趣味と息抜き

Thu

03

Jan

2019

今日は下の子供がかみさんと所用で出かけているため、上の息子と一緒に都内をデート!することとなりました。まずは池袋サンシャインにある仮想現実VRが楽しめるアトラクション施設へ。確か以前にも一緒に出掛けた記憶がありますが、池袋サンシャインは訪れる度に施設が進化している感じで、今回も数年振りでしたが中身はリニューアルされており、最上階も展望フロア兼このVRが楽しめる施設になっていました!
 それほど混雑していなかったため、3つほどのVRアトラクションを予約して体験してみましたが、最初はブランコ型の設備に乗って、池袋の展望台から東京上空を空中散歩するというものです。足が地面から離れており、正面の扇風機?のような機械から風が出るのでそれなりの臨場感があるのですが、私は最近の老眼でピントが合わずにあまり楽しめませんでした。2つめは銃のようなツールを持って戦いながら最後はヘリコプターで脱出するというもので、タワークレーンのようなところを歩きながら進むのが結構なスリルでした。3つ目が本命の人間弾丸体験のような設備で、未来の東京を飛びながら体験するのですが、体ごと筒に入った状態で上下左右&扇風機で体験するため、これが一番楽しかったです!それでもまだVRの画像が本物の画像とは違う感じでしたので、それなりでしたが、これが本物の画像レベルになったら相当なものだと感慨深いものがありました。
 そんなところで池袋を出るころは夕方近くになっていましたが、渋る子供を説得してそこから今日の本命!のリニューアルされた実物大ガンダムであるユニコーンガンダムを見物しに一路、お台場へ出かけてみました!
≪ 今年早々のお出かけは実物大ユニコーンガンダム! ≫の続きを読む

Tue

01

Jan

2019

2019年の初日の出と夕暮れなどなど…

あけましておめでとうございます!元旦早々ですが、早起きをして近所の航空公園までランニングで、初日の出を見に行ってきました。今回、お正月に日本に帰省したのが6年振りでしたが、初日の出を見たのは恐らくは大学生あたりが最後だったはずですので、こちらは20年以上ぶりでしょうか。日本の元旦は季節がちょうどよいのか、記憶にある限りではほぼ晴天です。今日も同じく晴天で、暗いうちからランニングで片道3km程度の道のりでしたが、その疲れも吹き飛ぶきれいな初日の出でした。もっとも海が見えない所沢の丘からでしたので、水平線も地平線でもなく何となく雑木林の辺りから日が昇ったという感じではありましたが。
 ちなみに去年の帰省時から使用を再開したiPhoneアプリのNRC(NIKE RUN CLUB)ですが、数年振りに使ってみましたがまたまた進化しているようです。前は対応していなかった室内マシーンにも対応できるようなので、今度使ってみようかと思います。きちんと初回(ミシガン留学時の2009年8月が最初)からのログが残っており、継続されて履歴が表示できるのも凄いです。相変わらずランニングの後にTwitterなどのSNSへ投稿できる機能も充実していて、それだけでもモチベーションが上がります。残念ながらNIKEのシューズ自体は足の形が合わず使っていないのですが、このソフトは素晴らしいのでまた愛用していきたいと思っています。そういえば10年前に最初に使った時は、計測器であるiPhoneの他に小さい端末みたいのを靴に仕込んでいた気もしますが、数年後にはもちろん不要になっていました。今はバイオ計測のデバイスと連携して心拍数を測る機能も当然のようについており、進化は凄いものがあります。
≪ 2019年の初日の出と夕暮れなどなど… ≫の続きを読む

Tue

17

Jul

2018

ネットの大学講座COURSERAで宇宙論!

