月別アーカイブ: 2010年8月

Fri

27

Aug

2010

クウェート旅行(2010年8月27日)

100827_kuwaittrip_9073.jpg

今回泊まったホテル、シェラトンクウェート・ホテル&タワーズはラマダン中で空いているせいもあるのかも知れませんが、本当に静かで設備も問題なく、外国のホテルにありがちな見かけ倒しということもなしに、睡眠もゆっくり熟睡できました。これだけでも来た甲斐があるというものです。9時過ぎには棟続きの別棟7階にある展望レストランでビュッフェ式の朝食を取りました。ラマダン中ということで、人目に付かない?7階の奥まったレストランでしたが、眺めもよく食事もサービスも満足でした。

目的の一つであるグランドモスクの見学についてホテルのコンシェルジュに頼んだら、すぐに問い合せてくれたものの誰も電話にでないとのこと。なので、お祈り時間前の午前中に一度行ってみることにしました。タクシーの運転手はキリスト教徒だろうが外人だろうが誰でも普通に入れると太鼓判を押していたのですが、弱気な自分は念のため警備室に問い合わせてみました。しかし、それがいけなかったらしく公式のツアーは日曜日の9時半にしかやっていないとあっさり断られ、ドーハでモスクを建てている仕事をしているのだとゴリ押ししてもダメでした。そこで、運転手のアドバイスで一旦は諦めて、お祈り後の昼過ぎに再度出直すことに。
そのまま、もう一つの目的地であるクウェートタワーに向かいました。ラマダン中とはいえ、行き交う車もほとんどなく海岸線(コーニッシュ)の公園にも人気はなくまるでゴーストタウンのようです。昔、カンボジアにアンコールワットを観に行ったときに、時間がないので強引に昼過ぎに見学を強行したら、(暑いからなのですが)どこも人気がなかったのを思い出しました。同じく中東もラマダンでなくても真夏の日中に出歩く人は、暑さという理由からあまり居ないのかも知れませんね。車の渋滞はあるかも知れませんが。
空いていたせいもあって、市の外れと思っていたクウェートタワーも20分と掛からずに到着。早速1KD払って入場だと思いきや、入り口でラマダン中は午後の3時から(ちなみに終わりは真夜中の2時まで開いているとのこと)だと言われ、ここでも門前払いに。行く先々の目的地で全て門前払いで、さすがにラマダン中(しかも金曜日)に来たことを後悔してしまいました。

≪ クウェート旅行(2010年8月27日) ≫の続きを読む

Thu

26

Aug

2010

クウェート旅行(2010年8月26日)

100826_kuwaittrip_9038.jpg

週末(といっても金曜日だけの休みですが)を利用して、クウェートに来てみました。今日(木曜)の8時過ぎの便で約1時間でクウェートに到着!空港に着くと、なんと湾岸諸国では珍しくPBB(Passenger Boarding Bridge)にて接続されて空港に降り立ちました。しかし、いつも思うのですが湾岸諸国は何となく国際線という感じがしないです。空港は思ったより広くただし案内が分かりづらく、VISA発給所を探すのに手間取りました。一応、カタール在住をアピールしたものの観光ビザはしっかり6KD取られパスポートコントロールへ。どこのGCC諸国も同じですが、必ずGCC市民用とその他外国人用とで別れており、いつもGCC用は空いています。オマーンの例もあるため、GCCに並びカタールに住んでいると告げると、なんとパスポートも見ずにOKとなって通されました。しかし、これでは入国スタンプが押されないと心配しましたが、VISA発給に押してあったので一安心!

空港には今日泊まるシェラトンの出迎えがきちんと来ていました。車を待つ間、出迎えのボーイさんと話している中で、クウェートタワーだけ見に一泊で来たのだというと、彼は7年住んでいるが一度も行ったことがないとのこと!東京に住んでる人が東京タワーに登ったことがないのと同じことですね。今年は必ず登るつもりだと言う彼と別れて、一路シェラトンへ。ドーハもそうですがラマダン中のクウェートシティも10時過ぎの夜がゴールデンタイムとなるため、立派な片道3車線の高速も一部渋滞していました。しかし、1990年の湾岸戦争の傷跡などどこ吹く風の街の発展ぶりには驚きです。高速道路だけで言えば、ドーハよりよっぽど立派です。つい7年前には隣国でイラク戦争もあったかと思うと、不思議な感じがします。

≪ クウェート旅行(2010年8月26日) ≫の続きを読む

Wed

18

Aug

2010

時間衝突

100818_CollisionWithChronos01.jpg

カタールの一人暮らしでは読書が進むのですが、先日の帰国の際に持って帰った中の一冊で、「時間衝突」という未来SFを読み終えました。時間、時空、宇宙の解釈については下手な物理書よりもSF小説の方が分かりやすいと自分は常々思っているのですが、この小説の解釈には頭をガーンと殴られた位の衝撃と斬新さがありました。

随分前に読んだ小松左京の「果てしなき流れの果てに」を読んだ時も、しばらくは余韻が残るほどの衝撃でしたが、今回の「時間衝突」もそれに勝とも劣らない内容でした。

主軸はタイムマシンやスペースコロニーといったオーソドックスな素材にから成る構成なのですが、物語の筋となる異星人との争いが実は「時間」の衝突だったという飛躍が、しかし違和感なく入ってくる文章力と解釈論が凄いです!また、時空(時間)と生命の不可分な関係やそれによって導きだされる宇宙の定義が、なかなか真実に近いのではと思わせるところも読み応えがあります。唯一時空や宇宙といったテーマを扱うSFにありがちな「超存在」の描写が平凡だったのが残念です。小説全体の流れから考えると、この存在(小説の中では「斜行存在」)の出番は不要だったような感じがします。ラストの描写も余韻が残るというよりかは、もう少し結末を知りたかったというのが本音です。

≪ 時間衝突 ≫の続きを読む

Wed

11

Aug

2010

ラマダン・カリーム!

