月別アーカイブ: 2011年1月

Sat

29

Jan

2011

アジアカップ決勝観戦(オーストラリア戦)

110129_asiancupfinal158.jpg

当日まで手に入らなかったチケットを午後にようやく手に入れることが出来ましたので、職場をキックオフ1時間前に出て、ビラージオ側の会場へと向かいました。が、ここからが誤算で、渋滞するとはいえまさか1時間は掛からないだろうという勝手な思い込みを嘲笑うかのように、かつて体験したことが無いようなウルトラスーパーな渋滞に遭遇してしまいました。結局会場であるKhalifaスタジアムに着いたのは前半が終わった7時前。しかし、ここで深刻な問題が発生しておりました。なんと、会場のゲートが封鎖されておりチケットの有無に関係なしに会場に入れないとの情報が入りました。

いくらなんでもそれは有り得ないだろうと考え、会場まで確かめに行きましたが、なんとホントに入れない!?理由を聞くと満席だからとのこと。私はスタジアム周囲の冊の中にすら入れてもらえませんでしたが、ゲート側まで入っている数百人規模の観客も諦めて引き揚げてくるところでした。

≪ アジアカップ決勝観戦(オーストラリア戦) ≫の続きを読む

Fri

28

Jan

2011

はてなブックマークボタンを設置

20110128_hatenabt.jpg

はてなはここ数年ログインすらしていなかったのですが、とあるブログで見かけた新はてなブックマークボタンが気になってしまい、結局ブログに導入と相成りました。はてなと言えば数年前はいわゆるソーシャルブックマークでお世話になりましたが、Googleツールバーのブックマーク機能や現在メインで使っているChromeの同期機能で事足りてしまうため、はてな自体に全く必要性を感じませんでした。

国内では有数のソーシャル・ネットワークサイトになるのでしょうが、今一つどこに特徴があるのかが分からないサイト(会社)ではあります。FacebookやYouTubeなどの世界の巨人がシェアを独占している中、国産で独自色を出すのは至難のことかと思います。
それはさておき、このブックマークボタンも従来のようにページに飛ぶのではなく、その場で登録できる仕様になり便利になりました。でもこれすらもようやく他のサービス並に追いついたという感じではあります。

≪ はてなブックマークボタンを設置 ≫の続きを読む

Tue

25

Jan

2011

アジアカップ観戦(韓国戦)

110125_asiancupvskorea104.jpg

先日のシリア戦に続いて韓国戦を観てきました。チケットは職場でどこからかただでもらったのですが、例によって前半終盤に遅れて入ったのですが席は既に自由席状態。サイドラインの韓国側応援席でしたが、ゴール横の良い場所を確保できました。既に1?1となっていましたが、前半は日本が若干ボールを支配できていた感じもしました。

しかし、後半に入ってからは韓国に押されてる場面ばかりでいつ点を取られてもおかしくないなという状態が続いてました。結局、延長線となり、延長前半に韓国には気の毒な判定でPKを得る幸運が来て期待の本田選手がキッカーでこれで決まりという展開でした。これで逃げ切ると思いきや終了間際に韓国に押し込まれてPK戦に。PK戦は川島の好セーブで韓国にゴールを許さざず4人目で勝利を決めるという展開でした。

≪ アジアカップ観戦(韓国戦) ≫の続きを読む

Mon

24

Jan

2011

ソーシャル・ネットワーク

110124_socialnetwork.jpg

いわずとしれたfacebookの創業者の自伝の映画ということです。年末年始の帰国時に初めて観て、先日のカナダ出張の時にもまた観てしまいました。内容は、マーク・ザッカーバーグがハーバード在学中にfacebookを開発して大金持ちになっていく、まあベンチャーのサクセスストーリーなのですが、この主人公のマーク・ザッカーバーグを演じるジェシー・アイゼンバーグという役者の個性が強烈で、ほとんどそれで持っているような映画です。逆にそれだけ彼の魅力があるということでしょうか。映画のストーリーは実在の人物の自伝ということもあり、裁判シーン以外は大きな展開もないのですが、ハーバードの大学生活の描写やアメリカ東部のエリート社会の実情など、垣間見るアメリカ社会に興味をそそられます。

