デジイチカメラ

Mon

29

Apr

2013

130429_strapacru01.jpg

一眼レフは重いのがまあ欠点ですが、買ったからには気軽に持ち出したいものです。かといって、バックに入れて持ち歩いても、なかなか簡単にはひっぱりだしてまでは撮れませんし、何よりシャッターチャンス成るものを逃します。ということで、カメラ本体をそのまま持ち出せるように、オシャレでかつ肩への負担が少ない都合のよいストラップはないかと探してみました。しかも、最近は歳のせい?なのか肩凝りも酷く、長時間肩掛けバッグをしているだけで、頭痛になってしまうほどです。

いろいろネットで情報を漁った結果、辿り着いたのが、このAcru(アクリュ)のレザーストラップです。カシェ・バナーヌ(Cache Banane)という一番幅広のタイプのもので、ストラップにしては安いレンズが買えてしまうほどの高価なもので通販で買うには勇気が入りましたが、見た目とお勧めのブログの記事を信じて(信じたことにして!?)買ってしまいました。

≪ レザーのカメラストラップAcruの使い心地! ≫の続きを読む

Mon

25

Jun

2012

120625_eos60d060.jpg

今回の帰任に合わせてネットで購入しておいた念願のデジタル一眼カメラ、Canon EOS 60Dです!帰国からばたついていましたが、ようやく梱包をとく時間ができました!Canonという選択肢は最初からあったのですが、KissX6iの新発売なども重なったため、機種選定には随分悩みましたが、EOS 60Dにして大正解です!2010年9月の発売なので、既に発売から1年半以上が経過している機種なのですが、バリアングル液晶の採用など当時の最新技術の搭載は色あせていないように思えます。何よりKissにはない中級機種に近い操作性を実現しつつ、価格が自分が買ったネット販売ではボディ単体で60,800円となっており、発売当初の12万円の半値にもなっていました。もちろん値ごろ感だけではなく、中級機らしい重量感がありつつも気軽に持ち運べる分岐点であるボディの重量と作り方も魅力です。

≪ ついにデジイチ”Canon EOS 60D”購入しました! ≫の続きを読む

Fri

08

Jun

2012

初のタッチパネルEOS Kiss X6iとデジイチ選択!

120608_eoskissx6i.jpg

とうとうCanonより、EOS Kissの最新機種となるKiss X6iが発表されました!なんでいきなりEOS Kissの発表を待っていたかというと、カタール駐在の延長戦が決まって以来、(心の拠り所?ではなく)単に時間を持て余していたところに急に一眼レフカメラの購買欲が湧いてきてしまい、ここ2ヶ月はほとんど毎日のようにデジタル一眼レフのサイトをサーフィンしては情報を収集していました。一眼レフカメラそのものは、まだデジタルカメラが普及すらしていない12,3年前に一度購入しています。確か一級建築士の合格祝いにかこつけて、お祝い代わりに(親に)買ってもらった記憶があります。もう機種は忘れましたが、CanonのEOSであることは間違いなく、当時は山登りに持って行ってまで写真と撮ったものでした。その後、時代はあっという間にデジタルカメラの天下となり、一々フィルムと現像代が掛かる銀塩カメラはもう忘れられて久しくなってしまいました。かくいう自分もコンパクトデジカメ一筋となり、数年前から普及が始まったデジタル一眼レフカメラは、高価なこともあり今まで手が出なかったのが実情です。

が、最近話題になっているミラーレス機みたいのはどうかと思い、最初はPanasonicの新機種を穴があくまで調べ尽くし、こんなに小さくて数万で一眼レフが買える時代になっていたとは正直カルチャーショックでした。

≪ 初のタッチパネルEOS Kiss X6iとデジイチ選択! ≫の続きを読む