年別アーカイブ: 2005年

Fri

18

Feb

2005

隈研吾の建築作品

050218_01.jpg

たまたま読んでいた経済紙の記事に、「隈研吾」という建築家の話題が載っていました。最近の作品で有名なのはシャープのCMで使われていた左の写真の「竹の家」だそうですが、バブルの頃にはこの同じ建築家が右の写真の「M2」という作品も作っていたのです。

自分も学生時代は建築をかじった人間ですが、建物のデザイン的な良し悪しとなると普通の方と同じで機能性と景観と居住性という判断基準しか持ち合わせていません。大学の時の意匠系の先生の話や考え方がとうとう最後まで理解できずに就職は機械系である設備を選択しましたが(ようは意匠の才能が無かったということでしょうが)、学生時代に少しだけ勉強したガウディやライトなどは、自然とその哲学も理解できますし建物も見ただけで好きになれました。

≪ 隈研吾の建築作品 ≫の続きを読む

Mon

07

Feb

2005

050207_01.jpg

昨年も記事になっていまして、最初の印象はネーミングが今一怪しいなと思いつつも、原理や理屈がしっかりしていて、もう少し安くてデザインが良ければ絶対に欲しいと思いつつ、今日まですっかり忘れていた品でした。今日の設備フォーラムのメルマガで記事となっていたものです。

これを観たかみさんは「格好悪い?」と相手にもしてませんでしたが、その本人も夏は日焼けを嫌って長袖を重宝している一人。今は作業服タイプしかないようですが、うちわ代わりということなら、もっとボタンぐらいの大きさのファンとボタン電池位の駆動力にして、スーツやTシャツに組み込めばデザインも気にならなくなるでしょう。夏の通勤ラッシュは空調スーツで、真夏の外出は空調Tシャツでという時代が想像できる?感じがします。「空調服」さんには是非、作業用途にこだわらずに小型化を目指して色んな服に付けられるアイテムを目指して欲しいです(着脱式とか色んなバリエーションなどもいいかもしれません)。昨年の猛暑をエアコン抜きで過ごした我が家ですが、エアコンの購入費を考えたら真面目に検討の余地ありかも!?デザイン性で却下されますね、やはり...

≪ 空調服に空調スーツ、空調Tシャツ...そして廃業!? ≫の続きを読む