≪ ソーシャル・ネットワーク ≫の続きを読む

Sun

23

Jan

2011

わたしを離さないで Never Let Me Go

110123_neverletmego.jpg

昨日のカナダ出張では行き帰りの飛行機で相当映画を観ることができましたが、一番衝撃を受けたのが「わたしを離さないで(Never Let Me Go)」です。正直、観たい映画は観尽くしたため暇つぶしで最後の一本として観たのですが、作品世界といい俳優といい何より映画から醸しだされる「幽玄」な雰囲気に圧倒されました。

この映画を観てネットで探したみたこの時まで原作はおろか作者のカズオ・イシグロなる人物も知りませんでしたが、この映画は久々に衝撃的な感慨というか観終わった後の余韻を感じた作品でした。映画紹介のテロップを観た限りでは在り来たりの恋愛ものかと思い込んでみてみましたが、映画世界の設定が大好きなSFと思いきや、観終わった後は言い表せない寂寥感と共に人の「生きる」意味や社会の理不尽さと何時でも人間性など凌駕しえる可能性がある人が作る社会システムへの警鐘など、様々なテーマを内包している作品でした。
作品内容や世界については、Amazon書評の(有用性がある方)コメントが適切で映画の感想も自分はほぼ同じに感じます。

≪ わたしを離さないで Never Let Me Go ≫の続きを読む

Sat

22

Jan

2011

ザ・アメリカン The American

110122_american.jpg

帰りの飛行機内で観た映画の中でのおすすめの一本が、ジョージ・クルーニーの新作である「ザ・アメリカン(The Amrican)」。全体にヨーロッパを舞台にした映画らしい郷愁溢れた雰囲気と、ジョージ・クルーニーの持ち味を生かし切った配役に最後まで飽きずに観れます。邦題は「アメリカから来た男」とかそんな感じだろうかと思いましたが、なんとこれは日本未公開の映画のようですね。

クルーニー演じる殺し屋は、イタリアの片田舎で身を潜める生活を送っているのですが、パターンといえばそうなのですが、地元の美しい娼婦と出直し人生を試みるも最後は。。。というストーリーで、構成も新鮮味がないのかも知れませんが、彼が演じる殺し屋とイタリアの石畳の田舎町が絶妙な味わいを醸し出しており、「画」を観ているだけでため息が出てしまうような美しさがあります。クルーニー演じる殺し屋の彼が、カフェや街中の食堂で一人でひっそりとしているシーンが結構あるのですが、カメラワークだけで彼の孤独や心境の不安感などを表現できている演出はすごいなと思いました。

ラストでハッピーエンドと思いきや、殺し屋である彼には届かない人生の象徴として娼婦のカルラが森の中で佇むシーンなど、画でみせる映画だと思います。何にしてもジョージ・クルーニーだから成り立っている映画かも知れません。他の誰が演じてもこの映画にはならなかったでしょう。

≪ ザ・アメリカン The American ≫の続きを読む

Fri

21

Jan

2011

カナダ出張旅行(1月21日)

110121_canadatrip948.jpg

カナダ滞在最終日は、お昼のフライト時間までホテル周辺を散策してみました。といってもマイナス20℃以下の気温のため、10分外に居ると本気で遭難してしまうのではないかと思ってしまうほど、体が芯まで寒くなり動けなくなります。そのため、行動範囲がホテル&周辺のお土産屋から徒歩10分以内となり、散策というよりかは寒さに耐えながらの探検といった趣でした。一緒に来たアイリッシュは似たような装備にも関わらず、徒歩30分以上も遠出して喜んでいたようなので、やはり体感温度の感覚が違うのでしょう。

≪ カナダ出張旅行(1月21日) ≫の続きを読む

Thu

13

Jan

2011

アジアカップ観戦(シリア戦)

110113_asiancup696.jpg

今月からドーハで開催中のサッカーアジアカップのシリア戦を観てきました。先週のヨルダン戦は夕方4時からだったため仕事サボるのも気が引けたためやめときましたが、今日は7時15分キックオプで週末(こちらは金曜休みのため)ということもあり、当日券を手に入れて観に来ました。ヨルダン戦はガラガラと聞いていたためチケットも当日券でOKだろうと思いきや、ショッピングセンターでは既に売り切れでインターネットでようやく最安の席(15QR)を確保しました。しかしサッカーに限らずチケット代が格安で、良い席でも40?100QRぐらいしかしないのは驚きです。