宇宙論を読み漁っていた勢いで、春先に日経新聞で紹介されていたのをきっかけにネット上の大学通信講座の一つ(いわゆるMOOC:ムークの一つ)であるCOURSERAで村山斉先生の”From the Big Bang to Dark Energy(ビックバンからダークエネルギーまで)“を受講していたのですが、ようやっと修了することが出来ました!このCOURSERAですが、もちろん基本は無料なのですが、講座料を支払うと修了証を貰えるということで、49$ほどでしたがやはり無料だとモチベーションも続かないだろうということで、講座料を支払って始めてみました。支払いが今年の5月10日でしたので、修了証を貰った7月17日まで述べ2か月ほど掛ったという感じです。実は一度だけどうしてもテストの提出期限に間に合わなかったので、Sessionを延期して対応しています。あれだけ宇宙論の書籍を読んでいましたし、講座の先生である村山斉氏の書籍も読んだばかりだったので、余裕だろうと高を括っていたのですが、講座の内容が英語だったというのを差し引いてもやっぱり難しかったです。内容は宇宙論のおさらい的な点もあって、正直楽しく!?受講できたのですが、単元ごとにある課題テストはさすがに難しいのも多く、満点はほとんどとれませんでした。それでも、著者の村山斉先生の講義が生!?で聞けたというのは感慨深いものです。そもそも東大の講座なので、昔だったら東大に入らないと一生、講座を聞く機会などなかったでしょうから。
≪ ネットの大学講座COURSERAで宇宙論! ≫の続きを読む

Wed

21

Feb

2018

自作の塗装(ネロ)ブース完成!

昨年の秋口位にこのネロブースを見つけてからどうしても欲しくなってしまったのですが、さすがにマレーシアへ輸送するのは大変だろうと思い、12月に日本に帰国する機会がありましたので、一部のパーツ(シロッコファンやダクトパーツ)だけ自分で購入してみました。このネロブースのポイントであるシロッコファンと亜鉛鉄板ダクト材のブース本体のうち、シロッコファンが風量確保の観点からも最重要パーツと考えますので、これらを日本の楽天で購入して手荷物で持ち帰った次第です。
 塗装ブースについては、当地でもブースっぽい部材は手に入れることは可能と思いましたが、ダクト材料そのものはDIYの範疇では加工は無理でしたので、現地で手に入る部材、IKEAとDAISOで手に入る材料を中心に組むこととしました。ちなみにフレキシブルダクトは日本の通販(モノタロウというか業務部材専門のサイト)で購入し、手荷物で持ってきたものです。結果的には、ブースの箱モノは現地(マレーシア)調達、ダクトやファンは日本で調達といった感じとなりました。
≪ 自作の塗装(ネロ)ブース完成! ≫の続きを読む

Tue

02

Jan

2018

センチネラーの初夢!?実現

元旦そうそうで趣味ネタなのですが、年明けて寝る前にスマホでヤフーをみると、ニュース欄のトップに「バンダイディープストライカーMG化」みたいな見出しが出ているではありませんか!?(惜しくも画面コピーを忘れてしまったので正式な文言は忘れてしまいました。残念!)。こんな暗号みたいなタイトルに反応する人が何人いるのか不明ですが、要はバンダイがガンダムセンチネルシリーズの幻のというか超マイナーな機体であるディープストライカー(しかもスペリオルガンダムの試作デザインの位置付け)のMG(1/100スケールで1/144より上のグレードで)版でキット化と言うものです。

≪ センチネラーの初夢!?実現 ≫の続きを読む

Wed

20

Sep

2017

クランの仕事場でまたまた虹!

仕事場のクランでまたまた虹が見えました!いつも同じ方向に同じような感じで見えるのですが、虹なんて今までは年に1,2回見ればよい方だったのですが、今年は同じ仕事場で既に3回目です。雨季にはまだ早いマレーシアのはずですが、今年は天候不順なのか、既に雨も多くなり始めています。
 虹といえば未だに思い出すのが、ジャカルタ駐在時にバリ島の旅行帰りに見た大きな(かつ二重!?)の虹ですね。東南アジアはスコールのような雨季も多いので、日本に居る時より虹を見る機会が増えるのかも知れません。今度はまたいつ見れるのか期待してしまいますね。楽しみです!