100811_ramadan.jpg

とうとうラマダンが始まりました!思えば去年のラマダンの後半にこのカタールに赴任してきたことを思うと、中東での赴任生活も早くも1年が経とうとしているということで、感慨深いものがあります。去年は中東どころか海外赴任も初めてという状態で、ラマダンも何も実感がないうちに日々が過ぎた記憶がありますが、今年は余裕をもって?ラマダンも楽しめる気がします。とは言ってもラマダン中は仕事も私生活も制限されることが多いです。

また、新しいアパートのすぐ前にはモスクがあり(といっても一つの街区には必ずモスクがあるので、どこに住んでもモスクの傍にはなるのですが)普段は気にならないお祈りの放送も、ラマダン中は何故かボリュームが上がっているようで、よく聞こえるようになりました。それでも私の場合は元来、鈍感な性格なので、それで眠れなくなるとか気になって煩わしいとかはないのですが。何気なくお祈りの時間に窓からモスクの駐車場を覗くと、町中から人が集まってくるのがよく分かります。でも、何故か時間はルーズ?でお祈りが始まってしばらくたっても人が集まり続けるのは、一定の時間内にお祈りすればよいとか何か理由がありそうです。

≪ ラマダン・カリーム! ≫の続きを読む

Tue

10

Aug

2010

グリーンゾーン

100810_greenzone1.jpg

先週の日本行きの飛行機内で観ました。日本語字幕がなく仕方なく英語で観たものの、私の英語力ではほとんど聞き取れませんでした。が、マット・デイモンの単なるアクション映画化と思いきやどうやらイラク戦争の暗部を描いた作品とのことで、観ている最中も期待したほどクションシーンが少なかったものの、謎解きのサスペンスで最後まで飽きずに観ることができました(英語の内容はほとんど聞き取れませんでしたが、例の大量破壊兵器が大嘘だったという今となっては有名な史実!があるため、何とかストーリーを追えました)。

先のイラク戦争は本当にアメリカの傲慢さというか幼い一面を改めて見せつけられた事件でしたが、このために多くの人々(米国の兵士やイラクの国民含めて)の人生が狂ったのかと思うと、政治を担う人間の罪深さを思わずにはいられません。はからずも中東で暮らしている身なので、より身近に感じなくもありません。このカタールには米軍中央軍の司令部もあり、中東の有事には必然的に危険地域に様変わりするのでしょう。

≪ グリーンゾーン ≫の続きを読む

Mon

09

Aug

2010

タイタンの戦い

100809_clashofthetitans.jpg

カタール戻りの飛行機内で観ました。日本語訳でアクションものという中から、アバターのサム・ワーシントンが主演ということで選びました。内容はコナンと同様の古代アクションものでしたが、出てくる敵がどれもでかくて怖いということで、アクションシーンはそれなりに見ごたえがありました。しかし、エコノミーで帰ったのは今回が初めてでしたが、個人の液晶で映画が観れるのはビジネスと何らかわりなかったので個人的には全然問題ありませんでした。もしかしたらビジネスクラスより、映画の種類が少なかったりするのかも知れませんが。

ストーリーは至って平凡で、サム・ワーシントン扮する主人公のペルセウスが人類の都を助けるために旅に出て苦難の末に勝利するというものです。オリュンポスの神々の描き方が俗人的でさすがギリシア神話と思いました。また、途中で出てくるキャラクターの中には不死身の魔法使い?や魔女など魅力的な設定もあったので、もう少し掘り下げて活躍させると面白かったかも知れません。最後のクラーケンにももっと暴れて欲しかったですね。

≪ タイタンの戦い ≫の続きを読む

Sun

08

Aug

2010

私鉄特急スタンプラリー2010

100808_expressstamprally_8872.jpg

夏と言えば定番のスタンプラリーですが、この私鉄特急スタンプラリーは掛かるお金も景品も別格です。スタンプラリーはお金をかけずに子供と遊ぶ一石二鳥の夏の風物詩となった感がありますが、この2日間の帰国で、電車好きの子供と遊ぶために多少の出費はやむを得ないという言い訳で、何とか4路線の私鉄特急を廻りました。西武線の小江戸は以前は毎晩帰宅に使っていたので特に感慨もありませんでしたが、他の3路線は初めて乗ったため楽しかったですね。3歳になったばかりの息子は大の電車好きですが、まだスタンプラリーの意義までは分からないようで、疲れてしまったようでしたが、それでも4つの特急に乗れてご満悦のようだったので一安心。普段あまりおもちゃは買わない主義なのですが、この2日間だけはトレーンのNゲージをそれぞれ買いました!ただスカイライナーSだけはまだ発売されていないようで、どこにも無かったのですが。

≪ 私鉄特急スタンプラリー2010 ≫の続きを読む

Wed

04

Aug

2010

アンデスの奇蹟

100804_MiracleAndes01.jpg

日本に帰国した時に「生きてこそ」という映画化版のDVDを購入していたのですが、映画を観る前にこの本の方を先に読み終えました。実際にアンデスで起きた飛行機事故の生存者の一人であるナンド・バラードの回顧録として書かれていますが、ノンフィクションでありながら並の小説以上の迫力と文章力で、最後まで一気に読み終えました。そもそもこの本に興味を持ったきっかけは、海外赴任で以前とは考えられない頻度で飛行機に乗るようになったため、何気なく飛行機事故の記事をネットで探していたときに偶然、目に止まった事故の一つでした。

≪ アンデスの奇蹟 ≫の続きを読む