会場はウェストベイの郵便局近くにあるQatar Sports Club Stadiumで2万人収容とのことですが、チケットがソウルドアウトの割には1万人強ぐらいしか入っていなかったようです。会場周辺も駐車場が充分にあったせいか、こちらでは珍しく特に渋滞もなくスムーズに入れました。ただ、チケットを買えなかったシリア人が大勢おり、チケットを売ってくれと声を掛けられ辟易しましたが。昼に日本人会から入ったメールではシリア人が1万人!応援に来て混み合うとの情報でしたが、特に日本側ゴールはガラガラでホントにチケットが売り切れとは思えませんでした。結局、ゲーム開始後、改めて当日券を発売しなおしたようです。

≪ アジアカップ観戦(シリア戦) ≫の続きを読む

Sun

09

Jan

2011

ドーハ空港の新到着ターミナル

110109_newarrivale652.jpg

寒い日本から帰ってきましたが、こちらも結構寒いのに驚きました。日本ほどではないものの10度台まで下がっているので、灼熱の中東からは程遠い気温です。まあ冬の今だけでしょうが。去年の12月からアナウンスはありましたが、ドーハ空港の到着時のシステムがすっかり変わりました。新設の到着ターミナルが出来て、昔のターミナルはトランジット専用になったとこのこと。他にサテライトトランジットとそれに加えてビジネスクラスのトランジットはプレミアムターミナルを使うため、到着時には4色のチケットに従って別々のターミナルに下車することとなります。このシステムは到着時の機内でもビデオにて解説されています。

≪ ドーハ空港の新到着ターミナル ≫の続きを読む

Fri

07

Jan

2011

マックのテキサス2バーガー

110107_texas2berger570.jpg

鉄道博物館へ行ったお昼に、マックのテキサス2バーガーを食べました。何でも去年大好評を博した「ビッグ・アメリカ」で限定発売された「テキサスバーガー」の第二弾とのこと。しかも今日から発売の期間限定品ということです。というわけで、たいそう期待して買わせていただきました。お店は鉄道博物館周辺にマックが無かったため、ニューシャトルに乗って隣駅の大宮まで足を伸ばしました。といってもこのモノレールみたいな乗りモノで数分で、しかもニューシャトル駅改札出口の目の前にマックがあったのでラッキーでした。

去年のこのキャンペーンでは大混雑し、物凄い売れ行きだったと聞いてどれだけ混んでいるのかと思いましたが、さすがに平日の日中だけあって誰も並んでいませんでした。

≪ マックのテキサス2バーガー ≫の続きを読む

Thu

06

Jan

2011

麺処 福吉のラーメン

110106_fukuyoshi551.jpg

日本に帰国している間に一度はお店のラーメンを食べたいと思っていましたが、人間ドッグの帰りに所沢の福吉のラーメンを食べることが出来ました。日本食をはじめ年々便利になっているカタールでも、日本のラーメン屋さんのラーメンだけは食べれません。つくづく日本食は世界でも一番と思いますが、その中でもラーメンは芸術品と言っても過言でないほど、味わいの奥行きやバリエーションの多さがあると思います。

福吉は前に食べたのがいつだったか忘れてしまった程ですが、恐らくは息子が生まれる前かも知れません。昼過ぎに行きましたが、行列はなかったものの、寒風の中、数人の列を待つこと10分ぐらいで店舗に入れました。

≪ 麺処 福吉のラーメン ≫の続きを読む

Wed

05

Jan

2011

パナ電工のアラウーノ

110105_alauno.jpg

とうとうパナソニック電工の便器が人住宅用向けのタンクレストイレで、王者TOTOのシェアを脅かすまでに成長したとのニュースが飛び込んできました!思えば随分昔にもパナ電工の便器の記事をブログに書いたのですが、その同じブランドである「アラウーノ」がこんなにも進化していたとは知りませんでした。

最大のセールスポイントはTOTO、INAXとはことなる樹脂製であることでしょうか。このメリットは大きく、そもそも便器掃除で苦労するのは便座と便器の隙間ですが、これも陶器の宿命である焼き物であるための成形段階で生じる焼成による収縮誤差で、精度の高い器具が作れないことに起因しています。それが樹脂製では難なくクリアできるということです。そのため、精度の高い樹脂成形による「スキマレス」で掃除が楽になることに加えて、パナ電工の凄いところは市販の洗剤を注入することによる自動洗浄機能を備えていることでしょう。

≪ パナ電工のアラウーノ ≫の続きを読む