クアラルンプール郊外クランの虹(2017年4月4日)

マレーシア郊外の虹ふたたび!(2017年5月18日)

ちなみに既にアップ済みの記事だけでも「虹ネタ」が結構ありました!

検索結果: 虹~ところによりエンジニア~

Fri

14

Jul

2017

こんなドローン(ロボット)が開発されていたこと自体が知らなかったのですが、いきなり「ハロ」が実現してしまったようです。嬉しい以前に、拍子抜けというかあっさりというか、ハロができる頃には、ホワイトベース(宇宙軍艦)も実現しなければと勝手に思っていましたので、ハロなど当分実現できないと思っていましたが、そういえばISSがあったなというところでしょうか。しかも、ガンダムのハロは完全に遊び相手でしたので、実用性からしても無理かなと思っていましたが、JAXAの実際のハロは、ちゃんと撮影補佐ドローンとして、実用性もあるとのことです。実際に船内撮影等の単純作業は、訓練を受けている高価な!?宇宙飛行士が担うのは経済性の観点からも勿体無いので、このようなドローンを開発する引き金にもなったのでしょう。やはり経済性と実用性が一致したところに、実現性が生まれるのでしょうか。
≪ いきなりガンダムの「ハロ」が実現しました! ≫の続きを読む

Tue

04

Apr

2017

クアラルンプール郊外クランの虹

こちらの雨季は一応、12月~2月で大体中国正月あたりまでということになっていますが、4月になっても結構な雨が降っています。朝方も雨が降ってはその後に晴れるというパターンがあって、通勤途中でも立派な虹が見えたりしています。ここ最近は2,3日、連続で虹を見ることができました!
ということで、郊外ではありますが職場のクランから見えた虹です。雲をバックにだんだん成長していきましたが、1時間もしないうちに消えてしまいました。
しかし、インドネシアでもそうでしたが、気候不順で雨季が定まらないのは困ったものです。特に建設業でプロジェクトなどを生業にしていると、雨というだけでその日の工程が遅れてしまうわけで、やはり雨季や乾季といった気候は定まっていてくれた方が助かります。
≪ クアラルンプール郊外クランの虹 ≫の続きを読む

Sun

12

Feb

2017

MYSデビュー!Bukit Kemuning Golf[スコア112]

ようやくマレーシアに来て、初めてゴルフコースデビューをすることが出来ました!仕事の関連の知人に連れられて来たのは、クアラルンプール郊外にあるBukit Kemuning Golf & Country Resortというパブリックのようなコースです。こちらに来て、ドライビングレンジには通っていたので、何とかなるかなーと甘い期待もありましたが、スコアは去年のほぼ平均に近い112であがりました。ここ数か月の調子から考えるとまずまずかなとは思います。
 コースそのものはパブリックのようなグレード感なのですが、フェアウェイの芝も野芝とはいえ切れ目なく整えられていて、コンディションは悪くはありません。グリーンも凸凹が気にはなりましたが、慣れれば大丈夫ではないでしょうか。
≪ MYSデビュー!Bukit Kemuning Golf[スコア112] ≫の続きを読む

