月別アーカイブ: 2018年8月

Tue

28

Aug

2018

モントキアラ出勤途中での虹!

現場がKlangの時は度々見ていたマレーシアでの虹ですが、今朝は出社途中で久しぶりに見ました!自分で運転している車から慌てて撮ったので、今一つうまい写真が撮れませんでしたが、虹のスケールは壮大で、二重にかかっている感じでした。さすがに出社途中でしたので、路肩に駐車してじっくり撮影という訳にもいかず残念でしたが、非常に綺麗で心が和みます。そういえば、つい先日も出社の途中でかなり大きな虹が出ましたが、その時は高速の上でしたのでシャッターすら押せずに残念な思いをしたものです。
 さすがに虹に見とれて事故を起こしても仕方がないので、目に焼き付けるのが精一杯ですが、通り雨(しかも半端のない雨ですが)の多い南国のマレーシアならではでしょうか、これだけの頻度で大きな虹がみれるのは!?また期待したいと思います。

Wed

08

Aug

2018

先に完読した「渋谷ではたらく社長の告白」に続いて、藤田晋氏(と見城徹氏の共著)の著作である「デジタルオリジナル合本『憂鬱でなければ、仕事じゃない』『絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ』」というネット限定?の合本をKindleで購入してみました。めったにKindleでは本を買わないのですが(理由は古本の方が安いからなのですが)、こちらは2冊まとめてで691円!という格安なのと、サンプルを読んでみて是非続きが読みたい!と思ったのがきっかけで、引き続いてKindleで購入してみました。ここら辺、今後はネット書籍がますます普及する要因になりそうな売り方だとは思いますが、読者としては安価で早くて読みたい本が読めるというのは喜ばしいことです。
 さて肝心の本書の方ですが、正直この書籍を読むまでは、共著されている(というかどちらかというと見城さんの方が主役!?)見城徹氏を知らなかったのですが、藤田晋氏が尊敬している経営者で、幻冬舎という文芸書には縁が遠い私でも聞いたり見かけたりしたことがある出版社の創設者ということです。しかも昔からある出版社かと思っていましたが、この見城徹氏がつい1993年に角川から独立して立ち上げた出版社というのですから、物を知らないというのは相変わらずですが恐ろしいことだと思いました。
≪ 見城×藤田の合本!「憂鬱でなければ、仕事じゃない」と… ≫の続きを読む