画面コピーを忘れてしまったので正式な文言は忘れてしまいました。残念!)。こんな暗号みたいなタイトルに反応する人が何人いるのか不明ですが、要はバンダイがガンダムセンチネルシリーズの幻のというか超マイナーな機体であるディープストライカー(しかもスペリオルガンダムの試作デザインの位置付け)のMG(1/100スケールで1/144より上のグレードで)版でキット化と言うものです。

≪ センチネラーの初夢!?実現 ≫の続きを読む

Fri

14

Jul

2017

こんなドローン(ロボット)が開発されていたこと自体が知らなかったのですが、いきなり「ハロ」が実現してしまったようです。嬉しい以前に、拍子抜けというかあっさりというか、ハロができる頃には、ホワイトベース(宇宙軍艦)も実現しなければと勝手に思っていましたので、ハロなど当分実現できないと思っていましたが、そういえばISSがあったなというところでしょうか。しかも、ガンダムのハロは完全に遊び相手でしたので、実用性からしても無理かなと思っていましたが、JAXAの実際のハロは、ちゃんと撮影補佐ドローンとして、実用性もあるとのことです。実際に船内撮影等の単純作業は、訓練を受けている高価な!?宇宙飛行士が担うのは経済性の観点からも勿体無いので、このようなドローンを開発する引き金にもなったのでしょう。やはり経済性と実用性が一致したところに、実現性が生まれるのでしょうか。
≪ いきなりガンダムの「ハロ」が実現しました! ≫の続きを読む

Wed

16

Mar

2016

ようやく観てきました実物大ガンダム!

今回の帰国時にようやく念願のお台場の実物大ガンダムを見てくることができました!この実物大ガンダム実機が設置されたのは、2009年の潮風公園のイベントが最初で、その後、プラモデルの聖地?である静岡に行ったりしていましたが、お台場に恒久的な設置場所であるガンダムフロント東京が出来たのを機会にこちらに設置されています。当然、設置直後の潮風公園のものを見に行きたかったのですが、海外駐在とも重なりなかなか行けず仕舞いであったのですが、ようやく実現叶いました。
 モノレールで行ってみたのですが、お台場の駅で降りて近づくにつれて見えてくるこの実像には本当に感激です!かつて、ハリボテならともかくこんなリアルな実物大モデルが設置されたのは世界でも例がないのではないでしょうか!?さすがは世界ブランドに成長したガンプラならではと思いますが、実際に実物を見ると中途半端なカッコよさではなく、ディテールやカラーリング、プロポーションと全てに気合が入っているのが分かります。ここら辺は、働き盛りの私と同年代の人たちが実現させたのだなーという感慨があるのと、当たり前なのですがガンプラ購入以外は何一つ貢献していない私のような人間でも、意味もなく誇らしげな気分になってしまいます。
≪ ようやく観てきました実物大ガンダム! ≫の続きを読む

Sun

04

Oct

2015

20151004_140600232_iOS

いよいよ来週に迫った昆虫採取ツアーに向けて、構想2週間!?の昆虫飼育箱を製作してみました。元々は、先々週に飼育箱を物色していた時に考え付いたアイデアでしたが、先週のダイソーの買い物で材料も揃いましたので、製作に掛かってみました。こちらジャカルタではアクアリウムはポピュラーなようで、水槽などはそれなりに手に入ります。ACEに行けば必ずと言ってよいほど、充実した水槽コーナーがあるのですが(それでもTetraのパーツや餌などはあまり置いてませんが。。。)、昆虫用の虫かごなどは皆無です。かろうじて爬虫類?飼育用の水槽などはあるのですが、でかいし値段も5,6千円と、日本のホームセンターで手に入るプラスチックの手軽な虫かご水槽とは雲泥の差です。
 当然、実際に捕まえられるかも不明な虫ごとき!にそんな高価な水槽の購入は許可も出ませんし、置き場所もないので、どうしたものかと思ってACEをさ迷っていたところ、見方を変えると水槽の宝庫だということに気付きました!と、大げさなほどではありませんが、こちらのホームセンターにも充実している収納用のプラBOXがうってつけということに気付きました。ということで、早速、昆虫飼育箱を自作してみることにしました!
≪ ジャカルタで昆虫飼育箱を自作! ≫の続きを読む

Fri

17

Oct

2014

IMG_3783

こちら海外でも爆発的人気のガンプラ(GUNPLA)なのですが、去年ジャカルタで衝動買いした初代ガンダムRX-78のVer3.0をマニラまで持ってきて、結局箱を開封していませんでした。そんな中、今年の夏に反動で衝動買いしまくったガンプラが更に溜まるという悪循環でしたが、意を決して、小ぶりで無難そうなシャア専用ズゴック(Z’GOK)を1夜漬けで作ってみました。正確には10日前位に下半身の足だけ作ったのですが、その時の衝撃といったら凄まじいものがありました。まず、接着剤が不要なのです!何せガンプラに限らずプラモデルの箱を開封するのが、高校3年で足を洗って以来でしたので、20年以上振りでしょうか。当時のガンプラはようやく「色ぷら」(確かこんな名前だったような?)といって、ランナーの整形色が数色で色分けされ始めて、間接にPC(確かポリキャップと読んだような樹脂素材)を使い始めて、それらが革新的だったのを記憶しています。今回のズゴックは色ぷらのレベルではなく、ほとんどというか全く塗装の必要が無いレベルにパーツ分けで色が付いています!それでもって接着剤は一切不要!そして極めつけは稼働ギミックでしょうか。
≪ 20年振りに「出戻り」ガンプラしてみました! ≫の続きを読む