Thu

25

Aug

2016

十数年振り!?のハゼ釣りに挑戦

釣りは子供の頃から印旛沼のそばで育ったこともあり、小学生の頃から社会人になってもずっと趣味の一つでした。ハゼ釣りはもちろん、ヘラブナやタナゴ、ルアーではブラックバスやライギョ、投げ込みでレンギョなどほんとにいろんな釣りをしてきました。海釣りもイシモチやカレイをはじめ色々とやりました。船釣りだけは、お金が掛かるのでほとんどやりませんでしたが、ほんとに昔はインターネットもなかったので!?友人と出掛けるのも早朝から釣りなどという生活を一年中していたものです。と、昔話の前置きが長くなりましたが、結婚して子供が生まれて海外駐在と釣りとは縁がすっかりなくなってしまい(ドーハで海釣りを発作的にしたりはしましたが)、糸の結び方も忘れていたのですが、二人の息子も釣りが出来る歳になりましたので、今回の日本帰省時に家族でハゼ釣りに行ってみました。
 場所はやはり馴染みのある(というかハゼ釣りでググって見つけたこちらのブログを参考に)千葉県の方の江戸川の河口付近の妙典の船屋さんを目指してみました。堤防脇の市営駐車場に車を停められ、水道のある公衆トイレもあるので、家族連れには便利な感じです。堤防を降りていくと、東西線の鉄橋の袂から3件ぐらい舟屋さんが並んでいましたので、たまたまですが一番近くにあった「佐野遊船」に入ってみました。桟橋釣りですと大人は一人1,000円くらいで竿を貸してくれて、餌のゴカイも売っています。張り切って購入したリールセットとダイワの真空クーラーボックスを持参しましたので、そちらも活用して家族皆で釣ってみました。
≪ 十数年振り!?のハゼ釣りに挑戦 ≫の続きを読む

Wed

16

Mar

2016

ようやく観てきました実物大ガンダム!

今回の帰国時にようやく念願のお台場の実物大ガンダムを見てくることができました!この実物大ガンダム実機が設置されたのは、2009年の潮風公園のイベントが最初で、その後、プラモデルの聖地?である静岡に行ったりしていましたが、お台場に恒久的な設置場所であるガンダムフロント東京が出来たのを機会にこちらに設置されています。当然、設置直後の潮風公園のものを見に行きたかったのですが、海外駐在とも重なりなかなか行けず仕舞いであったのですが、ようやく実現叶いました。
 モノレールで行ってみたのですが、お台場の駅で降りて近づくにつれて見えてくるこの実像には本当に感激です!かつて、ハリボテならともかくこんなリアルな実物大モデルが設置されたのは世界でも例がないのではないでしょうか!?さすがは世界ブランドに成長したガンプラならではと思いますが、実際に実物を見ると中途半端なカッコよさではなく、ディテールやカラーリング、プロポーションと全てに気合が入っているのが分かります。ここら辺は、働き盛りの私と同年代の人たちが実現させたのだなーという感慨があるのと、当たり前なのですがガンプラ購入以外は何一つ貢献していない私のような人間でも、意味もなく誇らしげな気分になってしまいます。
≪ ようやく観てきました実物大ガンダム! ≫の続きを読む

Fri

08

Jan

2016

160108_Golife_2015

去年の最後のラウンドは115という去年のワースト2(ワースト1は2015年頭の1月に叩いた123です)で締めくくったゴルフでしたが、反省の意味も込めて一応スコアを振り返ってみました。 思えば4年前の2012年夏に最初にインドネシアに赴任してから始めたゴルフでしたが、2015年一杯で丸3年半のキャリアとなります。日本に居るよりはるかにゴルフをする環境は良かった東南アジアでしたが、全てのラウンド数は119ですので、年間で30を超える程度のラウンド数です。その間の平均ストローク数は119ですので、まだまだアベレージにも程遠いですね。平均パット数も39.1です。
 そんな中で初めて100を切った2015年のラウンドだけ見てみると、ラウンド数は36、平均ストロークは104、平均パット数は37.0という数字になりました! この調子でいけば来年はアベレージゴルファーの仲間入りか!?(そもそもアベレージゴルファーの定義が分かっていませんが)と皮算用する気分になりますが、最後のラウンドが115ですからあまり過大な期待どころか、とりあえずは次に100を切れるのはいつなのかというところでしょうか。
≪ 2015年(というか今まで)のゴルフスコアの振り返り ≫の続きを読む