Tue

27

Aug

2013

130827_charauris.jpg

前に紹介したズゴック豆腐もそうですが、最近はガンダムネタのコラボレーション商品が増えてきた感じがあります。この間の帰国時も何かのフリスクみたいなお菓子をコンビニで見かけましたし。。。

今回のシャア専用オーリスも、予告していた通りですが、トヨタがきちんとガンダム色一色で発売を始めました。 ガンダムそのものはいまだにガンプラが発売されており、お台場のガンダムプラザ(今回の帰国でも行けなかったのですが。。。残念!)を始めとして、第何次か知りませんが確実にブームとしてブレイクし定着した感があります。 思うにガンダム世代は、自分と同じちょうど40歳になる世代をギリギリに私の前の世代が中心となるため、社会でいえばまさに働き盛りの中心世代にあたるといえます。こういった背景もあって、各分野でガンダムコラボが世に出るまでに至っているとは考えられなくもありません。

≪ シャア専用車オーリス発進!(発売) ≫の続きを読む

Thu

20

Jun

2013

130620_bigzamtofu.jpg

偶然、記事を見つけるまでは全く知らなかったのですが、母国である日本では何と今回の「ビグ・ザムとうふ」に先だって「スゴックとうふ」(この特設サイトが既にすごい!)なるものが既に発売(量産!?)されて大人気を博していたとのことです。よくあるコラボ商品といえばそれまでかも知れませんが、その商品(残念がら写真だけですが)を見ると、単なる商業目的のコラボ商品にとどまらない「こだわり」が随所にあるのが見て取れます。モビルスーツの機種選定もさることながら、パッケージやネーミング、PRのビデオなど全てにガンダムファンでしか成しえない徹底したこだわりです。商業的に既に成功しているので結果論ですが、ここまでのある意味、不必要とも思われるこだわりを実現できた相模屋の鳥越社長のインタビューがこれまた読んでいるだけで楽しくなります!

≪ ジオンの勝利!?「ビグ・ザムとうふ」発売 ≫の続きを読む

Sun

11

Nov

2012

121111_gandariaggbwc677.jpg

ガンダリアシティで買い物していると、懐かしのガンプラを発見と思いきや相当な腕前のジオラマの数々と、人の賑わいで一体何だと思いましたが、どうやらGBWCのインドネシア選手権が行われているようでした。このガンプラ世界選手権なるものが行われているのも今まで知らなかったのですが、ジャカルタ市内の玩具屋では必ずガンプラを置いてあるのを見ていたので、こちらインドネシアでも相当な人気だなとは思っていました。高校時代はガンプラ製作に青春を捧げたような私ですが、今も変わらずにガンプラが流行っているのを見るのは、懐かしいやらガンプラの人気というかバンダイも大したものだなと感慨深くなってしまいます。

≪ GBWC2012 at Gandaria ガンプラ世界選手権 ≫の続きを読む

Sat

24

Sep

2011

ペーパークラフト作品「オニオオハシ」

110924_papercraftonioohashi799.jpg

ペーパークラフトの第三弾で、またまた動物ですが「オニオオハシ」という鳥です。くちばしが巨大で綺麗なのが特徴なのでしょうか。動物園でも実物は見たことないのですが、一体どのくらいの大きさなのか分かりません。例によって仕上がった状態は、予想より大きく前回作ったアオウミガメよりさらに大きいです。それとインクジェットで印刷したくちばしや体の羽毛の模様など、ほんとに綺麗に再現できています。こちらの作品も、無料でダウンロードできるCanonのサイトから頂いたPDFを印刷しただけなのですが、パソコン+インクジェットがあればいとも簡単に立派なペーパークラフトが出来てしまうのには、感心してしまいますね。

≪ ペーパークラフト作品「オニオオハシ」 ≫の続きを読む

Fri

12

Aug

2011

ペーパークラフト作品「アオウミガメ」

110812_kraftaoumigame752s.jpg

前回のアマガエルから随分時間が空きましたが、第二弾のアオウミガメを作ってみました。昼下がりから作り始めて晩飯前まで掛かったので、半日費やした計算です。今回もCanonのサイトよりダウンロードしておいた無料素材から作っています。しかし、前回のアマガエルもそうでしたが、作ってみるとでかいですね。A4サイズの紙なので、もう少し小さいイメージがあったのですが、くみ上げてみると大きくてなかなかの存在感があります。

それと専用紙+旧式のインクジェットではあるのですが、カラーの模様が綺麗に印刷されているので、仕上がりが映えます。あえてカラーなしの無色で(白色)作るケースもあるようで、YAMAHAのバイクのサイトでは無色バージョンもあるくらいですが、やはりプリントされている方がよい感じです。白紙で作るペーパークラフトは逆に形だけで勝負するので、それだけ精密で高度ではあるということなのでしょうか。

≪ ペーパークラフト作品「アオウミガメ」 ≫の続きを読む